かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

天ぷらにベストマッチなうどんつゆ@大阪市東住吉区 ゆきの 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、南田辺駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市東住吉区にありますうどん屋さん「ゆきの」に行ってきました。

南田辺に街ブラしに来たのでやって来ました。

ゆきのに来るのはお店が出来た当初に一度来て以来なので、ザッと10年ぶりくらいですね。

初めて来た時も美味しいのは認識していたのですが、当初は少し待つだけで入店できたのが、美味しいお店なのですぐに超人気のお店になってしまったために行列が半端じゃなくなっていったのです。

なので、お店の前は車でよく通るですが、店前にズラッと連なる行列を目の当たりするとどうしても足が遠のいていました。

この日は休日でゆっくりと街ブラをしているのでたっぷり時間はあります。

とは言え誰しも長い行列に好き好んで並びたい人はいないので行列がひどくなる前にお店に到着し早々に入店するつもりでしたが、、、、、お昼前の11時30分にも関わらずお店の前には5人ほどの待ちが発生していまる。

まぁでもゆきのでこれくらいの行列はなんてことありませんね。

というわけで最後尾に並んで入店を待ちます。

行列に並ぶ事15分、ようやくに入店です。
20170503 (302)_R


超久しぶりのゆきのは、お店の雰囲気が少し古ぼけた印象を受けるも清潔感があるので、当時面影が色濃く残っていますね。

並んでいる際に予め注文を聞かれるのでその際にかやくご飯が付いた「天おろし定食」1000円をお願いしていました。
20170503 (305)_R


カウンター席に座って大将の仕事ぶりをウォッチしながら待つ事5分、天おろし定食の到着です。

うどんの上の天ぷらは、大葉、かぼちゃ、茄子、海苔、海老となっています。
20170503 (308)_R


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

まずはぶっかけだしを一口、、、、

初めて来た時にも天ぷらが乗っているメニューを食べました。

初めて来た時にも感じたのですが、ここのぶっかけうどんのつゆはかなり甘味と醤油の味が濃いので天つゆに近い味がするのです。

久しぶりに味わいましたが、その甘くて濃い味は相変わらず健在でした。

この甘味のある濃いつゆを天ぷらにたっぷり浸して食べたらそりゃぁ((美^~^味))♪♪♪♪おいし~のはゆきのの天ぷらを食べた事がない方でも想像がつくと思います。

中でも海老天がプリッとした弾力がある新鮮な海老なのでめっちゃくちゃ((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。
20170503 (313)_R


うどんはもっちりとしたソフトグミっぽい柔軟さがあるうどんです。

私的にはもう少しコシがある方が好みですが、甘いダシがうどんに染みていて((美^~^味))♪おいし~ですね。
20170503 (312)_R


たきこみご飯

細かくカットされた、ちくわ、コンニャク、にんじん、ごぼうなどが入っています。

濃いうどんツユに対してたきこみご飯はかなり優しい味わいなのでうどんと天ぷらでまったりとした口をスッキリさせてくれるいい役割をしていますね。
20170503 (311)_R


食事を終えてお店の外に出ると、私が並んでいた時以上の長蛇の列になっています。

やっぱり少しでも早く来ていて正解でしたね。
20170503 (314)_R
超久しぶりでしたが、人気店になっても変わらない旨さでよかったです。

(^人^)ごちそうさまでした。


ゆきの
06-6622-8866
大阪府大阪市東住吉区山坂3-10-14

category: 阿倍野区・住吉区・東住吉区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その54@JR阪和線 南田辺駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その54の今回はJR阪和線南田辺駅です。

南田辺と言えば、区画が広く閑静な住宅街が広がる隠れた高級住宅街といった印象です。

乗降客数は約9200人となっています。

今回は南田辺駅を中心に山坂1・2・3丁目、田辺2・.3丁目、南田辺1丁目、長池町をぶらぶらしてみました。

20170503 (315)_R
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。

今回のぶらぶらルートはこちらです。

まずは南田辺駅を出てすぐの東口の状況

あびこ筋と阪和線が交差する長居踏切の開かずの踏切問題などを解消するためにそれまで地上を走っていた阪和線の美章園駅~杉本町駅間は連続立体交差事業により高架化されました。

