FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

大阪ではあり得ない風景の数々@神戸市中央区 布引ハーブ園~布引の滝 その② 

 

神戸市中央区にあります「布引の滝」に行ってきました。

ちょっと古い話になるのですが、ゴールデンウイークの記事をご紹介。

今年のゴールデンウイークは前半と後半に休みが分かれていて、ゴールデンウィークの後半は埼玉県深谷市に夫婦が揃って好きなゆるキャラ、ふっかちゃんに会いに行くので、前半はのんびりしようということでゴールデンウイーク前半はお家から近い神戸にやってきました。

神戸ではゴールデンウイークでも比較的のんびり出来て人の少ない布引ハーブ園に行こうという事となり、前の記事でご紹介した通り綺麗な春の花々を楽しみました。

この後は歩いて山を下りながら布引の滝を堪能して行くコースを行くので、ハーブ園の終着点、風の丘中間駅を通り過ぎて・・・
IMG_2060_R.jpg


この細いハイキングロードを下り・・・
IMG_2119_R.jpg


鬱蒼とした森を抜けると。。。
IMG_2118_R.jpg


急に開けた池が出現します。
IMG_2121_R.jpg


こちらは五本松堰堤というダムです。
IMG_2122_R.jpg


実はこのダム、とってもスゴイダムで、国の重要文化財に指定されている歴史あるダムなんですって。

スゴイっすね。
IMG_2126_R.jpg


五本松かくれ滝

ダムの水が満水時にオーバーフローした時にだけ出現する滅多に見られない滝だそうです。

ラッキーなことにこの日はオーバーフローしていたので見る事が出来ました~。
IMG_2132_R.jpg


ハイキングコースから空を見上げて見ると、ロープウェイが見えます。

良い景色です。
IMG_2139_R.jpg


雄滝

落差が43mもある、立派な滝です。

この日は水量が多い日でしたので迫力がありました。
IMG_2151_R.jpg


雄滝からすぐ落差9mの夫婦滝となっているので二段構えの滝になっています。

うーーん♪カッコイイ。
IMG_2152_R.jpg


落差19mの雌滝

木々に隠れた直線的なの水流が美しいなぁ。
IMG_2161_R.jpg


雌滝の右脇に円筒形の石造りの建物があったので近くに寄ってみます。
IMG_2165_R.jpg


先ほどの五本松堰堤同様、こちらも重要文化財に指定されている建物のようで、明治33年に造られた堰堤で、堰堤で取水された水を浄水場に送水している現役の施設となっています。

明治33年って118年前ですよね!

そんな昔の施設が現役で働いているなんて・・・スゴイ!すごいです!!
IMG_2167_R.jpg


このレンガ造りの橋を渡ると・・
IMG_2169_R.jpg


そこはもう新神戸駅

都会に戻ってきました。
IMG_2171_R.jpg


新神戸駅の周りを見ると、新神戸オリエンタルシティや
IMG_2172_R.jpg


ジークレフ新神戸タワー、神戸芸術センターなどの高層ビルが出てきて急激に都会になりましたね。
IMG_2173_R.jpg
前の記事でも言いましたが、都会から1キロも離れていないところに綺麗な花畑や滝があるなんて、こんなのは神戸じゃないと体験できない事だと思います。

大阪市で一番標高が高い場所は鶴見区にあるゴミを積み上げて作られた人工の山、鶴見新山39mが一番なので登山が出来るような山は無いし、森と言えるようなところも無いので、神戸市のように都会でもあって自然が豊かなところでもある環境はとても住みやすそうで羨ましい限りです。

神戸っていいなぁ。

category: 兵庫県神戸市

thread: 神戸 - janre: 地域情報

tag: 遊び場. 
tb: 0   cm: 0

△top

大阪ではあり得ない風景の数々@神戸市中央区 布引ハーブ園~布引の滝 その① 

 

