かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

エンタメ要素たっぷり@奈良県奈良市 元喜神 

 

奈良県奈良市にありますラーメン屋さん「元喜神」に行ってきました。

奈良に仕事で来ています。

前の記事でも述べましたが、私は大阪に住んでいるので近鉄に乗ればすぐに来れるのに、奈良市には友達もいないので滅多に奈良市内に来ることはありません。

仕事でも奈良県の郊外地域には行くことがあっても奈良市内には滅多に来ることがないので大阪から近いところにある街なんですが、すごい遠方に来た気分になります。

そんな滅多に来ることのない奈良市に来たので、食べ歩き好きの私がそう簡単に帰る事はありません。

なので、先程さくらバーガーで美味しいハンバーガーを食べた後ですが、もう一軒奈良の美味しいお店に行きたいと思います。

その2軒目のお店は食べログでも高得点となっているラーメン屋さんです。

レビューを見ていると外国人観光客もたくさん来ていると書いてあるのでかなり有名なお店なんでしょうね。

場所は今いてるさくらバーガーから南へ300mほど歩いた商店街の中です。

お店に向かう道中の商店街を歩いていたらやたらと中国語が飛び交っているのに気付きます。

京都や大阪は今や外国人観光客だらけなのは知っていましたが、奈良も外国人観光客だらけなんやね、とか思いながらお店に到着。

店前には中国語、英語、韓国語の案内版が設置してあります。

やっぱり外国人観光客が多いんやねと思いながら店内へ・・。
20180129 (904)_R



人気のお店ですが、幸いにも席は空いておりスッと座る事が出来ました。

座った瞬間に気づいたのですが、小さなIHコンロが置いてあります。

それを見た瞬間はラーメン屋さんやけど鍋物メニューとかもあるんやろなぁ、程度に思っていました。

そんなことよりメニュー選びということでメニューを拝見。

鶏白湯が有名なお店なので一番人気は「鶏白湯つけめん」との事。

私自身、鶏白湯は好きな味の1つなので迷わず「鶏白湯つけめん」850円をお願いしました。

すると、店員さんが「つけめんの食べ方はご存知ですか?」と聞いて来ました。

「スープに麺を浸して食べるんじゃないの?」と心で思いましたが、なんかこのお店独特の食べ方があるんかなぁと思い「なんか食べ方があるんですか?」と聞くと、「一緒にご飯と卵が出てきますので麺を食べ終わったらそちらのヒーターでスープを温め、ご飯と卵を入れて雑炊にして下さい。」との事。

