かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

見せ方がうまいよね@長野県恵那市 明治亭 

 

長野県駒ケ根市にありますソースカツ丼の店「明治亭」に行ってきました。

長野旅行の締めは駒ヶ根名物のソースカツ丼です。

ソースカツ丼と言えば福井や会津などが思い浮かびますが、長野県駒ヶ根市もソースカツ丼が名物となっています。

中でもきらくと明治亭は二大有名店となっていて、きらくは発祥のお店として、明治亭はメディアに多く取り上げられることで有名であります。

今回はその二店のうちの一つ、「明治亭」に行く事にします。

明治亭は中央道の駒ヶ根ICを降りてすぐの幹線道路沿いにあるのでとても便利な立地となっています。

諏訪大社から高速で駒ヶ根入りし、お店に着いたのが19時過ぎ、4・50台くらい止められそうな大きな駐車場はほぼ満車の盛況ぶりです。

幸いにも空いているところが直ぐに見つかったので車を停めて、お店にスッと入ってウェイティングボードに名前を記入します。
IMG_2636_R.jpg


GWなので前には10組ほどの待ちがありますが、大箱のお店なのでそんなに待つ事はなさそうです。

予想通りそんなに待つ事無く席に着けました。

メニューには名物のソースカツ丼以外に、うどんや蕎麦、ハンバーグや唐揚げ、焼き魚や天ぷらなどの定食や、海無し県らしからぬ海鮮丼までメニューに載っているなど、ファミリーレストラン的な要素もあるお店になっています。

その中から今回は当然お目当ての「信州産ロースソースカツ丼」1340円をお願いしました。
IMG_2621_R.jpg


旅の写真を見直しながら待つ事15分、注文のロースソースカツ丼が着丼しましたって丼の蓋が閉まってませんやん!
IMG_2627_R.jpg


蓋を開けたらどうなっているの?って蓋を開けてみたら。。。一面カツだらけでスッゴイボリューミー♪

カツだらけ過ぎてほぼキャベツが見えてませんやん!
IMG_2628_R.jpg


どんだけボリュームがあるのって思って裏側を見てみると・・・・

立体的でこんもりした感じに見せるため千切りキャベツの上にカツを一つ置いて台にし、その上にカツをドーンと置くことによって立体的でこんもりとした蓋から溢れんばり感を出しているのが分かります。

閉まらない蓋や蓋を開けた時の見せ方などとても上手な演出ですね~。
IMG_2629_R.jpg


見せ方の上手さに感心しながら(^Q^)いただきまーす。

甘系のソースをくぐらせたカツは衣が分厚くザクザクした食感がたまらん良い歯ごたえですね。

甘くて酸味のバランスが絶妙なソースが((美^~^味))♪♪おいし~っすよ。

コレはご飯によく合うソースですねー。

というわけで、テーブルに置いてあるソースをキャベツの上にまわしかけて追いソースです。

このたっぷり掛かったソースにザクザクで脂身の少ないあっさりしたカツがめっちゃ合う〜〜。

そして((美^~^味))♪♪♪おいし~〜。

むさぼるように食べて、あっという間に完食です。
IMG_2630_R.jpg


味噌汁

つみれが入ったお味噌汁。

白味噌が多めの甘い信州味噌ですね。

甘い白味噌系のお味噌汁を食べるとなんかふるさとを思い出しますよね・・。

って私、実家も育ちも大阪ですからふるさとはないんですけどね。。。

まぁなんしかそれくらいホッとして((美^~^味))♪♪おいし~っていう事です。
IMG_2635_R.jpg
長野県の楽しい思い出と美味しい料理に大満足で大阪へと帰りました。

(^人^)ごちそうさまでした。


明治亭 駒ヶ根本店
0265-83-1115
長野県駒ヶ根市赤穂898-6

category: 長野県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: どんぶり・おにぎり・ご飯もの.  とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top

わかってるねぇ~♪@大阪市北区 伊々 

 

大阪市北区にあります居酒屋さん「伊々」に行ってきました。

私が気に入っているお店の一つにこちらの伊々があります。

基本的にどのメニューを食べてもとても美味しいのでハズレがないお店なのですが、唯一不満なところが一点あります。

それはお店行ってみないとランチメニューが分からないという事です。

伊々のランチは毎日ある定番の「肉なべ」以外に日替りのメニューが2種類あるのですが、以前に一度だけありついた和テイストな味わいがとても美味しかった「マーボ定食」がまた食べたいと思っているのです。

なので結構な頻度でランチ時に伊々の前を通るようにしているのですが、なかなかマーボ定食にありつく事が出来ないんですよねぇ・・・。

この日はマーボ定食だったら良いのになぁと思いながら伊々に向かうもやっぱり空振り・・・。

なかなかマーボにありつけないなぁ・・・と思いながらも店前のメニューを見ると、「カツとじ」780円というメニューが目に入りました。

あれ?カツとじって今まであったっけ?ひょっとして私には初お目見えのメニューじゃないの?