神戸市中央区にあります「布引ハーブ園」に行ってきました。

ちょっと古い話になるのですが、ゴールデンウイークの記事をご紹介。

今年のゴールデンウイークは前半と後半に休みが分かれていて、ゴールデンウィークの後半は埼玉県深谷市に夫婦が揃って好きなゆるキャラ、ふっかちゃんに会いに行くので、前半はのんびりしようということでゴールデンウイーク前半はお家から近い神戸にやってきました。

神戸ではゴールデンウイークでも比較的のんびり出来て人の少ない布引ハーブ園に行こうという事となりさっそくやってきました。

最近、この年になってきてだんだん花の美しさに気が付いたのでちょいちょい花畑的なところに出掛ける事が増えてきました。

なので、食べ歩きブログなのに最近お花のネタがちょいちょい登場するようになってすみませんって感じなんですが、とても綺麗な花の数々だったのでやっぱり紹介したいなぁと思ったので記事にしちゃいますね。

布引ハーブ園の場所は神戸市の中心市街地、三ノ宮から一駅の新神戸駅からロープウェイに乗っていきます。

新神戸駅のランドマーク、新神戸オリエンタルシティの脇をに行くと・・・
IMG_2053_R.jpg


ロープウェー乗り場へと続く歩道が出てきます。
IMG_2055_R.jpg


ずんずん歩いてロープウェー乗り場に到着。

流石にGWだからロープウェー乗り場は人が多いですね。
IMG_2059_R.jpg


今回は上りだけロープウェイに乗って、ハーブ園を堪能し、その後歩いて下ってくる道中で布引の滝を見て帰るコースでいきます。
IMG_2060_R.jpg


5分ほど行列に並んでロープウェイに乗る事が出来ました。

意外とスピードが速くて乗って直ぐにもう背景の景色が綺麗にひらけてきました。
IMG_2064_R.jpg


眼下には布引の滝(雄滝)が見えます。
IMG_2067_R.jpg


眼下を見ている内にドンドン標高が高くなってきましたね~。

こんなに山の間近から高層ビル群が広がる光景は神戸ならではですよね。
IMG_2076_R.jpg


そうこうしているうちに終着のハーブ園山頂駅に到着しました。
IMG_2080_R.jpg


ロープウェイから見る景色もきれかったけど、山頂駅からみると一層高くてとても綺麗です~。

ビル好きには堪らん光景ですなぁ。

ってもう少し霞みがなければもっときれかったんだろうなぁ・・・ちょっと残念
IMG_2086_R.jpg


山頂駅の横にはレストハウスがあって、いろんな食べ物を食べられるようになっていますが、御影公会堂でしっかりオムライスを食べてきたのでここはスルーします。
IMG_2089_R.jpg


ここからは綺麗でかわいい花をドンドン載せていきます。

まだ花が好きになったばかりの新人なので花の種類とか全然分かりませんので、解説無しに一気にご紹介します。
IMG_2083_R.jpg



IMG_2085_R.jpg



IMG_2090_R.jpg



IMG_2092_R.jpg



IMG_2095_R.jpg



IMG_2099_R.jpg



IMG_2105_R.jpg



IMG_2107_R.jpg



IMG_2111_R.jpg
スマホ撮影なので一眼レフのような綺麗な写真ではありませんでしたが、自分的には結構気に入っています。

ここの花々は花と花がとても密集しているのにどれも生き生きとしているのがとても驚きました。

スタッフさんの育て方がとてもお上手なんだろうと感心しました。

しかし、繫華街の中心地三ノ宮から3キロほど、新幹線が停まる新神戸駅から1キロほどしか離れていないのにこんなに自然豊かで綺麗な花畑が広がっているなんて、同じ政令指定都市である大阪では考えられない事ですよね~。

都会でありながら直ぐに自然を楽しむ事が出来る神戸ってホンマに良い街ですなぁ。

category: 兵庫県神戸市

thread: 神戸 - janre: 地域情報

tag: 遊び場. 
tb: 0   cm: 0

△top

落ち着いて!@神戸市東灘区 御影公会堂 

 

