かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

大阪遺産に認定してほしい店@大阪市西成区 マル屋 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、西天下茶屋駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市西成区にあります喫茶店「マル屋」に行ってきました。

以前バラエティ番組で取り上げられていたのを見て、この界隈に行った時は必ず訪問しようと決めていたお店に満を持して訪問しました。

寂れた商店街の入口付近にあるそのお店は、昭和で時間が止まっているお店として紹介されていて、ありとあらゆるメニューがありえない値段で提供されているのです。

テレビではマスターの個性的なキャラクターをクローズアップされた感じになっていましたが、私としてはマスターのキャラクターも興味ありますが、ありえない値段のメニューが気になるところです。

店構えは歴史を感じる風格ある佇まいです。
20170401 (830)


店頭にはコーヒー160円という看板があり、その看板にはすだれ状にぶら下がっている数々のメニューが近づくと確認できます。

こんなに小さい字やったら全然見えへんから価格表示として役に立ってないやん!と突っ込みたくなる看板ですね・・・・
20170401 (827)


看板から目を横にやるとこれまた突っ込みたくなるポップが貼ってあります。

「創業八十2年」・・・

数字の2の書かれ具合から当初は八十年やったところに年が経つたびに八十1となり八十2と変えてきたのはなんとなく想像できますが、「漢数字と数字の組み合わせもおかしいけど、次の年になった時は数字の2を3に変化させるのが難しいやん!それやったら八十1を書く時に漢数字で八十一にした方が八十三までは違和感なく書き足せたやん!」と突っ込みたくなります。
20170401 (829)


そんな事を思いながらお店に入店・・・・

おーーー。

あらかじめテレビで見ていたのでなんとなく内観はわかっていましたが、実際に見るとかなりの歴史を感じますね〜。
20170401 (835)


壁に掛かってある絵画はタバコで煤けてどんな絵が書いてあるかよくわからないし、今では見る事が無くなったテレビデオがデジタル化された現在でも現役で映っています。

現実に目の当たりにするとあらためてすごいお店やなぁ〜。

ホンマに時間が止まってるわぁとただただ感心いたします。
20170401 (843)


席に座りメニューを手に取ろうすると、これまたびっくり!ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

いつから使い続けてるんやと聞きたくなるくらいポロポロのメニューが使い続けられています。

もうここまでくると尊敬レベルですね。

外観といい、店内といい、メニューといい・・・突っ込みどころが満載過ぎて素晴らしすぎます。

もうこれは大阪遺産に勝手に認定します( ´艸`)。
20170401 (845)


そんなレトロ過ぎる喫茶店のメニューはというと、コーヒー160円を筆頭に、紅茶160円、オレンジジュース100円、コーラ100円、うどん200円、サンドイッチ250円、カレーライス250円、焼き飯250円、チョコレートパフェ200円とどれもこれも爆安です。

そんな、鬼のように安いお店で私が選んだメニューは、うどんにご飯が付いた「うどん定食」300円と、「ホットケーキ」80円です。

それをマスターに伝えると「うどん定食はうどんご飯が付いているだけです。300円です。」「ホットケーキはおもちゃみたいに小さいです。80円です。」と我がとこのメニューを自分で少しけなす感じで解説してくれます。

しかも必ず値段をアナウンスしてくれるところがなんか笑えます( *´艸`)。
20170401 (831)


注文してから10分ほどでうどん定食が出て来ました。

ご飯の量が多いですね〜。

これで300円ってやっぱりすごいですね〜。
20170401 (836)



では、さっそく(^Q^)いただきまーす。

うどんは単品で200円ですが、200円という値段を考えると全然美味しくいただけるレベルの美味しさがちゃんとあります。

麺はスーパーで売っているうどんの味やし、ダシも粉末スープっぽい感じはしますがなんせ200円ですからね〜。

そう考えると十分((美^~^味))♪おいし~ですよ。
20170401 (839)


ホットケーキ

マスターがおもちゃみたいに小さいですよと言っていたので、赤ちゃんの手ほどのホットケーキが1枚だけかと思っていたら、中くらいのと小さいのの2枚組で出て来たのでちょっと驚きました。

