かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその③@京都市左京区 鞍馬寺~貴船神社 

 

今年の冬は2017年の年明けくらいまでは暖かい日が続いたので、今年は暖冬なんだろうなと思いきや、1月の中旬からはドカ雪が降る日が続くなど寒暖差が激しい気候になっていますよね。

大阪では積もるような雪は今のところ降っていませんが、お隣の京都では雪が降り積もり、一夜にして雪景色となったと朝のニュースが伝えていました。

テレビで見る雪景色の京都は美しく、一面白に染まった雪景色が似合う街という印象を受けました。

その光景を画面で見ていたら雪景色の京都を実際に見てみたいと猛烈に感じました。

そう感じると居ても立っても居られない気持ちになったので奥さんに「京都に行ってくる」と言って京都に向かっていました。。。。

というわけで、急遽京都への日帰り旅行をすることにしました♪

大阪からJRで京都までは30分もせずに着きます。

その30分間のあいだにWEBなどを駆使し観光プランをいろいろ考えた結果、バス乗り放題券を使って清水寺~八坂神社、銀閣寺周辺、一乗寺でラーメンランチ、鞍馬寺~貴船神社、を巡るコースで観光することにしました。

2つ前の記事でご紹介した清水寺~八坂神社を観光し、前の記事でご紹介した銀閣寺周辺を観光したあと、お昼ご飯を食べた一乗寺から叡山電車に乗って鞍馬寺、貴船神社に向かいました。

電車は終着駅の「鞍馬」に向かってゆっくりと走っていきます・・・

一乗寺あたりでは薄っすら屋根に雪が残る程度だった雪景色も二軒茶屋駅を過ぎたあたりから雪深くなってきて、終着駅の鞍馬駅についた頃には辺りはすっかり雪国です。
CIMG0782_R.jpg


鞍馬貴船にはずいぶん前に1度行った事がありますが、雪の鞍馬貴船は初めてです。

屋根に雪が降り積もった鞍馬駅を見て興奮を隠しきれません。
CIMG0785_R.jpg


鞍馬駅駅前の光景

マイクロバスの屋根の雪がスゴイっす。
CIMG0779_R.jpg


駅前の天狗のお鼻にも雪が積もっています。
CIMG0786_R.jpg


鞍馬寺へはケーブルカーに乗って向かうのですが、このドカ雪でケーブルカーは動いているのか?不安になりながら鞍馬寺に向かいます。
CIMG0784_R.jpg


鞍馬寺の山門に到着
CIMG0789_R.jpg


山門にあるチケット売り場でケーブルカーが動いているのを確認しホッとした気持ちでケーブルカー乗り場に向かいます。

両サイドにある灯篭に積もった雪が情緒的でいいなぁ・・
CIMG0794_R.jpg


ケーブルカーに乗って終着駅「多宝塔」駅に向かいます。

ちなみに乗客は私ともう一人の二人だけでした。
CIMG0800_R.jpg


「多宝塔」駅の前にある多宝塔

雪の量が尋常ではありません。
CIMG0803_R.jpg


多宝塔駅から鞍馬寺までは少し歩かないと行けません。

鞍馬寺へと続く山道は雪が積もって地表が見えないのでとても滑りやすく歩きにくかったです。
CIMG0807_R.jpg


何度かこけそうになりながら山道や階段を上って・・・
CIMG0811_R.jpg


鞍馬寺に到着~
CIMG0814_R.jpg


境内この雪の量!!

凄くないですか。

ここは豪雪地帯かと思っちゃうくらいの雪ですね。
CIMG0817_R.jpg


境内には雪かきスコップが突き刺さっていました。
CIMG0818_R.jpg


境内左奥からは奥の院魔王殿を抜けて貴船神社へと歩いて行くことができるのですが、、、、、
CIMG0819_R.jpg


この日はドカ雪の影響で通行ができませんでした( ;∀;)。
CIMG0822_R.jpg


仕方ないので鞍馬寺を後にし、叡山電車に一駅乗って貴船口駅からバスに乗って貴船神社に向かいました。

バスを降りて貴船神社へと続く道はお食事処が建ち並びます。
CIMG0853_R.jpg


その一軒にやたら雪が積もっている車がありました。

いくらなんでも積もりすぎでしょ!!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
CIMG0854_R.jpg


貴船神社に到着
CIMG0856_R.jpg


雪景色京都を想像する時こちらの風景を思い浮かぶ人も多いと思います。

京都を代表する雪景色の代表的な風景貴船神社の石階段の雪景色

ベストショットを撮るために人のいない瞬間を待ち構えてパチリ!!

