かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

好みに合わせて変えられます@大阪市平野区 神山 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、加美駅・新加美駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市平野区にありますラーメン屋さん「神山」に行ってきました。

スーパー万代の前にあるお店です。

この日は午後3時過ぎに伺いましたが、こちらのお店は通し営業をしているので3時過ぎでも開いています。

以前に堺東にある神山には行った事があるのですが、こちらのお店は初めての訪問です。

堺東のお店に行った時は、酔っ払った状態で行ったため、写真を撮り忘れたのでブログに載せれなかったので、今回はしっかりと写真を収めたいと思います。

3時過ぎの訪問という事もあって、さすがに店内は空いているため1人で伺いましたが、店員さんがテーブル席にどうぞと言っていただいたので遠慮なくテーブル席へ座ります。

店内を見回すと、壁のポップには「好みを申し付け下さい」と書いてあり、麺の固さ、味の濃さ、脂の量が選べるようです。

テーブルに置いてあるメニューには10種類以上のラーメンが紹介されていますが、堺東のお店で食べたラーメンが美味しかったので、当時堺東で食べたであろう、「濃厚とんこつ醤油ラーメン」680円の固め、味濃い、脂多めでお願いしました。
20170218 (342)_R


テレビを見ながら待っていたらラーメンが出てきました。

麺固めでお願いしただけあって早いですね。

ネギではなくほうれん草が乗っているのが珍しいですね。
20170218 (344)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

濃厚と謳っていますがそこまで濃厚ではなくすんなりと喉を通っていきます。

しかし、あっさりではなく、しっかりとしたとんこつの味はしています。

とんこつの味は特徴的で、クリーミーなコクがあるのです。

どこかクリームスープを飲んでいるかのようなクリーミーなコクがシコシコした中太の麺に合っていて((美^~^味))♪おいし~ですですね。

これに粉チーズをふりかけたらスープスパゲティになりそうなくらいクリーミーなコクあるスープですね。
20170218 (345)_R
どこか洋風な感じがするクリーミーなラーメンは女性受けしそうです。

(^人^)ごちそうさまでした。


神山 加美東店
06-6793-2002
大阪府大阪市平野区加美東4-15-5

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その52@JR関西本線 加美駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その52の今回はJR関西本線加美駅・おおさか東線新加美駅です。

加美・新加美と言えば、おおさか東線の全通に向けて注目度が上がっていくであろう期待の街といった印象です。

乗降客数は加美駅が約18000人、新加美駅が約3900人となっています。

今回は加美駅・新加美駅を中心に加美鞍作1・2丁目、加美南1丁目、加美東7・5・4丁目をぶらぶらしてみました。

まずはJR関西本線の加美駅、久しぶりに加美駅に来たら駅舎が綺麗になっていました。

以前はかなり歴史を感じるボロボロの駅舎だったと記憶していましたが、見違えるように綺麗になりましたね。
20170218 (350)_R
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。
今回のぶらぶらルートはこちらです。


加美駅のすぐ東側の踏切からみた久宝寺方面の風景

おおさか東線の高架部が北方向にカーブしながら勾配を駆け上がっていきます。
20170218 (349)_R


北方向に向きを変えるとすぐにおおさか東線の新加美駅があります。

加美駅と新加美駅は距離にして7・80mほどしか離れていませんが、乗換駅ではありません。

ちなみになんですが、おおさか東線の新加美駅~長瀬駅間は駅間が長い区間だったこともあり新駅の建設が望まれていました。

その要望に応える形でJRは新駅の建設を発表し、新加美駅と長瀬駅の丁度中間地点である東大阪市衣摺(きずり)5丁目に新駅建設に着工、2018年春に開業すると発表しています。

普通に考えると東大阪市衣摺に新駅が出来るのだから新駅の名前は、「衣摺駅」となるのが一般的な考えとなり、仮称の駅名でも「衣摺駅」となっているのですが、正式な駅名はまだ発表されていません。

新駅の駅名発表は開業の半年くらい前になるのが通例なので、2017年の秋ごろに発表されるとおもいますが、「衣摺駅」とはならないのでは?と個人的には考えています。

というのも、新駅の建設場所場所は7割方、東大阪市にかかる部分となりますが、一部、大阪市加美北5丁目の市境にまたがる場所に建設される事と、建設費を大阪市も一部負担する事もあって駅名を単純に「衣摺」としてしまっては大阪市側から物言いが入るのは確実だと思います。

なので東大阪側の地名である「衣摺」と大阪市側の地名である「加美北」を掛け合わせた「衣摺加美北駅」などが考えられますが、関西本線には「加美駅」、おおさか東線には「新加美駅」と、加美を使用する駅がすでに2駅存在しているのに、新駅にも加美を使うと利用客が混同する恐れがあるため、新駅の駅名に加美を使うのも考えにくいんじゃないの?と個人的には感じています。