バターやハチミツ、生クリームにチョコソースまでも付いていて80円は奇跡の値段だと思います。
20170401 (841)


味はというと、昨今のパンケーキブームとは真逆を行く、フワフワやエアリー、しっとりとやなめらかなどは全くない「ザ・昭和のホットケーキ」って味ですね。

なので、甘さも直球、そしてエアリーさが無くずっしりと重たい、何十年か前に食べた懐かしい味が広がります。

でも決して不味い訳ではなくただただ時代が止まっているだけなのです。
20170401 (842)
懐かしい味を味わいたい人や、味のあるマスターを見に来たい人は是非訪問して下さい。

色んな発見が出来ますよ。

(^人^)ごちそうさまでした。


コーヒーショップ マル屋
06-6661-9166
大阪府大阪市西成区千本北2-1-33

category: 浪速区・西成区・住之江区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その53@南海汐見橋線 西天下茶屋駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その53の今回は南海汐見橋線西天下茶屋駅です。

西天下茶屋と言えば、、、、、場所は知ってるけど馴染みが無くて住宅ばかり、、、といった印象です。

乗降客数は約300人となっています。

今回は西天下茶屋駅を中心に橘2・3丁目、千本北1・2丁目、潮路2丁目をぶらぶらしてみました。
20170401 (850)
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。

今回のぶらぶらルートはこちらです。


汐見橋線は超ローカル路線なので運行ダイヤも30分に1本という、都心にある路線とは思えないローカルさ加減です。

なにわ筋線構想も汐見橋線経由ではなく、南海本線経由で建設される事になったので汐見橋線が活気づく事はなさそうですね。
20170401 (852)


西天下茶屋駅は無人駅なのでなんかあった時用のインタホンは汐見橋駅に繋がるようになっています。

うーーん!ローカル。
20170401 (853)


駅の周りでウロウロしていたら30分に1本の電車ややってきました。

が、乗降客はゼロでした・・・・・。
20170401 (848)


橘周辺は道が細く、昭和建築の古い木造住宅が密集しています。

大阪の下町の典型のような街並みです。
20170401 (857)


西天下茶屋駅を西側には阪神高速堺線が通っています。

高速の下には太めの道路が平行して通っています。

道が太いので国道26号線や新なにわ筋のが渋滞している時の抜け道として使いたいところですが、信号の繋がりが悪くしょっちゅう信号に引っかかってしまいますのであまり使えない道なんですよねぇ・・。
20170401 (859)


そんな信号の繋がりが悪い道沿いにひっそりと佇むとある会社の本社・・

会社の名前は「共和」。

社名を聞いただけではあまりピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、実はみなさんも必ず使った事があるお馴染み商品のトップシェアを誇る会社なんですよ。

そのお馴染みの商品とは輪ゴムです。

「オーバンド」というブランド名を言えば「おー知ってる」と、お分かりいただけると思います。

我が家にもちゃんとオーバンドの箱がリビングに置いてありますよ。
20170401 (858)


西天下茶屋駅は乗降客が少ないローカルな駅の割に駅の周りには銀座商店街、西天下茶屋商店街、南本通商店街と3つもの商店街を有しています。
20170401 (860)


でも、駅に人が集まらなければ商店街もやっぱり・・・・人通りが寂しい状態ですね。
20170401 (862)


そんな商店街の一角に力餅食堂がありました。

街ブラをしていてちょいちょい見かけるこちらの「力餅食堂」、チェーン店やフランチャイズ店と思いきやそうではなくそれぞれが完全に独立した暖簾分け制度で展開されている食堂です。

それぞれの店舗で統一されているのは店名とロゴマークぐらいでメニューなどは自由という、個人店のようで連合店のようで、やっぱり個人店という謎多きお店です。

なので、店構えもそれぞれのお店でいろいろ違います。

そんないろんな土地で見かける力餅食堂をウォッチするのが楽しいので見かけたらブログで紹介するようにしています。

西天下茶屋の力餅食堂は他のテンポではあまり見かけなかった白いテントが印象的です。
20170401 (863)


座面が朽ちたベンチ

ほぼ座るのは不可能ですから修理するか捨てるがしましょうよ~。
20170401 (864)


銀座商店街の南側に広がる西天下茶屋商店街と、、、
20170401 (868)


