かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

黄ぃカレーの魅力・・@埼玉県深谷市 伊勢屋食堂 

 

埼玉県深谷市にあります食堂「伊勢屋食堂」に行ってきました。

かおまるっち夫婦は無類のゆるキャラ好きです。

中でも埼玉県深谷市のキャラクター「ふっかちゃん」は一番好きなゆるキャラさんなので、ふっかちゃんの地元、深谷ビッグタートルで行われたふっかちゃんの誕生日会に参加するために大阪からやって来て、ふっかちゃんとたくさんふれあいたっぷり癒されました。

イベントも終わったのでゆっくりと大阪に帰ることとなりますが、せっかく深谷に来たのだから深谷で何か美味しいものを食べて帰らないともったいないというものです。

というわけで事前に調べていた老舗の食堂に伺いました。

なぜ今回このお店を選んだかというと、webのレビュー写真に載っていた、昔よく食べたカレー粉ベースのルーを片栗粉でとろみを付けた感じの黄色いカレー(私は黄ぃカレーと呼んでいた)をみたからです。

今は本格的なインドカレーやスパイスの風味がガンガン香るスパイスカレーが全盛の時代なのでなかなかこの手の黄ぃカレーを見ることは無くなりました。

そりゃ旨さで言うたら絶対インドカレーやスパイスカレーの方が旨いに決まっていますが、昔食べたあの懐かしい黄ぃカレーの写真を見たら食べたくなるじゃないですか!

なのでやって来たという次第です。

しかもここの黄ぃカレーはカレーライスとしてだけではなく、カレーラーメンとしても楽しめるという事になっているからこれは是非とも「カレーラーメン」を食べなければとなります。
20170701 (495)


お店の北に20mほど行った月極駐車場には1台分の駐車場が確保されているのでそちらに車を停めてお店に向かいます。

店頭のショーケースにはちゃんとカレーラーメンがラインナップされていますね。

っていうかこの古ぼけた感じのショーケース、なんかいい味出してますね~。
20170701 (493)


期待に胸を躍らせながら入店します。

昭和の香りが色濃い店内、長年この地で頑張って営業してきたのが分かりますね。

他のお客さんはいらっしゃらないのでお店の様子が一番よく見渡せる隅のテーブル席に座らせていただきます。

注文するメニューは決まっているので、入店と同時に女将さんに「カレーラーメン」650円を注文いたします。
20170701 (496)


注文を待っている間は店内ウォッチングとまいります。

店の作りはさきほど申した通り、時間か昭和で止まっているかのようなノスタルジックさが漂っています。

なにか面白いものはないかとキョロキョロしていると、厨房の入り口に「伊勢屋親交会員」なる板が掲げてあるというのに気づきました。

親交会員ということは他の地にも伊勢屋食堂があるんでしょうか?

よくはわかりませんが、お店のレトロな感じや、のれん分けっぽい姉妹店がある感じは、大阪で言うところの力餅食堂とおんなじような感じを受けますね。
20170701 (499)


そんな事を考えていたらカレーラーメンが出て来ました。

鶏ガラ醤油ラーメンの上に乗っかった黄ぃカレーがいい味出してますね。
20170701 (500)


では、(^Q^)いただきまーす。

まずはカレーを一口・・・・

うん。

やっぱり思っていた通り、辛さが全くないカレー粉ベースの懐かしい味わいのカレーです。

「ガラムマサラとかカルダモンとかターメリックとかそんなもんは知らん!」、「カレーと言うたらカレー粉や!」と訴えているかのようにも思える王道の黄ぃカレーです。
20170701 (502)



先ほども言った通り、そりゃインドカレーやスパイスカレーの方が断然いい味してるのは分かってます。

が、しかし、ともあれこういった長年地元で愛されているお店は、料理自体の旨さ以外のところから感じる旨さというか情緒というか、郷愁っぽいものが旨さを増幅させるところがあるんだと思うんですよね。