じゃぁ、他に考えうる駅名は?となると・・・・・・・「平野衣摺駅」とか「南長瀬平野駅」などが思い浮かびますが、関西本線「平野駅」や地下鉄谷町線「平野駅」と混同するのでこれもないのかなぁ・・・

う~ん、、難しいなぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



なにか良い駅名はないかなぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








💡閃いた~。

大阪市側の地名である加美も平野も使いづらいので、いっその事「おおさか」とし、東大阪側の衣摺という地名は難読なので、衣摺をひらがなにして、「おおさかきずり駅」なんかはどうでしょうか???

かおまるっちの勝手予想ではこんな感じになりましたが、大阪市側も納得でき、利用客にも使いやすい新駅の駅名となるのか?新駅の駅名はは一体どうなるのでしょうかねぇ。

この秋に発表されるであろう駅名発表が楽しみです.。
20170218 (347)_R


加美駅のすぐ東側にある菅原神社
20170218 (352)_R


こじんまりした社殿でしたが、、、
20170218 (355)_R


龍の彫刻が立体的で、とても迫力があって見入ってしまいました。
20170218 (354)_R


加美駅で有名なものと言えばココ

がんこ平野郷屋敷です。

豪農辻元家の本宅として江戸時代初期に建設された約1100坪の敷地を、和食レストラン「がんこ」が平野郷屋敷として1990年からレストランとして利用されています。
20170218 (357)_R


レストランとしての利用はもちろんですが、
20170218 (360)_R


レストランを利用しない方でも自由に敷地に入る事ができます。

入り口横には「くらしの博物館」という展示もされていて、、、
20170218 (361)_R


磁器などの展示を見る事ができます。
20170218 (362)_R


1100坪の敷地には綺麗に整備された日本庭園もあり、
20170218 (376)_R


とてもリッチな気分を味わえる事が出来ます。
20170218 (377)_R


平野郷屋敷の道を挟んで向かいには重要文化財に指定されている「奥田家住宅」があります。
20170218 (378)_R


重要文化財に指定されているので当然のことながら中に入る事は出来ませんが、外観だけでも歴史を感じますね。

毎月第4日曜に公開しているようなので、一度行ってみたいなぁ。
20170218 (380)_R


加美~出戸~杉本町間の阪和貨物線跡

このあたりの貨物線跡は線路がまだ残っています。
20170218 (387)_R


過去の構想では加美~出戸~杉本町まで複線で線路を敷き、新大阪~杉本町間を結ぶ「大阪外環状線」とする計画でしたが、加美~出戸~杉本町間は採算が合わないとされて計画が白紙となりました。

南大阪に住む私としては是非、開通してほしかったのですが、、、残念ですぅ。
20170218 (381)_R


チョッカラ+スッカラ???

なんじゃこりゃ?営業してないから何屋さんか分からへんなぁ・・・

家に帰って調べてみたらチョッカラもスッカラも韓国語で、チョッカラはお箸、スッカラはスプーンの事でした。

お箸とスプーンのお店なんでしょうかねぇ。。。
20170218 (382)_R


おおさか東線、関西本線、府道5号線の3つの線が3重交差する地点

安全に難なく3重交差させてしまうのは当たり前ように見えますが、日本の技術の高さを感じる光景ですねぇ。
20170218 (390)_R


関西本線より北側の加美東エリアは碁盤の目に区画された新しい住宅街が広がるエリアになっています。

関西本線より南側は旧家や古い家がたくさんあるエリアなので、線路を挟んで街の風景がずいぶん違う印象を受けます。
20170218 (401)_R


グランドの壁に描かれている絵

地元の子が書いたんであろう絵ですが、ピカ〇ュウやトゲ〇ー、
20170218 (403)_R


ドラ〇もん、キテ〇ちゃんなど原作のキャラクターを上手に捉えながら自分の味をこんなに引き出した画力はなかなかだと思います。

いや~っ!いい味出てるねぇ。
20170218 (406)_R
加美・新加美は歴史のある文化財と、新しい駅と街が共存する古くて新しい街でした。

明日は加美駅・新加美駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: JR関西本線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

価値ある30円@大阪市平野区 元 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、喜連瓜破駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市平野区にありますうどん屋さん「元」に行ってきました。