高架化されたことにより交通はスムーズなって良い事づくめとなりましたが、地上を走っていた時代の跡地が美章園駅から杉本町にかけて高架に平行して伸びています。

この区間の跡地は活用方法が未だに決まっていないので平坦なアスファルト舗装が続いているだけとなっています。

高架化したのは良い事ですが、このような殺風景な光景が長年続いているのはあまり良いとは思えません。

細長い土地なので活用がしにくいのは分かりますが、個人的には公園や緑地帯、自転車道に整備するなどの有効利用をしてほしいもんです。
20170503 (316)_R


南田辺駅の東側すぐにある田辺不動尊。

あまり知られていないのですが、こちらのお不動さんには・・・・
20170503 (318)_R


立派な三重塔が鎮座しています。

平成の三重宝塔と言われていて平成8年に完成したまだ新しい三重塔です。

高さは約23メートルあります。

三重塔の周りには仕切りや柵はが無いので下から見上げると迫力がありました。
20170503 (322)_R


田辺不動尊には三重塔以外にも見どころがあって、境内には樹齢800年の楠が神々しく鎮座しています。

楠からはオーラというか精霊が宿っている感がビシバシ伝わりました。
20170503 (331)_R


山阪神社

土地の名前は山坂ですが神社は山阪です。

大相撲春場所では九重部屋の稽古場となる事でも有名です。
20170503 (336)_R


境内には九重親方(千代の富士関)の直筆の石碑もありますよ。
20170503 (335)_R


南田辺駅周辺には、「南田辺駅前商店街」、「南田辺本通商店街」、「南田辺駅西商店会」があります。

その中の南田辺本通商店街は南田辺周辺の商店街の中で唯一アーケードがある商店街になっています。
20170503 (334)_R


アーケードがある立派な商店街ですが、商店街の場所が駅から離れた所にあるので人通りはあまりありません。
20170503 (337)_R


南港通り沿いにあった旧シャープ本社ビル

本社はすでに堺市堺区匠町に移っており旧本社ビルは解体工事が進んでいました。

ちょっと前までは液晶のシャープ。

世界の亀山モデルとして高いブランド力を持っていたシャープですが、シャープ経営陣の主力事業である液晶事業の過剰投資に対する改善策の遅れなどから経営危機に陥り台湾の鴻海精密工業が親会社となりました。

旧本社ビルと隣接する田辺ビルは鴻海精密工業の傘下に入る前に旧本社ビルは家具最大手「ニトリ」に、田辺ビルは「NTT都市開発」に売却されました。
20170503 (341)_R


その後、鴻海精密工業より派遣されてきたシャープの新社長兼、鴻海精密工業副総裁の戴正呉新社長は、旧本社ビルは第二の創業の地であるため買い戻す考えを表明していましたが、旧本社ビルでは交渉が難航していました。

結局交渉は決裂し旧本社ビルは解体されニトリが大型店舗を建設することになりました。
20170503 (343)_R


ただ、隣接する田辺ビルは買い戻しに成功したので、当分は田辺の地からシャープな名が消える事はなさそうですね。

しかし買い戻したとはいえ田辺ビルは老朽化していて建て替えなどを視野に入れないといけないと想像されるので、買い戻しても手放しで喜ぶ事はなさそうですね。
20170503 (340)_R


南田辺駅のすぐ西側にある長池公園
20170503 (345)_R


長池公園という名の通り、池がメインの公園になっていますので、、、
20170503 (346)_R


公園を利用しているのはガキんちょではなく釣り糸を垂らすおっちゃん達ばかりです。

っていうかここの池って釣り禁止やし、池の周りには立ち入らないように柵もしてあるんやけどね・・・・
20170503 (347)_R
南田辺は閑静な住宅街が広がるお上品な街でした。