良い写真が撮れました♪
CIMG0881_R.jpg


伺ったのが夕刻に差し掛かった時間帯でしたので灯篭には照明がついて幻想的になりました。
CIMG0865_R.jpg


貴船神社の名物であり、恋愛成就のパワースポットとして名高い水占おみくじの結果を見る御神水も薄く氷が張っていて水占おみくじをしている人はいませんでした。
CIMG0872_R.jpg


いつもは恋愛成就をお願いしに来る女子で賑わう本殿も寂しい感じになっています。
CIMG0874_R.jpg


帰りの電車に乗るころには日がかなり傾いてきました。

このころになると風も強くなってきてとても寒かったです。
CIMG0886_R.jpg


最後はライトアップされた京都タワー

鞍馬・貴船方面では使えないのですが、一日乗車券でお安く京都を満喫出来てとても楽しかったです。

普段とは違う雪景色の京都は寒いけど、観光客が少なくゴミゴミしていないのでとてもいいと思いました。
CIMG0894_R.jpg


関連記事
雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその①清水寺~八坂神社
雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその②銀閣寺周辺

京都観光Navi

category: 京都府京都市

thread: 京都 - janre: 地域情報

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその②@京都市左京区 銀閣寺周辺  

 

今年の冬は2017年の年明けくらいまでは暖かい日が続いたので、今年は暖冬なんだろうなと思いきや、1月の中旬からはドカ雪が降る日が続くなど寒暖差が激しい気候になっていますよね。

大阪では積もるような雪は今のところ降っていませんが、お隣の京都では雪が降り積もり、一夜にして雪景色となったと朝のニュースが伝えていました。

テレビで見る雪景色の京都は美しく、一面白に染まった雪景色が似合う街という印象を受けました。

その光景を画面で見ていたら雪景色の京都を実際に見てみたいと猛烈に感じました。

そう感じると居ても立っても居られない気持ちになったので奥さんに「京都に行ってくる」と言って京都に向かっていました。。。。

というわけで、急遽京都への日帰り旅行をすることにしました♪

大阪からJRで京都までは30分もせずに着きます。

その30分間のあいだにWEBなどを駆使し観光プランをいろいろ考えた結果、バス乗り放題券を使って清水寺~八坂神社、銀閣寺周辺、一乗寺でラーメンランチ、鞍馬寺~貴船神社、を巡るコースで観光することにしました。

前の記事でご紹介した清水寺~八坂神社を観光し、八坂神社前の「祇園」バス停よりバスに乗って「銀閣寺前」で下車。

するとバスを降りたあたりから雪がちらちら降ってきました。

哲学の道にも雪が降りしきります。
CIMG0742_R.jpg


銀閣寺に到着~。
CIMG0745_R.jpg


入り口で入館料を支払います。

銀閣寺のチケットはお札になっているんですね。

なんか得した気分♪
CIMG0746_R.jpg


銀閣寺の見どころは何といっても庭の美しさです。

綺麗に整備された庭はいつ来ても圧巻の美しさですよね。

雪が溶けているところはこんな感じですが・・・
CIMG0748_R.jpg


同じ感じに整備されている雪が積もっているところはご覧の通り、雪が波打った感じになります。

う~~ん♪美しい!
CIMG0747_R.jpg


降りしきる雪と銀閣寺観音殿
CIMG0751_R.jpg


庭越しの観音殿
CIMG0754_R.jpg


山側の高台から見た感じ

うん♪この雪景色の銀閣寺が私の中では一番です。
CIMG0761_R.jpg


この池越しの観音殿はよく見る光景ですね。
CIMG0767_R.jpg


超久しぶりに来たからかなり頭の中のイメージとは異なっていて、もう少しこげ茶一色に近いイメージをしていたのですが、近くに寄ってみると結構くすんでいたのですね・・

でも、絢爛豪華な金閣寺より、二回りくらい小さくて慎ましい感じの銀閣寺の方が私は好きです。

雪景色の銀閣寺、心が静まってかなり満喫出来ました。
CIMG0770_R.jpg
明日は鞍馬寺、貴船神社周辺をご紹介します。


関連記事
雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその①清水寺~八坂神社


京都観光Navi

category: 京都府京都市

thread: 京都 - janre: 地域情報

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

雪景色が似合う街、京都をぶらぶらその①@京都市東山区 清水寺~八坂神社  

 