神戸市東灘区にあります洋食屋さん「御影公会堂食堂」に行ってきました。

ゴールデンウィークの後半は埼玉県深谷市に夫婦が揃って好きなゆるキャラ、ふっかちゃんに会いに行くので、前半はのんびりしようということでゴールデンウイーク前半はお家から近い神戸にやってきました。

神戸ではゴールデンウイークで比較的のんびり出来て人の少ない布引ハーブ園に行こうという事となりましたが、先ずは腹ごしらえです。

大阪から神戸入りしたのが11時半、神戸の中心地三ノ宮周辺はGWで人が多そうなので、手前の御影公会堂の食堂で奥さんの好きなオムライスを食べることにしました。

御影公会堂には駐車場が完備されているので助かります。
IMG_2051_R.jpg


車を止めて早速食堂に向かいます。

まだお昼前なので待たずに入れるかなぁと淡い期待を持って食堂に着くと、すでにウェイティングボードには複数名の名前が書いてあります。

やっぱりオムライスが人気のお店やし、GWやからそんな簡単には入店できませんよね。。。

と、いうわけでウェイティングボードに名前を書いてしばし待ちます。
IMG_2041_R.jpg


私たちの前には4組のお客さんが待っているので15分くらいで呼ばれるだろうということで、奥さんをお店の前の待ち客用の椅子に座っておいてもらい、昭和8年に竣工した歴史ある建物を見学することにしました。

先ずは一旦外に出て外観を拝見。

直線と曲線の使い方が見事な堂々たる姿でありながら、女性的な美しさを兼ね備えた素晴らしい佇まいですね。

公会堂から少し離れたところからしばしボーッと公会堂を見ていたら奥さんから入電が入り、「呼ばれたからはよ来て」との事。

「え?まだ10分も経ってないのにもう呼ばれたん?」といって直ぐ建物の中に入り食堂へ行き店内に入ります。
IMG_2052_R.jpg


奥さんはすでに席に座っており急いで奥さんの座っているテーブルに着席します。

メニューはあらかじめ奥さんに「オムライスセット」1000円を伝えていたのでオーダーは終わっています。

座っている奥さんに「思っていたより早かったね」というと、ボードに名前を書いていた前の2組がどうやら帰ったみたいって事のようでした。

まぁ私たちにとっては早く入店できてよかったです。
IMG_2043_R.jpg


注文を待っている間、奥さんと話をしながら待ちますが、店内の丸みのあるアーチなどの作りがとても私好みなので、天井のアーチ部分を凝視したり、厨房側の重厚な作りをキョロキョロ見たりと、とにかく店内を見回しまくっていたら、いい加減痺れを切らした奥さんが「ちょっと!💢恥ずかしいから落ち着いて!!」と私を一喝してきました。

その奥さんの声のトーンからホンマに怒ってるやつやと判断した私はその後ジッと大人しくオムライスが出てくるのを待たせていただきました・・・・・。
IMG_2044_R.jpg


見たいものを見ないで待つのはとても長く感じるもので、注文か出てくるまで10分くらいだったと思うのですが、私的には20分くらい待った様な気がします。
IMG_2046_R.jpg


そんなこんなでちょっと不機嫌な奥さんを前に名物のオムライスを(^Q^)いただきまーす。

まずは真っ赤なソースをペロリ・・

ど直球のトマトソースですね。

酸味が効いていて甘みが少ないトマトの味がダイレクトに感じられるトマトソースです。

少し水っぽい感じが昔なつかしい味わいをより感じさせますね。
IMG_2047_R.jpg


では続いて本体のオムライスをプレーンで・・。

ケチャップ、バターは少な目でほんのり、あっさりしたオムライスですね。

最近の濃厚なオムライスとはやっぱり全然違う、万人受けする優しい味わいになってますね。

改めて、トマトソースをたっぷり絡めていただきます。

うん!絡めて食べるとトマトソースの酸味とチキンライスのバターのコクが調和して((美^~^味))♪おいし~です。

ほんのりと奥のほうから感じる甘みがなんともなつかしい味わいですね。
IMG_2049_R.jpg
広々とした店内は総絨毯敷きなところもなんかよかったですし、なんしか雰囲気がとても良かったですねぇ。

