FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

雨を避けて巡ります@2019梅雨旅岐阜編④ 岐阜県飛騨市ガッタンゴー後編 

 

岐阜県飛騨市のガッタンゴーに行ってきました。

前の記事で後編へ続くと予告していたのに更新がめっちゃ遅くなり申し訳ございません。

さっそくガッタンゴーの後編をお送りいたします。

16時半の最終組で予約をし、事前説明を受けイザ!スタートってところで前回は終わりました。

後編は人力トロッコに跨り係員さんの号令を受けて颯爽スタートしたところからです。

スタートはプラットフォームの高さからスロープを下ってレールへと繋がるので、出だしはスイーっと動き始めます。

往復約6キロの道のりは往路は緩やかな登りとなっています。
20190831-07 (327)


登りといっても、マウンテンバイクが電動アシスト付きなので、シャカリキにペダルを漕がなくてもズンズントロッコが動いてくれるので楽ちんです。

なので、ゆっくりペダルを漕ぎながら景色を楽しむことが出来ます。

マウンテンバイクのペダルを漕ぐ動力はマウンテンバイクの車輪からトロッコの鉄製の車輪へと伝わる構造になっています。

鉄の車輪はレールの継ぎ目を通るたびに「ガタン・・・」「カタン・・・」           「ガタン・・・」「カタン・・・」           「ガタン・・・」「カタン・・・」           「ガタン・・・」「カタン・・・」、と一定間隔で音と振動が伝わってきます。

その何とも言えない鉄道特有の感触が鉄道好きにはめっちゃ堪らん楽しい(≧◇≦)。

出発して直ぐに楽しくて楽しくて・・・めっちゃはしゃいでいる自分に驚いちゃいます。
20190831-07 (340)


一つ目の駅「神岡大橋」駅を通過するとその先には・・・
20190831-07 (344)


トンネルが見えてきました。

先行の女子二人組がトンネルに入った瞬間に「キャーーー」と絶叫した後「暗ーーい」と叫んでいたので、
20190831-07 (358)


そんな・・・・大袈裟な( 一一)って思いながら私たちもトンネルに突入してみると。。。。。。
20190831-07 (361)


うわーーっ!

ホンマに暗いやんかいさ。

なんも見えん((+_+))。

こうなるとペダルを漕ぐ足が緩み、スピードが低下しますが、ものの5秒ほどで目が慣れ、
20190831-07 (371)


トンネル内の様子が掴めるようになりました。

わーーーーい!!たのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (383)


先行の女子二人組も楽しそうですね⤴
20190831-07 (387)


神岡町の中心地

山あいの小さな町なので時間がゆっくり流れている感じが良いですねぇ。
20190831-07 (402)


飛騨神岡駅
20190831-07 (406)


今は座られることがないベンチが廃線当時のまま残っているので、廃墟感が半端ないすね。

こんなん私好きです。

たのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (407)


ふたたびトンネルへ・・・
20190831-07 (415)


先ほどのようなトンネルに入って直ぐの真っ暗な感じはなく、入った直後もトンネルの中の様子は掴めました。

トンネル内はひんやりしていて涼しいーー。
20190831-07 (416)


折り返しの「神岡鉱山前」駅の手前には分岐があり、分岐を右へ、右へと進みます。
20190831-07 (426)


この、分岐を通る瞬間の「ガタ、ガタ、ガタ、ガタ、ガタコン!!」っていう振動と音が、めちゃくちゃたのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (429)


おもしろーーーーい(≧◇≦)。
20190831-07 (435)


神岡鉱山前駅に到着ーー!
20190831-07 (441)


ここで人力トロッコを降りて後続組の到着を待ち、そのあと係の方が人力トロッコを方向転換して復路の準備をします。
20190831-07 (446)


待っている間は、サービスの湧き水で冷やされたきゅうりをかじって一息入れます。
20190831-07 (447)


きゅうりをボリボリかじりながら歩いてコース外の奥へと進んでみました。

コース外という事でレールには雑草が生えっぱなしになってますね。
20190831-07 (449)


そうこうしていると、奥さんから戻ってこいと着電、駆け足で戻り、人力トロッコに跨り復路へGO!!
20190831-07 (465)


帰りも行きと同じルートを通るので、当然ながら分岐を通ると「ガタ、ガタ、ガタ、ガタ、ガタコン!!」ってなります。

わーーーーい!!たのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (467)