明日は南田辺駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: JR阪和線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪遺産に認定してほしい店@大阪市西成区 マル屋 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、西天下茶屋駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市西成区にあります喫茶店「マル屋」に行ってきました。

以前バラエティ番組で取り上げられていたのを見て、この界隈に行った時は必ず訪問しようと決めていたお店に満を持して訪問しました。

寂れた商店街の入口付近にあるそのお店は、昭和で時間が止まっているお店として紹介されていて、ありとあらゆるメニューがありえない値段で提供されているのです。

テレビではマスターの個性的なキャラクターをクローズアップされた感じになっていましたが、私としてはマスターのキャラクターも興味ありますが、ありえない値段のメニューが気になるところです。

店構えは歴史を感じる風格ある佇まいです。
20170401 (830)


店頭にはコーヒー160円という看板があり、その看板にはすだれ状にぶら下がっている数々のメニューが近づくと確認できます。

こんなに小さい字やったら全然見えへんから価格表示として役に立ってないやん!と突っ込みたくなる看板ですね・・・・
20170401 (827)


看板から目を横にやるとこれまた突っ込みたくなるポップが貼ってあります。

「創業八十2年」・・・

数字の2の書かれ具合から当初は八十年やったところに年が経つたびに八十1となり八十2と変えてきたのはなんとなく想像できますが、「漢数字と数字の組み合わせもおかしいけど、次の年になった時は数字の2を3に変化させるのが難しいやん!それやったら八十1を書く時に漢数字で八十一にした方が八十三までは違和感なく書き足せたやん!」と突っ込みたくなります。
20170401 (829)


そんな事を思いながらお店に入店・・・・

おーーー。

あらかじめテレビで見ていたのでなんとなく内観はわかっていましたが、実際に見るとかなりの歴史を感じますね〜。
20170401 (835)


壁に掛かってある絵画はタバコで煤けてどんな絵が書いてあるかよくわからないし、今では見る事が無くなったテレビデオがデジタル化された現在でも現役で映っています。

現実に目の当たりにするとあらためてすごいお店やなぁ〜。

ホンマに時間が止まってるわぁとただただ感心いたします。
20170401 (843)


席に座りメニューを手に取ろうすると、これまたびっくり!ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

いつから使い続けてるんやと聞きたくなるくらいポロポロのメニューが使い続けられています。

もうここまでくると尊敬レベルですね。

外観といい、店内といい、メニューといい・・・突っ込みどころが満載過ぎて素晴らしすぎます。

もうこれは大阪遺産に勝手に認定します( ´艸`)。
20170401 (845)


そんなレトロ過ぎる喫茶店のメニューはというと、コーヒー160円を筆頭に、紅茶160円、オレンジジュース100円、コーラ100円、うどん200円、サンドイッチ250円、カレーライス250円、焼き飯250円、チョコレートパフェ200円とどれもこれも爆安です。

そんな、鬼のように安いお店で私が選んだメニューは、うどんにご飯が付いた「うどん定食」300円と、「ホットケーキ」80円です。

それをマスターに伝えると「うどん定食はうどんご飯が付いているだけです。300円です。」「ホットケーキはおもちゃみたいに小さいです。80円です。」と我がとこのメニューを自分で少しけなす感じで解説してくれます。

しかも必ず値段をアナウンスしてくれるところがなんか笑えます( *´艸`)。
20170401 (831)


注文してから10分ほどでうどん定食が出て来ました。

ご飯の量が多いですね〜。

これで300円ってやっぱりすごいですね〜。
20170401 (836)



では、さっそく(^Q^)いただきまーす。

うどんは単品で200円ですが、200円という値段を考えると全然美味しくいただけるレベルの美味しさがちゃんとあります。

麺はスーパーで売っているうどんの味やし、ダシも粉末スープっぽい感じはしますがなんせ200円ですからね〜。

そう考えると十分((美^~^味))♪おいし~ですよ。
20170401 (839)