お店を出る頃には美味しいオムライスを食べ、奥さんの機嫌もなおっていたのでいろいろ良かったです。

(^人^)ごちそうさまでした。


御影公会堂食堂
078-851-2959
兵庫県神戸市東灘区御影石町4-4-1 御影公会堂B1F

category: 兵庫県神戸市

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: 洋食. 
tb: 0   cm: 0

△top

年中食べられますが昼限定です@神戸市兵庫区 宝楽 

 

神戸市兵庫区にあります中華料理屋さん「宝楽」に行ってきました。

この日は久し振りの平日休み♪

というわけで私の好きな街ブラをしに新開地にきています。

朝から新開地周辺の湊川公園や神戸駅などをブラブラしていたらお腹がペコペコです。

というわけで、新開地で年中食べられる冷麺があるというのを以前に雑誌で見たのを覚えていたので、場所をWEBで検索してさっそく行ってみました。
20171104 (678)


お店は新開地交差点の西側にひっそりと佇んでいます。

お店の入り口には「夜は冷麺ありません」と書かれています。
20171104 (679)


伺った時間は午後1時すぎでした。

行列は出来てませんが、店内は8割方席が埋まっている盛況ぶりです。

席に座ってメニューを拝見。

「ラーメン定食」700円などのお得なメニューがある中、ここはやっぱり名物である冷麺を食べないとという事で、名物の冷麺に焼き飯が付いた、「冷麺定食」800円をお願いしました。

お母さんが厨房で調理する大将に、オーダーを通す際に必ず頭に「おとうさ〜ん」といってから冷麺定食とかラーメン定食とか言っているのがなんか微笑ましいです。

そんな入れ替わりの早いお店でテキパキと注文をこなすお母さんを見ながら待つ事3分少々でチャーハンと冷麺が出揃いました。
20171104 (682)


事前にWEBでチェックした時に写真を見たので知っていましたが、実物もやっばりチャーシューがたっぷり乗っていて嬉しくなりますね♪。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。
20171104 (684)


冷麺はぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが一番美味しいので混ぜ混ぜしてからいただきます。

たっぷり入っているスープ・・・・。

ごま味と思っていたらはっきりとゴマ!と言えるほどのゴマの風味はないですね。。。

じゃあみそ味?でもなさそうやし、しょう油味でも無い・・・・。

このスープは何だろう?かすかにゴマの香りがするような気がするんですがハッキリとはわかりません。

しかし、あっさりした中にもしっかりとしたコクがあるので極細の麺にスープがしっかり絡んで((美^~^味))♪♪おいし~です。

たっぷり入っているチャーシューの食べ応えの良さも手伝ってどんどん食べちゃいますね。

極細麺とあっさりスープの相性がとても良い冷麺ですね。
20171104 (685)


チャーハン

こちらもあっさり味にまとめてありますね。

塩コショウはほとんど使っていないので油の味が前面に押し出されているチャーハンです。

このままでは少しオイリーな感じになるのでテーブルに置いてある胡椒を振りかけて食べると美味しくいただけました。
20171104 (680)
冬でも食べられる冷麺ですが、昼限定になっているので食べに行く際はご注意を。

(^人^)ごちそうさまでした。


宝楽
078-578-5622
兵庫県神戸市兵庫区大開通1-1-4

category: 兵庫県神戸市

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: 中華料理.  いろいろな麺類. 
tb: 0   cm: 0

△top

東の浅草西の新開地@神戸市兵庫区 新開地をブラブラ後編 

 