トンネルに突入。

相変わらずトンネル内は暗いなぁ・・・と思った次の瞬間!
20190831-07 (479)


レール沿いにLED電球が並べられていて、ライトアップされているではありませんか!!!
20190831-07 (486)


ワーーーーーーーーー綺麗ーーー(#^.^#)

ゾクゾクするくらいたのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (495)


紫陽花も綺麗ーーー。
20190831-07 (529)


渓谷に映える赤い鉄橋も綺麗ーーー。

うおーーーーっ!たのしーーーー(≧◇≦)。
20190831-07 (542)


楽しい時間はあっという間・・・・・・。
20190831-07 (549)


スロープを登って、、、、、
20190831-07 (554)


ガッタンゴー終了〜〜〜〜(T_T)

もう終わりなの・・・・もう一度行きたい・・・・。
20190831-07 (560)
旅好きな夫婦なので今までにいろんなところでいろんな事をしましたが、今までの中でベスト3に入る、めちゃくちゃ楽しいアクティビティでした⤴。

また絶対に乗りたいと思います。

飛騨市神岡町は山間なので行くのに時間を要しますが、めちゃくちゃ楽しいアクティビティなのでみなさんも是非とも体験してみてください。(^O^)/

あーーーーーー楽しかった(≧◇≦)


レールマウンテンバイクガッタンゴーHP

category: 岐阜県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

雨を避けて巡ります@2019梅雨旅岐阜編③ 岐阜県飛騨市ガッタンゴー前編 

 

岐阜県飛騨市のガッタンゴーに行ってきました。

今年の梅雨は、六月はあまり雨が降らなくて、梅雨っぽくないなぁ・・・と思っていましたが、七月に入ると、梅雨らしいというか、雨が降る日が多かったですよね。

そんな7月の第二週目の海の日を絡めた三連休は雨予報・・・・・。

ま、梅雨ですから雨がちになるのはわかるのですが、せっかくの三連休に雨だからって家に閉じこもっているのはもったいないってもんです。

ということで、三連休の初日にどっか出掛ける?って聞いたら、雨降りはイヤやから雨が降ってない所にだったらエエよ!ってことでしたので、さっそくネットの天気予報を見てみると、見事なぐらい傘マークが日本列島を埋め尽くしています。

晴れているところはどこもなく、梅雨のない北海道でさえ曇りマークとなっています。

その情報を見て、北海道は確かに雨が降りそうにないけどいきなり行くのは無茶やし、どっか雨が降りそうないところが他にないかなぁと、近畿から比較的近いエリアの詳細な天気予報を見ていったら、能登半島の先端の輪島・珠洲エリアだけが、曇りマークになっているではありませんか!

おお!傘マークじゃない!能登半島は大阪からもそんなに遠くないし、なにより能登半島は、七尾市より先に行ったことがないから行ってみたいというのもあるので、奥さんに「能登半島の先っちょならギリギリ雨が降らんみたいやで」というと、「雨が降らないのならいいよー」ってことでしたので、能登半島へGO!

というわけで、ここ最近の記事では雨が降らなかった能登半島の模様から白川郷の合掌造り集落の模様をご紹介しました。

そして前の記事では飛騨市神岡町の、スーパーカミオカンデを解説した施設、カミオカラボの様子をご紹介しました。

今回は、同じ岐阜県飛騨市にあるレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」に乗りにやってきました。

レールマウンテンバイクって何?

ガッタンゴーって何?って思いますよね・・・。

レールマウンテンバイクガッタンゴーは、2004年に廃線となった旧神岡鉄道の線路にマウンテンバイクを改造した人力トロッコのような乗り物で6キロの道のりを走る事が出来る、アクティビティです。

人力トロッコの車輪は鉄の車輪になっているので、レールの継ぎ目を通過する時の振動や、ガタンゴトンとなる音が電車好きにはたまらんというのを電車好き仲間に聞いていたので是非とも行きたいと思っていた観光地です。

そんなガッタンゴーはやはり人気のアクティビティなので、土日は予約をしないと先ず乗ることが出来ません。

なので、前日の夕方に事前に予約をさせていただきまして訪問いたしました。

予約の時間は16時半。

単線の線路を使って往復するアクティビティであるため、一時間ごとにグループが設定され、一定間隔を開けて、順次スタートして行き、折り返し駅に全員が揃ったら、人力トロッコを回転させて復路を漕いで帰るというシステムになっています。