そう思った瞬間にお店の扉を開けてお兄さんに「カツとじ」と注文していました。

この日は1階が満席でしたので、2階に行きます。

1階はおっちゃんの凄まじい無駄のない調理風景が目の前で見れる特典がありますが、2階は絶品のお漬物がテーブルにドドンと器に盛られているので絶品漬物がガンガン食べられる特典があります。

というわけでさっそくお座敷に着席と同時に器からお漬物小鉢に移し七味唐辛子をパパッと振って(^Q^)いただきまーす。

相変わらずポリポリとした歯応えが良くて((美^~^味))♪♪おいし~ねぇ。

しっかりと漬かっているのでツンとした酸味があるのですが、浅漬けのようなしっかりした歯応えがなかなか他では味わえない感じで待っている間にぽりぽりぽりぽり食べちゃいます。
20180428 (341)_R


漬物うま~いと、かっぱえびせんのようにやめられない止まらない状態に陥っていたらカツとじが出てきました。

カツとじの定義って私の中ではとんかつを卵でとじたもので鉄鍋や平皿に乗せて提供するもので、ご飯とセパレートになっているのがカツとじっていうイメージなんですが、以前他のお店でカツとじを注文したらいわゆるカツ丼の状態で出てきた事があって、「これはカツ丼もしくはカツとじ丼であってカツとじではない!」と思って少し気を害した事があるんですね。

カツ丼もカツとじも同じとんかつを卵でとじているんだから一緒でしょ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、私の中ではカツ丼だとご飯が汁を吸ってズクズクになっちゃうのが嫌なんですよねぇ・・。

だからセパレートになっているカツとじのほうが断然好きなんですよねぇ⤴。

そんな変なこだわりを持っているおっさんの目の前に理想的なセパレートのカツとじが出てきたんだからテンションが上がらない訳がありません!
20180428 (342)_R


ニンマリと微笑みながらさっそく(^Q^)いただきまーす。

玉ねぎがめちゃくちゃたっぷり使われている、玉ねぎの甘味が広がる甘味重視のベースになっていますね。

卵のとじかたは半熟状態でとろーんとしていて私の一番好きな状態で((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

これまで食べたカツとじの中ではトップクラスの美味しさですねですね。

カツもたっぷり入っているしこのカツとじとっても気に入りましたぁ。
20180428 (343)_R
さすが私お気に入りのお店だけありますね。

伊々のおっちゃんわかってるねぇ~♪。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の伊々
その1 豚バラ丼
その2 肉なべ
その3 豚バラ丼
その4 豚の焼きしゃぶおろしポンズ
その5 ハンバーグ定食
その6 肉なべ
その7 マーボ定食
その8 ハンバーグ定食
その9 肉なべ
その10 焼きそば定食
その11 豚バラ丼


伊々
06-6362-1123
大阪府大阪市北区西天満2-9-21

category: 大阪市西天満・老松エリア

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top

名店の味を気軽に@大阪市天王寺区 プチグリルマルヨシ 

 

大阪市天王寺区にあります洋食屋さん「プチグリルマルヨシ」に行ってきました。

奥さんと天王寺にお出かけです。

天王寺はなんばや梅田に比べると買い物するところがコンパクトにまとまっているのであちこち歩きまわらないでいいのですが、それでも奥さんは私の想像を超えるお店のはしごをするのでやっぱり疲れますね。

あれこれと歩き回って疲れたので奥さんにお願いしてやっとお昼を食べる事にしました。

このブログの読書さんであればご存知だと思いますが、奥さんは無類の洋食好き。

なので突然のお出かけやリクエストに直ぐ応えられるように、奥さん好みのいろんな洋食のお店は事前に調べているので今回は天王寺駅上のMIOの中にあるマルヨシに行くことにします。