南本通商店街

どちらの商店街もやっぱり・・・・
20170401 (869)


閑散としています。。。
20170401 (866)


過半数を超えるお店のシャッターが閉まっている状態なのでとても寂しいです。

こういったシャッター商店街をどうにかしないと街全体が傾いていく悪循環におちいるんですがねぇ・・・・難しい問題ですね。
20170401 (867)


確かにダウンタウンですが、ローマ字表記されると、、、、なんか・・・・・ねぇ。
20170401 (870)


たくさんの猫ちゃんが集会を開いていました。

この猫ちゃん達にはゆったりとした時間が流れているんでしょうね。
20170401 (874)


線路の上でも集会が開かれていました。

さすが30分に1本のローカル路線だけありますね。
20170401 (877)
西天下茶屋は人が少なくて静かな街でした。

明日は西天下茶屋駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: 南海汐見橋線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

好みに合わせて変えられます@大阪市平野区 神山 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、加美駅・新加美駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市平野区にありますラーメン屋さん「神山」に行ってきました。

スーパー万代の前にあるお店です。

この日は午後3時過ぎに伺いましたが、こちらのお店は通し営業をしているので3時過ぎでも開いています。

以前に堺東にある神山には行った事があるのですが、こちらのお店は初めての訪問です。

堺東のお店に行った時は、酔っ払った状態で行ったため、写真を撮り忘れたのでブログに載せれなかったので、今回はしっかりと写真を収めたいと思います。

3時過ぎの訪問という事もあって、さすがに店内は空いているため1人で伺いましたが、店員さんがテーブル席にどうぞと言っていただいたので遠慮なくテーブル席へ座ります。

店内を見回すと、壁のポップには「好みを申し付け下さい」と書いてあり、麺の固さ、味の濃さ、脂の量が選べるようです。

テーブルに置いてあるメニューには10種類以上のラーメンが紹介されていますが、堺東のお店で食べたラーメンが美味しかったので、当時堺東で食べたであろう、「濃厚とんこつ醤油ラーメン」680円の固め、味濃い、脂多めでお願いしました。
20170218 (342)_R


テレビを見ながら待っていたらラーメンが出てきました。

麺固めでお願いしただけあって早いですね。

ネギではなくほうれん草が乗っているのが珍しいですね。
20170218 (344)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

濃厚と謳っていますがそこまで濃厚ではなくすんなりと喉を通っていきます。

しかし、あっさりではなく、しっかりとしたとんこつの味はしています。

とんこつの味は特徴的で、クリーミーなコクがあるのです。

どこかクリームスープを飲んでいるかのようなクリーミーなコクがシコシコした中太の麺に合っていて((美^~^味))♪おいし~ですですね。

これに粉チーズをふりかけたらスープスパゲティになりそうなくらいクリーミーなコクあるスープですね。
20170218 (345)_R
どこか洋風な感じがするクリーミーなラーメンは女性受けしそうです。

(^人^)ごちそうさまでした。


神山 加美東店
06-6793-2002
大阪府大阪市平野区加美東4-15-5

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その52@JR関西本線 加美駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その52の今回はJR関西本線加美駅・おおさか東線新加美駅です。

加美・新加美と言えば、おおさか東線の全通に向けて注目度が上がっていくであろう期待の街といった印象です。

乗降客数は加美駅が約18000人、新加美駅が約3900人となっています。

今回は加美駅・新加美駅を中心に加美鞍作1・2丁目、加美南1丁目、加美東7・5・4丁目をぶらぶらしてみました。

まずはJR関西本線の加美駅、久しぶりに加美駅に来たら駅舎が綺麗になっていました。

以前はかなり歴史を感じるボロボロの駅舎だったと記憶していましたが、見違えるように綺麗になりましたね。
20170218 (350)_R
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。
今回のぶらぶらルートはこちらです。