なかなか上手に表現できないのでもどかしいな・・・・

う~ん・・昔食べた懐かしい黄ぃカレーの魅力とか美味しさを語るのってなんかスゴイ難しいですよね〜。

ストレートに文章で表現してしまうと美味しくないんじゃないの?と思われるよう文章となり美味しさが伝わり辛いんですよね。

でもホントに((美^~^味))♪おいし~いんですよ。
20170701 (503)
グルメブロガーとして味の表現が出来きれていないのはアカンと思うので反省しないといけないなぁと思いお店をあとにしました。

(^人^)ごちそうさまでした。


伊勢屋食堂
048-571-0639
埼玉県深谷市西島4-3-1

category: 埼玉県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: ラーメン.  カレー. 
tb: 0   cm: 0

△top

カレー好きの友人のおすすめ②@大阪市中央区 楽山 

 

大阪市中央区にありますラーメン屋さん「楽山」に行ってきました。

昨日記事に引き続き、カレー好きの友人のおすすめのお店ネタです。

前回の記事に書かせてもらった上海楼でパイコーメンを食べた後事務所に戻り、事務所のオープンに向けて作業をしていましたが、事務機器の搬入など、力仕事をたくさんしたので早くもへばってしまいました。

すると友人が力仕事をしたので小腹がすいてきたし、休憩がてらにラーメンを食べに行こうか、という事で2時過ぎにお昼ご飯第2弾に行きました。

前回の記事でもご紹介した通り、友人はバカがつくほどのカレー好きですなんですが、辛いのが苦手なカレー好きというちょっと変わったカレー好きとなっています。

なので、今回のお店もカレー絡みのお店となります。

お店は奴の事務所から5分ほど歩いたところにあるラーメン屋さんです。

お店の外には「カレーラーメン」「カレーつけ麺」とデカデカと看板が出ているので遠目から奴が行きたいお店はあそこやな、と分かります。

案の定友人は思っていたお店に、まいど!って感じて入店し、「カレーラーメン」650円を注文しました。

こちらのお店は麺類を注文すると、おにぎりが付いてくるのでかなりお得ですね。

テーブルにはカレーが服に跳ねてもいいように紙エプロンが用意されているので、紙エプロンをつけてスタンバイしていると、友人が「俺は食べ方がキレイから跳ねる事がないので付けへん」と言って紙エプロンを付けるのを拒否。

他の友人と「あっそ」って感じで奴のいう事を流していたら注文が出てきました。

私が想像していたカレーラーメンよりサラッとした感じのカレーラーメンですね。

真ん中には半熟玉子が乗っていますが、これを割ってしまうと玉子味になってしまうのでしばらくは割らずに置いたままで(^Q^)いただきまーす。

マイルド系のカレーなので、辛味はほとんどなくフワッとスパイスが効いている感じです。

ライト系のカレー味なので、後味に魚介の風味がじわじわとこみ上げてきて(≧ω≦*)おいしーです。

麺がかなりの細麺なので、サラッと食べられますね。
20160402 (9)


カレー好きの友人にはこのくらいの辛さがちょうど美味しいようですが、私にはちょっと辛さが物足らないので、テーブルに置いてある辛味スパイスを大量に振りかけていただくと、辛味とスパイシーさが増して(≧ω≦*)おいしーくなりました。

やっぱカレー味は辛くてナンボですね。
20160402 (11)


麺を食べ終わったら、付いてきたおにぎりを残ったスープに入れて半熟玉子を割っていただくと・・・・

カレーリゾットっぽい味で(〃)´艸`)うま~い♪
20160402 (12)
事務所への帰りの道中に食べ方がキレイから跳ねる事がないと豪語していた友人の首元を見てみると、襟にカレースープのシミが付いていました。。。。。

こんなどんくさい奴に社長業が務まるのでしょうかねぇ・・

ごちそうさまでした(*・^人^・*)