ホットケーキ

マスターがおもちゃみたいに小さいですよと言っていたので、赤ちゃんの手ほどのホットケーキが1枚だけかと思っていたら、中くらいのと小さいのの2枚組で出て来たのでちょっと驚きました。

バターやハチミツ、生クリームにチョコソースまでも付いていて80円は奇跡の値段だと思います。
20170401 (841)


味はというと、昨今のパンケーキブームとは真逆を行く、フワフワやエアリー、しっとりとやなめらかなどは全くない「ザ・昭和のホットケーキ」って味ですね。

なので、甘さも直球、そしてエアリーさが無くずっしりと重たい、何十年か前に食べた懐かしい味が広がります。

でも決して不味い訳ではなくただただ時代が止まっているだけなのです。
20170401 (842)
懐かしい味を味わいたい人や、味のあるマスターを見に来たい人は是非訪問して下さい。

色んな発見が出来ますよ。

(^人^)ごちそうさまでした。


コーヒーショップ マル屋
06-6661-9166
大阪府大阪市西成区千本北2-1-33

category: 浪速区・西成区・住之江区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪市内全駅制覇への道 その53@南海汐見橋線 西天下茶屋駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その53の今回は南海汐見橋線西天下茶屋駅です。

西天下茶屋と言えば、、、、、場所は知ってるけど馴染みが無くて住宅ばかり、、、といった印象です。

乗降客数は約300人となっています。

今回は西天下茶屋駅を中心に橘2・3丁目、千本北1・2丁目、潮路2丁目をぶらぶらしてみました。
20170401 (850)
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。

今回のぶらぶらルートはこちらです。


汐見橋線は超ローカル路線なので運行ダイヤも30分に1本という、都心にある路線とは思えないローカルさ加減です。

なにわ筋線構想も汐見橋線経由ではなく、南海本線経由で建設される事になったので汐見橋線が活気づく事はなさそうですね。
20170401 (852)


西天下茶屋駅は無人駅なのでなんかあった時用のインタホンは汐見橋駅に繋がるようになっています。

うーーん!ローカル。
20170401 (853)


駅の周りでウロウロしていたら30分に1本の電車ややってきました。

が、乗降客はゼロでした・・・・・。
20170401 (848)


橘周辺は道が細く、昭和建築の古い木造住宅が密集しています。

大阪の下町の典型のような街並みです。
20170401 (857)


西天下茶屋駅を西側には阪神高速堺線が通っています。

高速の下には太めの道路が平行して通っています。

道が太いので国道26号線や新なにわ筋のが渋滞している時の抜け道として使いたいところですが、信号の繋がりが悪くしょっちゅう信号に引っかかってしまいますのであまり使えない道なんですよねぇ・・。
20170401 (859)


そんな信号の繋がりが悪い道沿いにひっそりと佇むとある会社の本社・・

会社の名前は「共和」。

社名を聞いただけではあまりピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、実はみなさんも必ず使った事があるお馴染み商品のトップシェアを誇る会社なんですよ。

そのお馴染みの商品とは輪ゴムです。

「オーバンド」というブランド名を言えば「おー知ってる」と、お分かりいただけると思います。

我が家にもちゃんとオーバンドの箱がリビングに置いてありますよ。
20170401 (858)


西天下茶屋駅は乗降客が少ないローカルな駅の割に駅の周りには銀座商店街、西天下茶屋商店街、南本通商店街と3つもの商店街を有しています。
20170401 (860)


でも、駅に人が集まらなければ商店街もやっぱり・・・・人通りが寂しい状態ですね。
20170401 (862)


そんな商店街の一角に力餅食堂がありました。

街ブラをしていてちょいちょい見かけるこちらの「力餅食堂」、チェーン店やフランチャイズ店と思いきやそうではなくそれぞれが完全に独立した暖簾分け制度で展開されている食堂です。