今年の冬は2017年の年明けくらいまでは暖かい日が続いたので、今年は暖冬なんだろうなと思いきや、1月の中旬からはドカ雪が降る日が続くなど寒暖差が激しい気候になっていますよね。

大阪では積もるような雪は今のところ降っていませんが、お隣の京都では雪が降り積もり、一夜にして雪景色となったと朝のニュースが伝えていました。

テレビで見る雪景色の京都は美しく、一面白に染まった雪景色が似合う街という印象を受けました。

その光景を画面で見ていたら雪景色の京都を実際に見てみたいと猛烈に感じました。

そう感じると居ても立っても居られない気持ちになったので奥さんに「京都に行ってくる」と言って京都に向かっていました。。。。

というわけで、急遽京都への日帰り旅行をすることにしました♪

大阪からJRで京都までは30分もせずに着きます。

その30分間のあいだにWEBなどを駆使し観光プランを考えます。

いろいろ考えた結果、バス乗り放題券を使って清水寺~八坂神社、銀閣寺周辺、一乗寺でラーメンランチ、鞍馬寺~貴船神社、を巡るコースで観光することにしました。

コースが固まったあたりで京都に到着。

駅前には雪が残っています。

大阪から少ししか離れていないにやっぱ冬の京都は寒いです。
CIMG0700_R.jpg


京都駅ビルのガラスウォールには京都タワーが綺麗に映り込んでいます。
CIMG0702_R.jpg


こっちが本物の京都タワー

雲一つ無い天気で気持ちイイなぁ♪
CIMG0701_R.jpg


さっそくバス停に設置してある券売機で一日乗車券を購入していざ清水寺へGO!!
CIMG0703_R.jpg


清水寺は五条坂を上った高台にありバスは入っていけないので、手前の東大路通のバス停から歩いて行きます。

五条坂から茶碗坂へと歩いて行くと・・清水寺の三重塔が見えてきました。

屋根に積もった雪が綺麗ですね。
CIMG0706_R.jpg


清水寺に到着~。

この日は平日でしたので観光客は少な目です。
CIMG0709_R.jpg


清水寺内の木々の枝には雪が積もっていて幻想的な雰囲気を醸し出しています。
CIMG0707_R.jpg


拝観料を払って寺の中へ
CIMG0712_R.jpg


清水の舞台から見た景色

雪国のような光景にうっとりします。
CIMG0714_R.jpg


屋根に雪が積もった清水寺

雪景色がとても似合いますね。
CIMG0720_R.jpg


清水寺と京都市内

白がまぶしい。
CIMG0722_R.jpg


清水寺を後にして、八坂神社まで歩いて行きます。

賑やかな松原通を通り抜け、三年坂、二年坂、ねねの道を通っていきます。

写真は二年坂に入ってすぐあたりです。

人がが少なくてとても静かでした。
CIMG0728_R.jpg

円山公園内にある池

雪が灯篭に積もっている光景が、なんか金沢の兼六園っぽいっす。
CIMG0735_R.jpg


八坂神社の社殿

普段は平日でも人が多い八坂神社ですが、この日の人出は少な目でした。
CIMG0737_R.jpg


四条通側にある西楼門
CIMG0740_R.jpg


西楼門から見た四条通

四条通は人でごった返すのですが、やっぱり人も車も少ないです。
CIMG0738_R.jpg
次はバスに乗って銀閣寺へ向かいます。

明日は銀閣寺周辺をご紹介します。

京都観光Navi

category: 京都府京都市

thread: 京都 - janre: 地域情報

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

忘られつつある被災地・・@鳥取県倉吉市 熊本・鳥取旅行記その⑥ 

 

2016年(平成28年)10月21日に震度6弱を鳥取県の倉吉市、湯梨浜町、北栄町観測した鳥取県中部地震。

全壊12棟、半壊95棟、一部破損12,525棟が確認され倉吉市の白壁土蔵群では、建物の漆喰の壁が剥がれ落ち、松江城では石垣の石が一部落下するなど、広い範囲で文化財への被害が発生しました。