楽山
06-6226-1417
大阪府大阪市中央区平野町4-6-2 大阪屋新横堀ビル1F

楽山ラーメン / 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅

category: 淀屋橋・本町・船場

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  カレー. 
tb: 0   cm: 0

△top

爽快な辛さのカレーラーメン@大阪市北区 旬彩堂 

 

大阪市北区、北新地にありますラーメン屋さん「旬彩堂」に行ってきました。

この日はいつもランチに一緒に行く相方さんがお休みなので一人でランチです。
実は私には、一人でランチに行く時に行きたいお店リストというものが存在します。

なぜそんな物があるかというと、昼休みの時間が限られているしがないサラリーマンなのですが、美味しい物をいろいろ食べ歩きたいという欲望がある、しかし、短い昼休み時間の間に会社に帰ることが出来ないかもしれない少し離れたお店は、昼の仕事に遅刻しちゃうの恐れがあるのでなかなか訪問できていません。

でも、私は早食いなので、とりあえず私一人であれば少し離れていてもいけるかもしれないので、一人でランチに行くときにチャレンジしてみようと思ってるお店がリストとしてメモに書いてあります。

そんなリストに書かれているお店のひとつが今回訪問した「旬彩堂」です。
行きたいお店リストに旬彩堂が加わった切欠は、夕方のテレビの「街かどトレジャー」のコーナーでますだおかだの増田さんがめっちゃ美味しそうに食べていたからです。

テレビでは増田さんが店員のお姉さんが可愛いと連呼していたので、生のお姉さんを見たかったと言うのも理由の一つです。

お店は、暗い通路の一番奥にあるのでめちゃくちゃ分かりにくく、初めて行くときは注意が必要です。
なんとかお店を発見して扉を開けるとテレビの影響もあり満席です。

席が空くのを待っていたら、会社に帰れないかもしれないので諦めようとしたら、お姉さんが「直ぐに空きますのでお待ちください」と、声を掛けてくれました。

可愛いお姉さんにそう言われたら帰るわけにはいかないので待つ事にしました・・。
すると、ものの1分もしない内に席が空き無事着席。

注文は「ビーフカレーラーメン」800円に辛さが増す「辛味ペースト」50円をお願いしました。
時計を気にしながら注文が出てくるのを待っていると意外にも待つ事なく3分ほどで注文が出てきました。

この時間なら急いで食べなくても会社に帰ることが出来るのでホッとしました。

辛味ペーストを混ぜていただきます。
辛味ペーストを入れても辛さはそんなにありませんが、ピリッとスッキリとした辛さが爽快なカレーラーメンです。

麺は縮れ麺でカレースープとよく絡むので相性が良くて旨いです。
コリッとした歯応えのある脂身の少ないお肉がたくさん入っているので、スープにコクが出ています。

鼻から抜けるカレースープの余韻がとにかく爽快で後味がめっちゃ旨いです。
20150322 (277)

希望すればごはんが無料で付いてくるので・・・
20150322 (279)

残ったスープにご飯をダイブさせて食べると・・

「クーーーッ!」旨い。
このスープ、ご飯にめっちゃくちゃ合う!
20150322 (280)
帰り際レジでお支払いするときにお姉さんに美味しかったですと伝えると、なぜか謝られました。
なんで謝るの?と思ったら、本来はネギを乗せないといけないところ間違えて刻み海苔を乗せてしまったそうです。

「間違えに気づいてなかったし、お姉さんが可愛いから全然大丈夫!」といいたいところでしたが恥ずかしかったので「大丈夫です~」とだけ伝えて店を出ました。

午後の仕事にも間に合う事が分かったので、またネギが乗っている正規のラーメンを食べにいきたいと思います。

ごちそうさまでした。


旬彩堂
06-6344-8220
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-30 岩村ビル1F


旬彩堂ラーメン / 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

昼総合点★★★☆☆ 3.8

category: 大阪市北新地エリア

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: カレー.  ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top