加美駅のすぐ東側の踏切からみた久宝寺方面の風景

おおさか東線の高架部が北方向にカーブしながら勾配を駆け上がっていきます。
20170218 (349)_R


北方向に向きを変えるとすぐにおおさか東線の新加美駅があります。

加美駅と新加美駅は距離にして7・80mほどしか離れていませんが、乗換駅ではありません。

ちなみになんですが、おおさか東線の新加美駅~長瀬駅間は駅間が長い区間だったこともあり新駅の建設が望まれていました。

その要望に応える形でJRは新駅の建設を発表し、新加美駅と長瀬駅の丁度中間地点である東大阪市衣摺(きずり)5丁目に新駅建設に着工、2018年春に開業すると発表しています。

普通に考えると東大阪市衣摺に新駅が出来るのだから新駅の名前は、「衣摺駅」となるのが一般的な考えとなり、仮称の駅名でも「衣摺駅」となっているのですが、正式な駅名はまだ発表されていません。

新駅の駅名発表は開業の半年くらい前になるのが通例なので、2017年の秋ごろに発表されるとおもいますが、「衣摺駅」とはならないのでは?と個人的には考えています。

というのも、新駅の建設場所場所は7割方、東大阪市にかかる部分となりますが、一部、大阪市加美北5丁目の市境にまたがる場所に建設される事と、建設費を大阪市も一部負担する事もあって駅名を単純に「衣摺」としてしまっては大阪市側から物言いが入るのは確実だと思います。

なので東大阪側の地名である「衣摺」と大阪市側の地名である「加美北」を掛け合わせた「衣摺加美北駅」などが考えられますが、関西本線には「加美駅」、おおさか東線には「新加美駅」と、加美を使用する駅がすでに2駅存在しているのに、新駅にも加美を使うと利用客が混同する恐れがあるため、新駅の駅名に加美を使うのも考えにくいんじゃないの?と個人的には感じています。

じゃぁ、他に考えうる駅名は?となると・・・・・・・「平野衣摺駅」とか「南長瀬平野駅」などが思い浮かびますが、関西本線「平野駅」や地下鉄谷町線「平野駅」と混同するのでこれもないのかなぁ・・・

う~ん、、難しいなぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



なにか良い駅名はないかなぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








💡閃いた~。

大阪市側の地名である加美も平野も使いづらいので、いっその事「おおさか」とし、東大阪側の衣摺という地名は難読なので、衣摺をひらがなにして、「おおさかきずり駅」なんかはどうでしょうか???

かおまるっちの勝手予想ではこんな感じになりましたが、大阪市側も納得でき、利用客にも使いやすい新駅の駅名となるのか?新駅の駅名はは一体どうなるのでしょうかねぇ。

この秋に発表されるであろう駅名発表が楽しみです.。
20170218 (347)_R


加美駅のすぐ東側にある菅原神社
20170218 (352)_R


こじんまりした社殿でしたが、、、
20170218 (355)_R


龍の彫刻が立体的で、とても迫力があって見入ってしまいました。
20170218 (354)_R


加美駅で有名なものと言えばココ

がんこ平野郷屋敷です。

豪農辻元家の本宅として江戸時代初期に建設された約1100坪の敷地を、和食レストラン「がんこ」が平野郷屋敷として1990年からレストランとして利用されています。
20170218 (357)_R


レストランとしての利用はもちろんですが、
20170218 (360)_R


レストランを利用しない方でも自由に敷地に入る事ができます。

入り口横には「くらしの博物館」という展示もされていて、、、
20170218 (361)_R


磁器などの展示を見る事ができます。
20170218 (362)_R


1100坪の敷地には綺麗に整備された日本庭園もあり、
20170218 (376)_R


とてもリッチな気分を味わえる事が出来ます。
20170218 (377)_R


平野郷屋敷の道を挟んで向かいには重要文化財に指定されている「奥田家住宅」があります。
20170218 (378)_R


重要文化財に指定されているので当然のことながら中に入る事は出来ませんが、外観だけでも歴史を感じますね。

毎月第4日曜に公開しているようなので、一度行ってみたいなぁ。
20170218 (380)_R


加美~出戸~杉本町間の阪和貨物線跡

このあたりの貨物線跡は線路がまだ残っています。
20170218 (387)_R


過去の構想では加美~出戸~杉本町まで複線で線路を敷き、新大阪~杉本町間を結ぶ「大阪外環状線」とする計画でしたが、加美~出戸~杉本町間は採算が合わないとされて計画が白紙となりました。

南大阪に住む私としては是非、開通してほしかったのですが、、、残念ですぅ。
20170218 (381)_R


チョッカラ+スッカラ???