なので、早く着いたからって、「じゃぁ15時半の組で行きましょう!」ということにはなりません。

ということなので、早めに着いた私ですが、16時半まで時間があるので、出発駅の奥飛騨温泉口駅の内外に展示されている資料をゆっくりと拝見させていただきます。
20190831-07 (301)


奥飛騨温泉口駅の前に緑色のちっちゃい電車があるので近寄ってみます。
20190831-07 (297)


後ろに回ってみると、パンタグラフが付いているので電車であるのは分かったのですが、パンタグラフの高さがとんでもなく低いので、神岡鉄道の架線ってこんなに低いの???

っていうか、めっちゃ電車が小さ過ぎひん?って不思議に思っていたら、、、
20190831-07 (294)


神岡鉄道の沿線にある鉱山の坑道に敷かれた鉱山鉄道だということが看板を見てようやく理解できました。

そりゃそうですよね。

こんなに架線が低いわけないですよね。

っていうか、神岡鉄道はそもそも電化されてないっすもんね。
20190831-07 (295)


駅舎を抜けてホームを行くと、今度こそ本当の神岡鉄道の車両がお目にかかれます。

KM-100形気動車「おくひだ1号」
20190831-07 (306)


一般的な電車とは違い、運転台が真ん中にあるので、一昔前のチンチン電車みたいな感じに見えますね。

ワンマン運転をする車両なので、客室との仕切りがないのが特徴的です。
20190831-07 (310)


客室に囲炉裏があるのが個性的です。

温かい囲炉裏にあたりながらのんびり揺られて移動するって・・・・・いいなぁ・・・乗ってみたかったなぁ。
20190831-07 (308)


駅舎に戻って、エンブレムや
20190831-07 (313)


記念切符などの展示を拝見。
20190831-07 (314)


2006年の廃止の時のヘッドマークは貴重な資料ですよね。
20190831-07 (315)


そうこうしているうちに15時半の組が続々と戻ってきました。

人力トロッコは2人乗り以外に、3人、4人、5人、6人乗りまで取り揃えられています。
20190831-07 (303)


しかもマウンテンバイクは電動アシスト付きになっているから、上り坂でも比較的楽に進んでくれます。
20190831-07 (316)


そろそろ受付をしたほうが良さそうなので、受付へ・・・・・。

同意書にサラサラっとサインして受付完了〜〜♪

いよいよですねぇ(*´▽`*)

テンション上がってきた( *´艸`)
20190831-07 (302)


全員が受付を完了したら、部屋に集められて事前説明を受けます。

事故が起こったらアカンのでみんなちゃんと説明を聞いていましたよ。
20190831-07 (324)


事前説明が終わったらいよいよマウンテンバイクに跨ります⤴

ここでドキドキはピークに。

(≧▽≦)わーーーーい!!

たのしーーー。

ってまだ漕ぐ前ですよね。
20190831-07 (325)


係員さんの号令と共にイザ出発!!
20190831-07 (317)
と今回はここまでです。

写真が多いので2回に分けてご紹介させていただきます。

次回の記事をお楽しみ〜。


レールマウンテンバイクガッタンゴーHP

category: 岐阜県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

雨を避けて巡ります@2019梅雨旅岐阜編② 岐阜県飛騨市カミオカラボ編 

 

岐阜県飛騨市のカミオカラボに行ってきました。

今年の梅雨は、六月はあまり雨が降らなくて、梅雨っぽくないなぁ・・・と思っていましたが、七月に入ると、梅雨らしいというか、雨が降る日が多かったですよね。

そんな7月の第二週目の海の日を絡めた三連休は雨予報・・・・・。

ま、梅雨ですから雨がちになるのはわかるのですが、せっかくの三連休に雨だからって家に閉じこもっているのはもったいないってもんです。

ということで、三連休の初日にどっか出掛ける?って聞いたら、雨降りはイヤやから雨が降ってない所にだったらエエよ!ってことでしたので、さっそくネットの天気予報を見てみると、見事なぐらい傘マークが日本列島を埋め尽くしています。

晴れているところはどこもなく、梅雨のない北海道でさえ曇りマークとなっています。

その情報を見て、北海道は確かに雨が降りそうにないけどいきなり行くのは無茶やし、どっか雨が降りそうないところが他にないかなぁと、近畿から比較的近いエリアの詳細な天気予報を見ていったら、能登半島の先端の輪島・珠洲エリアだけが、曇りマークになっているではありませんか!