着席してすぐ目にしたIHコンロは鍋物に使うんじゃなくてつけめんの〆に使うんだぁと、このお店特有のつけめんのシステムに感心いたしました。

なにわともあれ、雑炊にするのは面白いアイデアですね。
20180129 (891)_R



ワクワクしながら待っていると、ふと周りのお客さん達の半数以上が外国人観光客である事に気づきました。

店員さん達は外国人観光客に対して英語などを使ってつけめんの食べ方を指南しています。

その光景を見て丁寧な接客をしてるなぁと感心していたらつけめんが出てきました。
20180129 (892)_R


出てきたつけめんは麺とスープ以外に、〆のご飯と生卵、さらには、魚粉が小皿に入っています。

これは、風味が飛ばないように魚粉は食べる直前に入れるようになっているんでしょうね。

こうした細かい気遣い、良いですね。
20180129 (895)_R


さっそく魚粉をサラサラっと投入して(^Q^)いただきまーす。

麺は全粒粉を使っているとの事なので小麦の香りが強いのかなと思いきや、そこまで強いというものではないですね。

そのかわりモチモチ感はしっかりとあり、歯ごたえがとても良いですね。

つけ麺にしては麺が細めなのでツルツルと喉を通って行きます。

スープはしっかりとした鶏の風味を感じさせながらもあっさりとした味わいになっています。

鶏白湯と言えば濃厚ドロドロスープというイメージがありますが、こちらのスープはあっさりサラサラスープとなっています。

しかし、あっさりといっても頼りない味というわけではなく、しっかりと鶏の風味を感じさせているのでちゃんと鶏白湯らしさは味わえます。

そこにほんのりと和テイストな後味が広がるのでかなりやんわりとした美味しさが感じられて((美^~^味))♪♪おいし~です。
20180129 (898)_R


麺を食べたらご飯と卵を使って雑炊にします。
20180129 (896)_R


テーブルに置いてあるIHコンロを使ってスープを温め直して沸騰したらご飯を投入。
20180129 (902)_R


ご飯がしっかりスープを吸ったところで溶き卵を流し入れ、サッと火が通った半熟状態で火を止めい(^Q^)いただきまーす。

和テイストな味がする鶏白湯なので鶏鍋を食べた後の〆の雑炊みたいな味がして美味しい。

卵が入ることによってマイルドさとコクが増すので主役のつけ麺より雑炊の方が((美^~^味))♪♪おいし~と思います。
20180129 (903)_R
自分好みの火の通し方が出来るし、一度に2つの味が楽しめるし、コンロを使って調理するエンタメ的な要素があって楽しいのも人気なところなんでしょうね。

(^人^)ごちそうさまでした。


元喜神 奈良店
0742-26-1611
奈良県奈良市東向南町26

category: 奈良県

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top

連食でもペロリ@大阪市東成区 光洋軒 

 

大阪市東成区にありますラーメン屋さん「光洋軒」に行ってきました。

前の記事でもご紹介しましたが、先程すぐお隣の中華そばの住吉で中華そばを一杯食べたばかりですが、こちらの光洋軒でもう一杯食べるのを考えていたので住吉では大玉にせず、普通の中華そばにしておきました。

というわけで朝とは言え、並サイズのラーメンを一杯食べただけでまだ胃袋には余裕があるので、調子に乗ってもう一軒。

住吉の何軒か西隣にある光洋軒へお邪魔しました。

こちらのお店も先ほどの住吉同様に朝からお店が開いているので朝ラーが出来るお店となっています。
20180129 (827)_R


こちらのお店の訪問時間は朝の9時すぎとなっています。

住吉に比べると幾分か広く席数も多くなっていますね。

光洋軒へは2年ほど前に一度来た以来です。

先ほど住吉で中華そばを食べたばかりですのでこちらのお店の注文も控え目に「中華そば」550円のみをお願いしました。
20180129 (830)_R


5分ほど待って中華そばが出てきました。

こちらの中華そばのほうが住吉より少しだけ麺が細いですが、それでも十分極太麺です。
20180129 (832)_R


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

食感は住吉のモチモチに対してこちらの麺はコシがあってしっかりとしています。

スープは住吉より少し色目は薄いですが、脂はこちらの方が多い感じです。

なので、しょう油味は住吉よりライトな味わいですが、油分が多いのでパンチはこちらの方があります。

簡単に言うと、しょう油味の濃くて麺がモチモチの住吉か、油分のパンチがあってコシがある光洋軒って感じの味ですね。

共通しているのはどちらもしょう油の旨味よく出ていて((美^~^味))♪おいし~んですよね。

唯一光洋軒が完全に上やなぁと思うのはシナチクです。

光洋軒のシナチクは甘みがあって後味もスッキリしていてとても((美^~^味))♪♪おいし~かったです。

20180129 (833)_R
いずれにせよ、こんな美味しいラーメン屋さんがほぼ隣り合っていて朝ラーができるなんて布施の人が羨ましいです。

住吉の中華そばを食べた後の連食でしたがスープまでしっかり完食でペロリでした。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の光洋軒
その1 中華そば


中華そば 光洋軒
06-6972-8833
大阪府大阪市東成区深江南3-20-14

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top

ワンコインでこのクオリティ@大阪市東成区 中華そば住吉 

 

大阪市東成区にありますラーメン屋さん「中華そば住吉」に行ってきました。

この日の仕事は布施です。

家から直行で布施に行くのですが、渋滞などを考慮して早めに家を出たら、到着がちょっと早すぎたようです。

仕事場には午前10時に行けばいいところを9時前に到着しちゃいました。

まぁ、遅れて到着するよりは早い方が全然いいのでそこはヨシとして、腹ごしらえといきます。

っていうか元々、少し早く現地入りして高井田系の中華そばで朝ラーをしようと思っていたんですけどね・・。

というわけで近所のコインパーキングに車を停めて高井田系中華そばの元祖のお店と言われているお店の一つである「中華そば住吉」にお邪魔しました。
20180129 (821)_R