幸いにも死者は出ていないが数十人の負傷者が発生しました。

地震直後はメディアで一報が流れましたが、熊本地震に比べると被害が小さいこともあり最近ではすっかりメディアで報道されることがなくなりました。

そんな忘られつつある災害、鳥取中部地震の被害状況を確認すると同時に被災地でお金を使うことによる復興支援を行ってきました。

前の記事でご紹介した白兎神社を後にして震度6弱が観測された倉吉市入りしました。

事前にある程度下調べして倉吉入りしたのですが、市役所・白壁土蔵群周辺になると、私が考えていた以上に家屋に被害が出ている事にびっくりしました。

こちらのお家も一見住めそうな感じに見えますが・・
20170114 (309)


危険判定がされています。
20170114 (307)


扉の形状から土蔵と思われる建物

おそらく壁が崩れ落ちたんだと思います。
20170114 (310)


白壁土蔵群の観光マップをもらうために倉吉白壁土蔵群観光案内所に行くと・・

観光案内所も被災していて足場が組まれていました。
20170114 (312)


白壁土蔵群の建物は土葺き工法で瓦を葺いている家屋が多いため瓦がずれ落ちているところが目立ちます。
20170114 (323)


ブルーシートで覆われた建物の真ん中には・・
20170114 (329)


危険判定の紙が貼ってありました。

こういう光景を目の当たりにすると決して被害が小さい地震では無いと実感しました。
20170114 (330)


美しい白壁の土蔵群を歩いてみると・・

こちらも、
20170114 (332)


こちらも、、
20170114 (336)


こちらも、、、
20170114 (337)


こちらも、、、、

いたるところの白壁が崩落していました。

江戸から明治にかけて建てられた歴史的な白壁土蔵群は国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

歴史ある建物が傷ついている姿を見ると、建物好きの私にとってはかなりダメージを受けてしまうショッキングな光景です。
20170114 (346)


土蔵群に沿って流れる玉川には崩落した白壁が見て取れます。
20170114 (340)


明治41年築の「旧国立第三銀行倉吉支店」だった建物です。
20170114 (352)


有形文化財に登録されている洋館で、現在はノスタルジックな雰囲気の中、美味しい食事を楽しめるレストランとして営業されていますが・・・
20170114 (351)


建物にかなりの被害が出たようで現在はこちらで食事を楽しむ事が出来なくなっています。

修復中の間は10数メートル離れた仮店舗で営業をされているとの事ですので、是非そちらにお越しください。
20170114 (350)


お土産店に貼ってあった写真です。

おそらく地震後は観光客が減少しているんだろうというのがこの写真を見てとれます。

是非皆さんも機会を作って熊本・鳥取に遊びに行って下さい。
20170114 (348)
かおまるっち家の年末年始の旅行記でした。


関連記事
雄大な景色に感動~@熊本県阿蘇市 熊本・鳥取旅行記その①
復興への道は遠い・・・@熊本県益城町 熊本・鳥取旅行記その②
くまモン人気はワールドワイド@熊本市中央区 熊本・鳥取旅行記その③
必ず再訪します@熊本市中央区 熊本・鳥取旅行記その④
今年の初詣は鳥取です@鳥取県鳥取市 熊本・鳥取旅行記その⑤

倉吉観光情報HP

category: 鳥取県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

今年の初詣は鳥取です@鳥取県鳥取市 熊本・鳥取旅行記その⑤ 

 

2016年(平成28年)10月21日に震度6弱を鳥取県の倉吉市、湯梨浜町、北栄町観測した鳥取県中部地震。

全壊12棟、半壊95棟、一部破損12,525棟が確認され倉吉市の白壁土蔵群では、建物の漆喰の壁が剥がれ落ち、松江城では石垣の石が一部落下するなど、広い範囲で文化財への被害が発生した。

幸いにも死者は出ていないが数十人の負傷者が発生しました。

地震直後はメディアで一報が流れましたが、熊本地震に比べると被害が小さいこともあり最近ではすっかりメディアで報道されることがなくなりました。

そんな忘れられつつある災害、鳥取中部地震の被害状況を確認すると同時に被災地でお金を使うことによる復興支援を行ってきました。

熊本から鳥取入りしたのが大晦日の晩です。

予約していたお宿に泊まり元旦から鳥取を観光いたします。

と、その前に元旦にしなければならない事がありますよねぇ。

そうです初詣です。

というわけで被災地を見に行く前に初詣に行きたいと思います。

とは言え鳥取に土地勘は無いのでどの神社が良いかわからないので、チェックアウトした際に女将さんに聞いた、女将さんのお勧めの神社と、人気の白兎神社に行く事にしました。