マルヨシといえば、キューズモールにある本店がミシュランガイドに紹介される有名店です。

その名店の味が気軽に楽しめるお店が天王寺駅ビルの天王寺ミオの中にあるという事です。

日曜の昼下がりと言う事でお店は混雑していますが、カウンター席であれば空いていますと言う事でカウンター席へ・・・。

席に座ってさっそくメニューを拝見します。

メニューには洋食屋定番のカレーやミックスフライ、コロッケ、エビフライなどのメニューがある中、マルヨシの名物であるロールキャベツがメニューに載っています。

折角マルヨシに来たから名物のロールキャベツをいただこうかな?と思っていたら、店内のポップにとんてんき定食がオープン4周年のキャンペーンを実施していて、通常1280円のところ1080円で食べられると言う事でしたので、お得な「茶美豚のとんてき定食」1080円と「セットドリンク」200円をお願いしました。
20180428 (131)_R


注文が通ると直ぐにセットのスープが出てきます。

この日のスープは貝の味噌汁です。

お腹が空いていたのでさっそく貝の味噌汁を(^Q^)いただきまーす。

貝の身は入っていませんが、スープに貝のエキスがたっぷり出ていて((美^~^味))♪♪おいし~

しじみとかアサリの優しい貝の風味がイイですねえ。

スープとご飯はおかわりが出来るので、とんてきが出てくる前にスープのおかわりをしちゃいました。
20180428 (125)_R


おかわりスープをしみじみ美味しいなと感じながら堪能していたらメインのとんてきが出てきました。

一般的なトンテキに比べると厚みは少し薄めとなっているので130g前後くらいの量だと思います。
20180428 (126)_R


さっそくナイフとフォークでお肉を切り分けて(^Q^)いただきまーす。

トンテキと言えば三重県四日市市の名物で濃厚で甘味の強いタレで食べる肉料理となっていますが、こちらのトンテキは濃厚さはあるけど甘味が少し抑えてあるので豚肉の旨味がしっかり感じられて((美^~^味))♪♪おいし~ですね。

甘味の強いトンテキもちゃんと好きですが、ここのお店くらいの甘さの方がお肉の味がよくわかるので、よりこちらの味の方が私は好みです。

贅沢を言えば300gくらいの厚みのあるお肉でこのタレで食べたいと思いますがね。

余談ですが、付け合わせのスパゲティがトマトの酸味がツンと効いていてとても((美^~^味))♪おいし~かったです。

付け合わせにも手を抜かないあたりはさすがミシュラン掲載店の系列だけありますね。
20180428 (129)_R


最後はアイスコーヒーで一息。
20180428 (128)_R
気軽に名物の味をお得に楽しめたし、店員さんの接客も心地良かったので奥さんも私も上機嫌でお店を後にしました。

(^人^)ごちそうさまでした。


プチグリルマルヨシ 天王寺MIOプラザ店
06-6773-2168
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48 天王寺ミオ プラザ館4F

category: 新世界・天王寺・阿倍野

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top

クセになってきたかも・・・です@大阪市北区 びっくり焼亭 

 

大阪市北区にあります居酒屋さん「びっくり焼亭」に行ってきました。

この日は朝からお肉を食べたい気分でした。

お昼前になって、いつも一緒にランチに行く相方が私に「お昼何にします?」と聞いてきたので、「お肉が食べたい気分やねん」と言うと、「僕もお肉の気分なんです」との事でしたので、最近ちょいちょいお邪魔している、びっくり焼亭に満場一致で行く事にしました。
20180304 (96)


いつものように券売機で「びっくり焼き定食1.5人前(ニンニク抜き)」1100円を購入して席に座り、器の底に溜まるラードを傾けて1か所に集めるためのびっくり棒とガツンと辛いびっくりからしを慣れた感じでスタンバイします。
20180304 (100)


10分ほど待ったところで濛々と煙を上げるびっくり焼きが出てきました。

1.5人前ですからスゴイ量でしょ~。
20180304 (102)


さっそくびっくりからしをドドーンと乗っけて(^Q^)いただきまーす。
20180304 (104)


いやーー。

相変わらずラードのパンチとキャベツの甘味の混ざり合った濃いコクな味が((美^~^味))♪♪おいし~

加えてこのびっくりからしの辛さがまたイイ!!