こちらのお店には10年以上前に一度お邪魔させていただいて以来となります。

カウンター8席の小さなこちらのお店は朝8時30分より中華そばが食べられる朝ラーの出来るお店としても有名なお店となっています。

メニューは「中華そば」、「大玉中華そば」、「チャーシューメン」、「大玉チャーシューメン」、「ワンタン」、「ワンタンメン」とシンプルなラインナップです。

一番ベーシックな中華そばは一杯500円という安さになっています。

注文はワンコインで食べられる「中華そば」500円をおねがいたしました。
20180129 (825)_R


こちらの麺は極太のモチモチ麺なので結構な茹で時間が掛かります。

なので注文を受けてから中華そばぎ出て来るまで大体5分少しを要します。

店内に充満するしょう油の匂いを嗅ぎながらじっと待つこと6分ほどで中華そばが出てきました。

高井田系のラーメンって金久衛門の大阪ブラックに代表されるように、かなり色が濃いイメージがありますがこちらの中華そばはそこまで濃い色ではないですね。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

おうっ!

ほんとに麺がもちもちモチモチしていますね。

スープはしっかりと醤油です。

しかし濃い醤油味が特徴の高井田ラーメンの中ではそこまで濃い醤油というわけはないですね。

ドストレートな醤油味なので安定した美味しさがあり、後引く懐かしい味わいがあるので後半になると麺がどんどんスープの味を吸った麺が((美^~^味))♪おいし~です。
20180129 (826)_R
寒い朝に温かい中華そば、最高ですね。

(^人^)ごちそうさまでした。


中華そば 住吉
06-6981-5205
大阪府大阪市東成区深江南3-20-8

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top

確かに入りたくなるよね@大阪市北区 八番 

 

大阪市北区にあります中華料理屋さん「八番」に行ってきました。

この日は中崎町で仕事です。

しかもかなりゆるいというか一人でする簡単な仕事なのでとても気楽な気分で仕事をしています。

なのでけっこう自由な時間があるのでゆっくりと食事といきたいと思います。

中崎町での食事なんですが、私は仕事やプライベートでいろんな街に行く機会があるので、その街その街で美味しいものを食べられるように行きたいお店リストを持っています。

そのリストは友達や会社の人に美味しいと聞いたお店から、テレビで取り上げられていて行きたいと思ったお店など様々なお店が書いてあります。

そんな行きたいお店リストの中に以前、テレビ番組の「松本家の休日」で中崎町を街ブラしていた時に松本家のメンバーが入店したお店をリストに記載していました。

テレビでは、宮迫さんがこのお店の外観をみて「こうゆう外観のお店は絶対美味しいやつやん」とか言っていたと思います。

私も宮迫さん同様に、テレビで見たその中華屋さんが時が止まったような外観と内観で、とても印象深かったので行ってみたいと思いリストに記載したのを今でもはっきりと覚えています。

実際にお店に行ってみると、その外観は、私の期待を損なわないノスタルジーな外観になっています。

確かに宮迫さんの言う通り入りたくなるお店やなぁと思いながら、、、
20180129 (751)_R


店内に入ります・・。

店内は、すすけた感じというか時間が歴史を重ねた壁の感じがノスタルジックで私の心を鷲掴みにしてくれます。
20180129 (756)_R


無造作に置いてある黒電話とか感動ものです。

あ!ノスタルジックに浸っていてはいけませんね。

注文をせねば・・。

写真は撮ってはいないのですが、壁のメニューを見るとメニューも煤けていて哀愁を感じます。

それら哀愁を感じるメニューの中から、定番の「ラーメン」300円と「ギョーザ」200円をお願いしました。

って料理の価格も昭和で止まっていますね。

うーん♪安い!!
20180129 (757)_R


五分ちょと待って料理が出てきました。

すごく透き通ったスープが印象的ですね。
20180129 (760)_R


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

見た目通りラーメンかなり薄味ですが、ちゃんとコクはあります。

しかしちょっと味が薄すぎるので胡椒で味を整えたら普通に美味しくなりました。

ふわふわの軽い麺がなかなかイイですね。
20180129 (762)_R


ギョーザ

皮は薄目で餡は滑らかでペースト状になっています。

ニンニクの風味は抑えめで噛み締めていくとじわじわと旨味が出てくる優しい味わいのギョーザですね。

ラーメンの麺と同様にふわっとした軽いギョーザでおやつ感覚で食べられるギョーザですね。
20180129 (761)_R
お店は老夫婦がのんびりと営まれている穏やかな雰囲気のお店です。