それぞれの店舗で統一されているのは店名とロゴマークぐらいでメニューなどは自由という、個人店のようで連合店のようで、やっぱり個人店という謎多きお店です。

なので、店構えもそれぞれのお店でいろいろ違います。

そんないろんな土地で見かける力餅食堂をウォッチするのが楽しいので見かけたらブログで紹介するようにしています。

西天下茶屋の力餅食堂は他のテンポではあまり見かけなかった白いテントが印象的です。
20170401 (863)


座面が朽ちたベンチ

ほぼ座るのは不可能ですから修理するか捨てるがしましょうよ~。
20170401 (864)


銀座商店街の南側に広がる西天下茶屋商店街と、、、
20170401 (868)


南本通商店街

どちらの商店街もやっぱり・・・・
20170401 (869)


閑散としています。。。
20170401 (866)


過半数を超えるお店のシャッターが閉まっている状態なのでとても寂しいです。

こういったシャッター商店街をどうにかしないと街全体が傾いていく悪循環におちいるんですがねぇ・・・・難しい問題ですね。
20170401 (867)


確かにダウンタウンですが、ローマ字表記されると、、、、なんか・・・・・ねぇ。
20170401 (870)


たくさんの猫ちゃんが集会を開いていました。

この猫ちゃん達にはゆったりとした時間が流れているんでしょうね。
20170401 (874)


線路の上でも集会が開かれていました。

さすが30分に1本のローカル路線だけありますね。
20170401 (877)
西天下茶屋は人が少なくて静かな街でした。

明日は西天下茶屋駅の「おすす麺」を紹介しますね。

category: 南海汐見橋線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

好みに合わせて変えられます@大阪市平野区 神山 

 

かおまるっちの「大阪市内全駅制覇への道」企画、加美駅・新加美駅の「おすす麺」はこちらのお店です。

大阪市平野区にありますラーメン屋さん「神山」に行ってきました。

スーパー万代の前にあるお店です。

この日は午後3時過ぎに伺いましたが、こちらのお店は通し営業をしているので3時過ぎでも開いています。

以前に堺東にある神山には行った事があるのですが、こちらのお店は初めての訪問です。

堺東のお店に行った時は、酔っ払った状態で行ったため、写真を撮り忘れたのでブログに載せれなかったので、今回はしっかりと写真を収めたいと思います。

3時過ぎの訪問という事もあって、さすがに店内は空いているため1人で伺いましたが、店員さんがテーブル席にどうぞと言っていただいたので遠慮なくテーブル席へ座ります。

店内を見回すと、壁のポップには「好みを申し付け下さい」と書いてあり、麺の固さ、味の濃さ、脂の量が選べるようです。

テーブルに置いてあるメニューには10種類以上のラーメンが紹介されていますが、堺東のお店で食べたラーメンが美味しかったので、当時堺東で食べたであろう、「濃厚とんこつ醤油ラーメン」680円の固め、味濃い、脂多めでお願いしました。
20170218 (342)_R


テレビを見ながら待っていたらラーメンが出てきました。

麺固めでお願いしただけあって早いですね。

ネギではなくほうれん草が乗っているのが珍しいですね。
20170218 (344)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

濃厚と謳っていますがそこまで濃厚ではなくすんなりと喉を通っていきます。

しかし、あっさりではなく、しっかりとしたとんこつの味はしています。

とんこつの味は特徴的で、クリーミーなコクがあるのです。

どこかクリームスープを飲んでいるかのようなクリーミーなコクがシコシコした中太の麺に合っていて((美^~^味))♪おいし~ですですね。

これに粉チーズをふりかけたらスープスパゲティになりそうなくらいクリーミーなコクあるスープですね。
20170218 (345)_R
どこか洋風な感じがするクリーミーなラーメンは女性受けしそうです。

(^人^)ごちそうさまでした。


神山 加美東店
06-6793-2002
大阪府大阪市平野区加美東4-15-5

category: 東成区・生野区・平野区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン.  大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top