なんじゃこりゃ?営業してないから何屋さんか分からへんなぁ・・・

家に帰って調べてみたらチョッカラもスッカラも韓国語で、チョッカラはお箸、スッカラはスプーンの事でした。

お箸とスプーンのお店なんでしょうかねぇ。。。
20170218 (382)_R


おおさか東線、関西本線、府道5号線の3つの線が3重交差する地点

安全に難なく3重交差させてしまうのは当たり前ように見えますが、日本の技術の高さを感じる光景ですねぇ。
20170218 (390)_R


関西本線より北側の加美東エリアは碁盤の目に区画された新しい住宅街が広がるエリアになっています。

関西本線より南側は旧家や古い家がたくさんあるエリアなので、線路を挟んで街の風景がずいぶん違う印象を受けます。
20170218 (401)_R


グランドの壁に描かれている絵

地元の子が書いたんであろう絵ですが、ピカ〇ュウやトゲ〇ー、
20170218 (403)_R


ドラ〇もん、キテ〇ちゃんなど原作のキャラクターを上手に捉えながら自分の味をこんなに引き出した画力はなかなかだと思います。

いや~っ!いい味出てるねぇ。
20170218 (406)_R
加美・新加美は歴史のある文化財と、新しい駅と街が共存する古くて新しい街でした。

明日は加美駅・新加美駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: JR関西本線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

価値ある30円@大阪市平野区 元 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、喜連瓜破駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市平野区にありますうどん屋さん「元」に行ってきました。

地下鉄の出口のすぐ横にあるうどん屋さんです。

以前に一度お邪魔させていただいたお店です。

前回は車での訪問でしたが今日は電車です。

こちらのお店はド駅前にありながら駐車場が完備してあるし、店内がとても広々としているので郊外店のような雰囲気があります。

お隣との席の間隔も広くていいですね。

カウンター席に座りメニューを一読。

前回来た時はざるうどんを食べたので、今回は違ううどんを食べたいと思います。

普段は冷たいうどんが好きな私ですが、この日は寒風吹き荒ぶ寒い日でしたので温かいうどんにしたいと思います。

数あるメニューの中から温かいうどんで美味しそうなものを吟味する事3分ようやくメニューが決まりました。

そのメニューとは、「焼チーズカレーうどん」780円です。

なぜ普通のカレーうどんではなくあえて焼チーズなのかというと、普通のカレーうどんと値段が30円しか変わらないからです。

ここで大阪人のケチケチな所が出ましたが、一般的なチーズのトッピングって100円以上値段が付いているのがほとんどだと思います。

それがこの店ではたった30円アップするだけでチーズが付いてくるんだから原価割合としてはこちらの方が高い筈と思ったからです。

そんなケチケチな計算をして決めた「焼チーズカレーうどん」780円の大盛(無料)をお願いしました。
20170218 (301)_R


広々とした店内で待つ事3分、カレーうどんの登場です。

チーズにはしっかりと焼き色が付いていますね。
20170218 (303)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

麺はビヨンビヨン伸びる弾力のある麺です。

コシというよりはモチっとした食感の出汁の効いた大阪うどんに合う麺ですね。

水溶き片栗でしっかりとトロミがつけられたカレー出汁がうどんによく絡んで((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。

辛さは感じないカレー出汁ですが、出汁の風味がしっかり出ているので、物足りなさを感じる事はないですね。

とろけたチーズが絡んだうどんは、チーズのまろやかなコクが加わるので、一段上の旨さにステージが上がりますね。

中央部分のこげ色が付いたチーズ部分に差し掛かると味が一変し、焦げて風味を増したチーズの芳ばしいさがなんとも言えぬ旨さとなって口の中で旨さがほとばしります。

いや〜この焼きチーズカレーうどんは((美^~^味))♪♪♪♪おいし~ですね。
20170218 (304)_R
30円アップするだけでこんなに満足感を得られるなんて思いもしませんでした。


過去の元
その1 とり天ざるうどん


元 喜連瓜破店
06-6769-1080
大阪府大阪市平野区喜連2-7-21

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top