ほっこりと安らぐノスタルジックな雰囲気をちょっとでも長く続けていってほしいと願います。

(^人^)ごちそうさまでした。


八番
06-6371-6725
大阪府大阪市北区中崎西1-6-36

category: 都島区・北区・福島区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  餃子・点心. 
tb: 0   cm: 0

△top

2018年の食べ初めは一力@堺市堺区 一力 

 

堺市堺区にありますラーメン屋さん「一力」に行ってきました。

ブログの記事が溜まっていていて時系列がかなりズレている話になるのですが、2018年新年のネタとなります。

去年も一昨年もそうでしたが、お正月を迎えおせちを食べて家でゆっくり過ごしているのですが、新年2日目ぐらいになるとどうしても麺が食べたくなっちゃうんですよね・・・。

というわけで去年に引き続き今年の初ラーメンは新年2日から営業している一力に伺いました。

伺ったのは13時過ぎ、新年はどこのお店も閉まっているため一力はウェイティングボードが出る盛況ぶりです。

前には4組ほど待っている状態なのでざっと見積もって15分以上は待たないと座れそうにありませんが、新年一発目のラーメンは美味しいラーメンを食べると決めたので待つ事にします。

後ろの椅子に座ってジッと待ちながらお店の様子を見ると店員さん達の頑張りがよく分かります。

何時もは余裕ある笑顔で接客するイケメン店長もこの日ばかりはちょっと余裕がなさそうですね。

でも焦っているわけではなく忙しいながらもキビギビこなす感じは流石ですね。

そんな事を考えていたら席が空いたので着席します。

待っている間に予め注文を決めていたので着席と同時に「ラーメン」700円と「ギョーザ」300円と「ビール」500円をお願いしました。
20180129 (691)_R


正月営業のこの日はセットメニューはお休みです。

まぁ、お正月にお店を開けてくれているだけで有難いのでセットメニューくらい休みでもいいよ、良いよ・・・。
20180129 (684)_R


とか思っていたら先にギョーザが焼き上がったので、一緒に出してとお願いしていたビールと共に出てきました。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

一力のギョーザは餡が滑らかでジューシーなギョーザになっています。

なので、噛むと汁がジュワーっと出てきます。

この汁がニンニクなどのパンチのある旨味がたっぷり染み出しいるので噛んだ瞬間から((美^~^味))♪♪おいし~
20180129 (685)_R


いやーーーッ!

ビールが進みますし、めっちゃ合う!!

ゴクゴク( ´~)◇yプハァー(*^Q^)ウィー
20180129 (687)_R


ギョーザを2個ほど食べたところでラーメンが出てきました。
20180129 (688)_R


では(^Q^)いただきまーす。

一口目からドカーンっと襲ってくる強烈なニンニク臭!

そんじょそこらのニンニクラーメンとは比べ物にならないくらいカットされたニンニクが入っているので、破壊力は半端ないです。

かと言って、ニンニクだけの風味ではなく、ベースのライトとんこつの味はちゃんと感じられるので((美^~^味))♪♪♪♪おいし~んです!

とにかく私はここのラーメンが好きだーーー!!
20180129 (689)_R
新年早々お気に入りラーメン屋で美味しいラーメンを食べられて、今年も美味しい物がたくさん食べられそうな気がします。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の一力
その1 ラーメン(大)
その2 ラーメン+ギョーザ
その3 ラーメン(大)
その4 ラーメン+ギョーザ+ビール
その5 ラーメン


一力
072-259-0001
大阪府堺市堺区向陵中町4丁1-1

category: 堺市堺区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  餃子・点心. 
tb: 0   cm: 0

△top