まずは女将さんのお勧めである「鳥取東照宮」から・・・

女将さん曰く、ひっそりとした森の中に佇む社殿が厳かで心が洗われるとの事です。

そんだけ絶賛されるとハードルが上がりますが・・・・ホントにそんなに凄いんでしょうかねぇ。。と思いながら鳥取東照宮に到着。

鳥居をくぐって奥の社殿へと向かいます。
20170114 (242)


社殿へと続く参道の脇には小川が流れています。

その流れはとても綺麗で、清流という言葉がピッタリと当てはまるくらい透き通っています。

せっかくなので清流に触れてみました。

キーーンと冷たく、柔らかいあたりを感じる水ですね。

いくら綺麗な水とは言え、飲むのはさすがにやめておいたほうがいいと思い、顔を洗わせてもらいました。

冷たい水で顔を洗うと新年早々引き締まった気持ちになりました。
20170114 (249)


鳥取東照宮の随神門

森の景色と一体化した佇まいが歴史を物語っていますね。
20170114 (248)


元旦の神社とは思えないくらい人気が無く静かです。

シーンとした中に時折聞こえる森を吹き抜ける風の音が心地良いです。
20170114 (272)


本殿は1650年に建立された重要文化財です。
20170114 (260)


本殿の扉の上にある鷹の彫刻は左甚五郎のが作ったと言われています。

女将さんの言う通り厳かな雰囲気の良い神社でした。
20170114 (266)


続いてもう一つ神社に行きたいと思います。

次は因幡の白兎伝説で人気の神社、白兎神社に伺います。

白兎神社は「道の駅神話の里白うさぎ」に隣接しているので道の駅に車を停めようとしますが・・・

なんじゃこりゃ!というほどの車の数々・・・

空きスペースなんぞありゃしません。

おまけに警備員さんなどの誘導する人がだれもいないから順番なんか関係なしに、空いたところ付近にいる車が片っ端から停めていくという事になっているもんだから、駐車スペースを巡ってトラブルになっている人も出るほどです。

私たちはそんなに急いでないのでゆっくり待って、トラブルなく車を停めれました。

先ほどの鳥取東照宮の静けさと対照的過ぎてえらいこっちゃやなと思いながら白兎神社に向かうと・・・何やら大きな頭をした物体が目に入ってきました。
20170114 (285)


わーーい!

ゆるキャラやーー。

「因幡ぴょん兎」と「しろぴょん」やぁ。

鳥取のゆるキャラと言えば鳥取県のゆるキャラ「トリピー」を見ることが多かったのですが、最近は鳥取市観光コンベンション協会の「因幡ぴょん兎」と「しろぴょん」を見る事が増えましたね。

予期せぬところでゆるキャラに会えて嬉しかったです。
20170114 (284)


ゆるキャラにも触れ合えたし、お参りをしよう~、っと思って境内を歩き始めたその時!!!

目の前には長い行列が!!!

なんじゃこりゃ!

そうですみなさん白兎神社に初詣に来た人々の参拝待ちの行列です。

その長さは有に100mはあるでしょうか・・・

なんしか凄い行列ですわ。

一瞬参拝するのを諦めようかと思いましたが、頑張って車を停めたんやから、諦めずに参拝しようと踏みとどまりました。



それから根性で待つこと1時間20分!
20170114 (293)


ようやく社殿が見えてきました。
20170114 (295)


そこから10分ほど待ってようやくお参りとなりました。

あーーー長かった・・・
20170114 (300)


最後は今年一年を占うおみくじを引きました。




結果はなんとーーーーーー!

大----吉-----

しかも一番の大吉です。

一番の大吉ってなんかめっちゃいい感じしませんか?
20170114 (302)
今年はいい事あるかも!と期待を胸に倉吉へと向かいます。


関連記事
雄大な景色に感動~@熊本県阿蘇市 熊本・鳥取旅行記その①
復興への道は遠い・・・@熊本県益城町 熊本・鳥取旅行記その②
くまモン人気はワールドワイド@熊本市中央区 熊本・鳥取旅行記その③
必ず再訪します@熊本市中央区 熊本・鳥取旅行記その④


鳥取旅の生情報(鳥取東照宮紹介ページ)

鳥取旅の生情報(白兎神社紹介ページ)

category: 鳥取県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top