おお!傘マークじゃない!能登半島は大阪からもそんなに遠くないし、なにより能登半島は、七尾市より先に行ったことがないから行ってみたいというのもあるので、奥さんに「能登半島の先っちょならギリギリ雨が降らんみたいやで」というと、「雨が降らないのならいいよー」ってことでしたので、能登半島へGO!

というわけで、前の前の記事では雨が降らなかった能登半島の模様をご紹介しました。

前の記事では翌日の予報でも雨が降りそうにない予報が出ていた岐阜県白川村の白川郷の合掌造り集落の模様をご紹介しました。

今回は、白川郷から東に30キロほど移動して岐阜県飛騨市の模様をご紹介します。

飛騨市で何をするかというと、レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」に乗るためにやってきました。

レールマウンテンバイクって何?

ガッタンゴーって何?って思いますよね・・・。

レールマウンテンバイクガッタンゴーは、2004年に廃線となった旧神岡鉄道の線路にマウンテンバイクを改造した人力トロッコのような乗り物で6キロの道のりを走る事が出来る、アクティビティです。

人力トロッコの車輪は鉄の車輪になっているので、レールの継ぎ目を通過する時の振動や、ガタンゴトンとなる音が電車好きにはたまらんというのを電車好き仲間に聞いていたので是非とも行きたいと思っていた観光地です。

ガッタンゴーの予約時間が16時半ですが、15時前に神岡に到着したので、神岡の自慢の施設である「スーパーカミオカンデ」を分かりやすく?解説している無料の施設、「カミオカラボ」に寄らせていただきました。

カミオカラボとは・・・・・「ニュートリノ」の研究でノーベル物理学賞をもたらした「スーパーカミオカンデ」をはじめ、宇宙と素粒子の謎を探求するための研究拠点が集まっています。
カミオカラボは、こうした研究の魅力を広く伝え、科学と社会の新しい関係性をつくるための全ての人に開かれた場所です。
普段感じることのできない素粒子の不思議な性質を迫力のある映像やゲームで体感し、思いを馳せることで日々の生活と宇宙スケールの壮大な物語との間のつながりを感じてみてください(カミオカラボウェブサイトより引用)。

という、宇宙レベルの科学が分かるというとこらしいのですわ。

科学は苦手ですが、カミオカラボはスカイドーム神岡という道の駅の中の便利なところにあるし、なんせ無料やから行ってみましょう!!
20190831-07 (271)


ラボに入るといきなり大きなスクリーンが広がります。

半円形のスクリーンにはスーパーカミオカンデの内部をフルCGでリアルに投影されているので。。。。
20190831-07 (277)


近くでマジマジと見ると、なんか目がクラクラ💫しちゃいますよね。

ま、それくらいリアルってことなんですわ。
20190831-07 (273)


音と映像がかなり迫力があり、無料なのに結構お金を掛けているよねって感心しました。
20190831-07 (276)


スーパーカミオカンデの実物大模型
20190831-07 (279)


ズラッと光電子増倍管が並んでいますが、途中からは鏡の反射を利用した展示になっています。
20190831-07 (281)


なので上手い事カメラの角度を調整して写すと、光電子増倍管が並んでいるように見えますよ。
20190831-07 (283)


他にも、ニュートリノの特質を知るシューティングゲームや・・・
20190831-07 (288)


3種類のニュートリノがある事を楽しく教えてくれるゲームとか・・・

体験展示で楽しく学べたり。
20190831-07 (290)


スーパーカミオカンデの場所の解説があったりと、
20190831-07 (291)


スーパーカミオカンデについて楽しく学べます。
20190831-07 (292)
スーパーカミオカンデってめっちゃ深いところにあるっていうのはめっちゃ分かったんですが、肝心な科学的なところは結局アホな私にはよく分からなかったですわぁ(T_T)。

ニュートリノってゴイゴイスーってことでいいと思います・・・・ハイ(´▽`*)