地下鉄の出口のすぐ横にあるうどん屋さんです。

以前に一度お邪魔させていただいたお店です。

前回は車での訪問でしたが今日は電車です。

こちらのお店はド駅前にありながら駐車場が完備してあるし、店内がとても広々としているので郊外店のような雰囲気があります。

お隣との席の間隔も広くていいですね。

カウンター席に座りメニューを一読。

前回来た時はざるうどんを食べたので、今回は違ううどんを食べたいと思います。

普段は冷たいうどんが好きな私ですが、この日は寒風吹き荒ぶ寒い日でしたので温かいうどんにしたいと思います。

数あるメニューの中から温かいうどんで美味しそうなものを吟味する事3分ようやくメニューが決まりました。

そのメニューとは、「焼チーズカレーうどん」780円です。

なぜ普通のカレーうどんではなくあえて焼チーズなのかというと、普通のカレーうどんと値段が30円しか変わらないからです。

ここで大阪人のケチケチな所が出ましたが、一般的なチーズのトッピングって100円以上値段が付いているのがほとんどだと思います。

それがこの店ではたった30円アップするだけでチーズが付いてくるんだから原価割合としてはこちらの方が高い筈と思ったからです。

そんなケチケチな計算をして決めた「焼チーズカレーうどん」780円の大盛(無料)をお願いしました。
20170218 (301)_R


広々とした店内で待つ事3分、カレーうどんの登場です。

チーズにはしっかりと焼き色が付いていますね。
20170218 (303)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

麺はビヨンビヨン伸びる弾力のある麺です。

コシというよりはモチっとした食感の出汁の効いた大阪うどんに合う麺ですね。

水溶き片栗でしっかりとトロミがつけられたカレー出汁がうどんによく絡んで((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。

辛さは感じないカレー出汁ですが、出汁の風味がしっかり出ているので、物足りなさを感じる事はないですね。

とろけたチーズが絡んだうどんは、チーズのまろやかなコクが加わるので、一段上の旨さにステージが上がりますね。

中央部分のこげ色が付いたチーズ部分に差し掛かると味が一変し、焦げて風味を増したチーズの芳ばしいさがなんとも言えぬ旨さとなって口の中で旨さがほとばしります。

いや〜この焼きチーズカレーうどんは((美^~^味))♪♪♪♪おいし~ですね。
20170218 (304)_R
30円アップするだけでこんなに満足感を得られるなんて思いもしませんでした。


過去の元
その1 とり天ざるうどん


元 喜連瓜破店
06-6769-1080
大阪府大阪市平野区喜連2-7-21

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その51@大阪市営地下鉄谷町線  喜連瓜破駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その51の今回は大阪市営地下鉄谷町線喜連瓜破駅です。

喜連瓜破と言えば、難読地名でお馴染みの駅であり、駅の上にある「瓜破」交差点はどの方向から来ても渋滞に巻き込まれる、よく混むところといった印象です。

乗降客数は約22000人となっています。

今回は喜連瓜破駅を中心に喜連2・4丁目、喜連西6丁目、瓜破西1丁目、瓜破1・2丁目をぶらぶらしてみました。
20170218 (305)_R
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。
今回のぶらぶらルートはこちらです。

谷町線は営業キロが長い路線となっています。

中でも喜連瓜破駅は、天王寺以南の駅では一番乗降客が多い駅になっていることもあり、途中駅でありながらラッシュ時に喜連瓜破発の電車があります。

同じ途中駅の発電車で言うと、御堂筋線あびこ駅からラッシュ時にあびこ発の電車がたくさんあったのですが、2015年3月のダイヤ改正で新金岡発に多くが移ってしまいました。

1987年に御堂筋線がまかもずまで延伸した際に、「大阪市営地下鉄に乗る大阪市民なのに堺市民(北花田・新金岡・なかもず)に座られちゃうので座って行けないはおかしい」という声もあってあびこ発の電車が残されていましたが、ラッシュ時の便利な時間帯のあびこ発はなくなってしまいました。
20170218 (308)_R


喜連環濠の案内板

堺環濠や平野郷は有名なので知っていましたが、喜連にも環濠があったんですね。

案内板で判断するに、平野郷よりふた回りくらい小さい規模だと思えます。
20170218 (310)_R


喜連環濠も平野郷を同じく東西南北の豪の入り口にお地蔵様が配置されていますね。
20170218 (312)_R


かつての豪は現在、道路になっています。
20170218 (313)_R


豪の中心あたりには屋敷小路という昔のお屋敷が残っている通りがあるので行ってみました。

細い路地の両脇にはタイムスリップしたかのような、歴史を感じるお屋敷がびっしり軒を連ねていました。

観光地化されていないそのまんまな感じが落ち着きますね。
20170218 (341)_R


平野区はとにかく市営住宅や公営住宅が多い区です。

特に喜連瓜破駅、出戸駅、長原駅の市営・公営住宅密集度はかなり高くなっています。
20170218 (315)_R


府公社喜連団地にある給水塔

団地の入り口にドーンと設置されているのでよく目立ちます。

団地の上層階にも安定して水を供給するための大事な施設ですが、最近はポンプで圧力をかけて上層階に水を供給するシステムになっているので、団地が建て替わると塔は無くなります。