柚子胡椒に似た尖がった辛さが歯応えのある豚肉によく合っていますね~。

ごはんも進むし、この辛さと濃いコクの味わいが、なんかクセになってきたかも・・・です。
20180304 (108)
1.5人前なのでかなりの量があるのですが、難なくペロリと完食です。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去のびっくり焼亭
その1 びっくり焼き定食
その2 びっくり焼き定食1.5人前


びっくり焼亭 梅田本店
050-5594-0442
大阪府大阪市北区曽根崎1-2-24

category: 大阪市西天満・老松エリア

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top

店名どおりの味ですわ@神奈川県厚木市 なまらうまいっしょ 

 

神奈川県厚木市にあります豚丼のお店「なまらうまいっしょ」に行ってきました。

1つ前の記事でご紹介した麺や食堂で美味しいラーメンを堪能したので、納得いってゆるキャラのイベントをしている海老名市に電車に乗って戻ると思いきや、実はもう一店行きたいお店があるんです。

それは、本厚木駅から麺や食堂に歩いて向かっている道中に見つけたお店で、そのお店から放たれる「美味しいお店オーラ」がガンガンに出ているのを感知したのです。

そのお店は豚丼のお店で、そのオーラを感じた瞬間にこのお店は絶対旨い筈やと感じました。

そこで麺や食堂に行く道中に食べログサーチしてみると、やっぱり高得点を叩き出しているお店である事が判明しました。

その瞬間、もう一軒行く事が決定〜。

麺や食堂でラーメンを食べたその足で「なまらうまいっしょ」に向かいました。

さっき麺や食堂に行く時も感じましたが、改めて目の前でお店をちゃんと見たら、やっぱり美味しいお店のオーラが出まくっていますね。
20180129 (1191)_R


店前にはメニュー表が掲示されていますが、風が強く吹いていて寒いのでさっさと入店します。

入店と同時に炭火の香ばしい香りが鼻を抜けていきます。

良い匂いと思いながら、カウンター席の焼き台がよく見える席に座ります。

メニューは基本的に豚バラ丼か豚ロース丼の2種類をどう食べるかというラインナップになっています。

売れ筋はお得な価格の豚バラ丼だと思いますが、店内に充満するこの香ばしい香りには脂身の少ないロースのほうが合うんじゃないかと思ったので、「特上国産本ロース豚丼(並)」880円の単品をお願いしました。
20180129 (1183)_R


注文が通るとカウンター内の調理人が炭火の焼き台にロース肉を置いて焼き始めました。

目の前でロース肉に火が通っていく光景をガン見していましたが、火加減はかなりの強火ですね。

強力な火力で一気に焼くので脂に火が付きやすくファイヤー状態になるのため熱がこちらまで伝わります。

焼いている時間はせいぜい1分半程度です。

焼けたお肉を素早くカットし、ササっと丼に盛って完成です。
20180129 (1185)_R


注文から3分ほどで丼が出てきました。

出て来ていきなり香ばしいですね。

丼一面に肉が敷き詰められている光景は肉好きには神々しく思えます。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

うわっ!(◎_◎;)

びっくりするほど香ばしい!

これまでも幾度となく炭火で焼かれたお肉を食べて来ましたが、これほどまで香ばしさの広がりは経験したことが無いくらい香ばしいです。

しかもこの香ばしさは焦げっている香ばしさではなく、香味が広がる上質な香ばしさなのでしばらく口に含んだままずっと噛み締めていたいと思うくらい((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。

この上質な香ばしさをとことん堪能するのは脂の多いバラよりロースの方がお肉の味があっさりしているので、ロースの方が合っていると思います。
20180129 (1186)_R


お店では山椒味噌、にんにく醤油漬け、七味、山椒、白ごま、わさび、マヨネーズなどの味変調味料が置いてあるので後半は味変してみることにします。

店長のおすすめとしては山椒味噌との事なので山椒味噌をロース肉に付けて食べてみると!

うん!山椒味噌のピリっとした辛さがお肉の甘味を引き出してくれるのでお肉の味が一段アップした感じがします。

しかしその反面、私が気に入っている香ばしさの波状攻撃が薄らぐので、私的には何も付けないのが良いと思いました。

ラーメンを食べた直後でしたが、めちゃくちゃ美味かったのでペロリと胃袋に収まりました。
20180129 (1190)_R
お店の名前通り「なまらうまい(とても美味しい)」豚丼でした。

(^人^)ごちそうさまでした。


なまらうまいっしょ 本厚木店
046-226-5705
神奈川県厚木市泉町4-1

category: 神奈川県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: どんぶり・おにぎり・ご飯もの.  とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top