さぁガッタンゴーへGO


カミオカラボHP

category: 岐阜県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

このロケーションですから・・@岐阜県白川村 

 

岐阜県白川村にあります食堂「天守閣」に行ってきました。

世界遺産に登録している白川郷の合掌造り集落に観光しに来ています。

白川郷の北側に白川郷を一望できる展望台があるのでマイクロバスに乗って展望台へとやってきました。

すると、どうでしょう!この素晴らしい原風景!感動しちゃいますよね。

日本人に生まれて良かった〜って思える素晴らしい風景にしばしボーっと魅入っちゃいましたね。
20190831-07 (228)


そんな長閑な時間を過ごしていたら、隣の観光客の方々が、脇にある食堂の店頭で売っている肉まんを美味しそうに食べているのが目に入ったので、その瞬間、お腹がグー((+_+))

その瞬間、私も食べよ!!ってなるじゃないですかぁ。
20190831-07 (252)


というわけで、「飛騨牛まん」400円、お買い上げ〜。
20190831-07 (251)


400円もするだけあって牛まんには「飛騨牛」って刻印が押されていますね。

これは期待が高まってきますねぇ。
20190831-07 (256)


ではさっそくアツアツを(^Q^)いただきまーす。

朴葉味噌味になっているので、昔、旅館の晩ご飯で食べた朴葉味噌焼きのような懐かしい味がします。

飛騨牛はお世辞にもたくさん入っているというわけではないので、肉感はあんまりないです、、、、ね。

なので飛騨牛を期待するとガッカリしますが、味噌味の肉まんとしては味噌のコクがそこそこおいしーと思いますが、400円という値段を考えるとコスパが悪いですね。
20190831-07 (258)
まぁこの素晴らしい風景で食べられるんですから風景代込みってことで。

(^人^)ごちそうさまでした。


天守閣
05769-6-1728
岐阜県大野郡白川村大字荻町889

天守閣定食・食堂 / 白川村その他)

category: 岐阜県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: 餃子・点心. 
tb: 0   cm: 0

△top

雨を避けて巡ります@2019梅雨旅岐阜編① 白川郷 

 

岐阜県白川村の白川郷に行ってきました。

今年の梅雨は、六月はあまり雨が降らなくて、梅雨っぽくないなぁ・・・と思っていましたが、七月に入ると、梅雨らしいというか、雨が降る日が多かったですよね。

そんな7月の第二週目の海の日を絡めた三連休は雨予報・・・・・。

ま、梅雨ですから雨がちになるのはわかるのですが、せっかくの三連休に雨だからって家に閉じこもっているのはもったいないってもんです。

ということで、三連休の初日にどっか出掛ける?って聞いたら、雨降りはイヤやから雨が降ってない所にだったらエエよ!ってことでしたので、さっそくネットの天気予報を見てみると、見事なぐらい傘マークが日本列島を埋め尽くしています。

晴れているところはどこもなく、梅雨のない北海道でさえ曇りマークとなっています。

その情報を見て、北海道は確かに雨が降りそうにないけどいきなり行くのは無茶やし、どっか雨が降りそうないところが他にないかなぁと、近畿から比較的近いエリアの詳細な天気予報を見ていったら、能登半島の先端の輪島・珠洲エリアだけが、曇りマークになっているではありませんか!

おお!傘マークじゃない!能登半島は大阪からもそんなに遠くないし、なにより能登半島は、七尾市より先に行ったことがないから行ってみたいというのもあるので、奥さんに「能登半島の先っちょならギリギリ雨が降らんみたいやで」というと、「雨が降らないのならいいよー」ってことでしたので、能登半島へGO!

というわけで、前の記事では雨が降らなかった能登半島の先端を観光させていただきました。

今回の記事では、三連休の最終日も日本中が雨がちの中、おそらく雨が降らないと予報されていた、岐阜県の飛騨地方へ行くことにしました。

能登半島から南下し、前日の晩に飛騨入りして、東海北陸道飛騨白川PAで車中泊して白川郷へとやってきました・・・・。

庄川沿いのみだしま公園有料駐車場に車を停めて南側から萩町合掌造り集落を観光します。

3連休だけあってなかなかの人の多さですね。
20190831-07 (162)


白川郷はとにかく絵になる景色だらけでしたので、写真を撮りまくりましたがブログにそれらの写真のすべてを掲載するとごっついことになるので、私が気に入った写真を厳選して掲載いたします。