そういえば昔は至るところで給水塔を見かけたけどどんどん少なくなっていますよね。
20170218 (319)_R


瓜破交差点

内環状線と長居公園通が交差する大きな交差点。

高架道路は阪神高速松原線です。

とにかくどの方向から来ても渋滞に巻き込まれるイメージがある、私にとってはよく混む交差点です。
20170218 (320)_R


交差点の北西角には都心部でドンドン出店をしているスーパーライフがあります。
20170218 (321)_R


阪神高速喜連瓜破出入り口

大阪市内に向かう便利なところにあるのはわかっているのですが、瓜破交差点の渋滞が嫌なので、入り口付近の渋滞が少なくて使いやすい駒川入り口を使いがちになっちゃいます。
20170218 (322)_R


府営瓜破住宅

古い住宅は順次
20170218 (326)_R


建て替えラッシュとなっていて・・・・
20170218 (327)_R


高層住宅にバンバン変わっていってる最中です。
20170218 (328)_R


イオン喜連瓜破ショッピングセンター

核テナントのイオンと45の専門店で構成されているショッピングセンターです。

1970年に造られた、ダイヤモンドシティの第1号店であり、当時は「東住吉ショッピングセンター」というショッピングセンターでした。

喜連瓜破は平野区なのになぜ東住吉を名乗っているかというと、1974年に東住吉区から分区されるまで平野区は東住吉区だったからです。

大型のモールが次々と建設されている現在では中規模程度のショッピングセンターとなりますが、開業当時は西日本最大級のショッピングセンターであり大きな反響をよびました。
20170218 (332)_R
喜連瓜破は表通りだけではなく裏通りにも人がたくさんいる活気のある街でした。

明日は喜連瓜破駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: 大阪市営地下鉄谷町線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

お腹がすている方は「ダブルで」とご注文ください@大阪市西淀川区 うどん釜勝 

 

大阪市西淀川区にありますうどん屋さん、「うどん釜勝」に行ってきました。

街ぶらしに福駅に来ています・・・が、福駅前はお店が全然なくて閑散としたしているのでお昼ご飯を食べようにもお店が全然な~い!

これはえらいこっちゃとなって福駅前でご飯を食べるのは諦めて福駅から姫島方面に歩いて行きます。

姫島通りを5分ほど歩いた福駅と姫島駅のちょうど間くらいのところに美味しそうな雰囲気を醸し出しているうどん屋さんを発見しました。

やっとお昼ご飯にありつけるという事でさっそく入店いたします。

店内はカウンターのみのこじんまりした家庭的な雰囲気のお店です。

初めて入店しましたが、とても落ち着く感じがします。

メニューを見てみるとお店のイチオシは卵でとじた、「カレーとじうどん」なのですが、メニュー写真を見てみたらかなり卵を使っていると感じました。

カレーうどんは好きなメニューなので、お店のイチオシのカレーとじうどんをいただきたいところなんですが、カレーうどんは好きなのですが、卵でとじたカレーうどんは味がマイルドになりすぎるのであまり好みではないので、普通の「カレーうどん」800円をお願いしました。

すると、注文した直後にメニューの端に「お腹がすている方は「ダブルで」とご注文ください」と書いてあるのを発見したのですかさず「ダブルで!」とお願いしました。

注文を受けると若い大将がキビキビとした動きでカレーうどんを調理し始めます。
20170218 (98)_R


動きにキレがあって無駄がない仕事ぶりだなぁと感心していたらカレーうどんが出てきました。
20170218 (99)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

もちもちモチモチしたうどんです。

ピリッとした辛さと出汁がいい感じでまとまっていて((美^~^味))♪おいし~です。

辛さは辛いものが苦手な人がギリギリ食べられるくらいの辛さだと思います。

出汁が効いているので、なんか安心するというか、ホッとする味わい深さを感じますね。

家庭的な雰囲気のお店にピッタリな美味しいカレーうどんでした。
20170218 (100)_R
うどんは二玉まで無料ですし、なんと麦ご飯もお願いすれば無料で食べられるというお得なところも良いですね。

(^人^)ごちそうさまでした。


うどん釜勝
06-6474-3888
大阪府大阪市西淀川区姫島5-8-11

category: 東淀川区・淀川区・西淀川区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top