先ずは岐阜県の重要文化財に指定されている、「明善寺」から

目を引くのがこちらの鐘楼門です。
20190831-07 (168)


二階建ての門で、二階に釣鐘がある茅葺の門です。

二階に釣鐘がるのもなかなか珍しいと思いますが、一階と二階の間の庇(ひさし)がなんとも、珍しい形をしていますよねぇ。
20190831-07 (169)


門をくぐって本堂側から鐘楼門を改めてみると、他ではあまり見ないホントに珍しい形の門だなぁ。。。と魅入っちゃいますよね。
20190831-07 (172)


茅の厚みもスゴイっすね。
20190831-07 (177)


こちらが本堂

本堂も茅葺となっています。

さすがかやぶきの里の中にあるお寺ですよね。
20190831-07 (176)


お寺の敷地内は放水銃が設置されています。

放水銃はここだけではなく、白川郷内に点在していて、火に弱い茅葺の合掌造り集落を火災から守っています。

景観に配慮している外観が良いですね。
20190831-07 (174)


撮影ポイントには記念撮影用のパネルが設置されていました。

当然ながら我々もここでパチリ!と記念撮影させていただきました。
20190831-07 (184)


とにかく絵になる風景だらけなので、写真を撮りまくりでしたが、それらの中でも一番気に入ったアングルがこの写真です。

3棟の合掌造り住宅の重なりがいいと思います・・・・・が、左側の重機が残念!!
20190831-07 (188)


合掌造り住宅がある萩町は水路が張り巡らされていて、綺麗な清流が結構な水流で流れています。

その水路には鯉やニジマスが機嫌よく泳いでいます。

ニジマスがいる水路ってスゴイよねぇ。

盗まれたりしないんでしょうか?
20190831-07 (190)


水路の水はキンと冷えている水なので、商店の脇では飲み物を冷やしています。

丸太をくり抜いた水槽が趣があってイイ感じ♪
20190831-07 (191)


マンホールも合掌造りっす
20190831-07 (193)


白川郷の合掌造りに関する写真を観光ガイドとかで見るときは、屋根に雪を被った冬の白川郷の写真をよく見るイメージですが、田んぼの緑越しの合掌造りのほうが、私的には日本の原風景って感じがビシバシ感じるので、春から夏にかけての時期がええのに!って思います。
20190831-07 (199)


国の重要文化財 和田家住宅
20190831-07 (200)


有料の施設で300円を支払うと中に入れます。

一階は広々とした住居スペースとなっていて、年代物と思われし書や軸がたくさんありました。
20190831-07 (206)


二階より上は養蚕スペースとなっています。

いろんな養蚕器具の展示もしているのですが、建物好きは私には合掌造り住宅の内部の造りのほうがワクワクします。
20190831-07 (214)


茅葺って藁縄で葺くんですねぇ・・・・・・・・へぇ(・_・D フムフム

カッコイイ。
20190831-07 (213)


三階は人の出入りができないので埃が。。。でも、太い丸太の並びがやっぱカッコイイっす♪
20190831-07 (221)


奥さんはそんな事に興味ないので窓からの風景をのんびりと眺めていました。
20190831-07 (217)


白川郷の北側には小高い山があって展望台が整備されています。

徒歩でも行ける距離なんですが、坂道が辛いので200円の送迎バスに乗って展望台へと向かいます。
20190831-07 (225)


展望台に到着〜!

おおお!白川郷の全景が望めて絶景ですよ。
20190831-07 (226)


観光ガイドに載っている写真はここからの写真なんですね。
20190831-07 (228)


めっちゃ素晴らしい風景なので、写真撮りまくり♪
20190831-07 (235)


え?しつこいって。
20190831-07 (234)


最後はお土産屋さんで飛騨の名産品、「さるぼぼ」を物色し、無病息災・勝負運・夫婦円満・家族運にご利益がある赤色のさぶぼぼキーホルダーを買わせていただきました。
20190831-07 (264)


日本の原風景をのんびりと見てると、セカセカした令和の都会暮らしとか、便利な現代って正しいことなんかなぁ、なんなんやろ・・・って感じちゃいます。
20190831-07 (263)


白川郷観光協会HP

category: 岐阜県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top