この日は久しぶりの平日休みとなります。

奥さんは友達とミナミでショッピングとなっているので一日フリーとなります。

一日自由な時間が出来たとなれば、私の好きな街ブラを決行したいと思います。

というわけで、私が前々から街ブラしたいと思っていた街神戸の新開地へやってきました。

皆さんご存知のように神戸の中心地は三宮ですよね。

でもそれは市役所の移転などを経て徐々に三宮が栄えてきたという経緯があり、昔は市役所は湊川公園にありました。

そもそも神戸の繁栄は兵庫港の開港から始まり外国人居留地が出来た事から始まります。

その兵庫港と外国人居留地の間に国鉄が市の中心駅といて神戸駅を作りました。

なので当初は市の中心は現在の三宮ではなく三宮の西側である神戸駅を中心としたエリアとなります。

一方、神戸駅からほど近い新開地では湊川の付け替え工事に伴って新開地周辺を整備したことにより街が発展、映画館や芝居小屋、飲食店が犇く大歓楽街が形成されました。

その発展ぶりは「東の浅草西の新開地」と言われるほどだったそうです。

しかし、昭和32年に市役所が三宮に移ったあたりから中心地が三宮に移っていき新開地は廃れていきました。

廃れると街は荒廃していき、風紀が乱れ市民から怖い、汚い、暗いと言われ大歓楽街から行ってはいけない街と言われるようになりました。

このままではいけないと地元の商店主などを中心に街の再生を手掛けます。

スローガンはアート、遊び、都市居住。

その再生はゆっくりですが徐々に行ってはいけない街から脱皮する新開地と新開地周辺を街ブラしたいと思います。

街ブラした範囲が広範囲であるのと写真の数が多いので今回の新開地の街ブラ記事は4回に分けてご紹介したいと思いますのでしばらくは街ブラ記事をお楽しみください。

4回目の今回は新開地エリア後編です。

新開地駅がある多聞通を挟んで南北に貫く新開地商店街

多聞通の北側はアーケード街と言い、多聞通の南側はスカイゲート、モール街と言っています。
20171104 (657)


スカイゲートの様子

うーん・・・人が少ない・・。
20171104 (659)


モール街に入ると真っ先に目に入ってきたのがコレ、場外舟券場

和歌山をブラブラした時も言いましたが、街の再生のためとして紆余曲折を経て公営ギャンブルを誘致したんでしょうが、一部のファンが来るだけで街の再生に繋がるとは思えないので個人的には反対です。

この手の施設そのものがアカンとは言いませんが、この手の施設に来るファン層はどこにあってもわざわざやって来るので不特定多数の人が集まるような商店街などのエリアに作る必要ないのではないでしょうか?
20171104 (663)


東の浅草西の新開地と言われていたころの新開地

人も多くて活気があるのが一目で分かります。

建物好きの私からするとこの内の一つでもいいから当時の建物が残っていると良かったのになぁと思います。
20171104 (669)


新開地商店街モール街の今の様子

今やこの閑散ぶりですが、西の新開地と呼ばれていた時代はこの地にたくさんの映画館や芝居小屋が建ち並んでいました。
20171104 (672)


大衆演劇の新開地劇場と・・・。
20171104 (673)


映画館のCinemaKOBE

今は芝居小屋と映画館は新開地劇場とCinemaKOBE、パルシネマしんこうえんぐらいですが、昔は西の帝劇と呼ばれた聚楽館を筆頭に、帝國館、大正座、多聞座、相生座、千代之座、栄館、二葉館、錦座、有楽館、朝日館、菊水館、松本座などの多くの芝居小屋や映画館がありました。
20171104 (674)


最後はモール街の南側にあるBIGMANで〆とまいります。

シルエットからもお判りでしょうが、チャップリンが帽子をかぶった姿に見えます。

実際に昭和11年にチャップリンは、映画のメッカだった新開地を訪れています。

そんな事からもこのBIGMANはチャップリンであるというのが一般的となっていますが、チャップリンですと言い切っているのは個人のページだけで、オフィシャルのページにはチャップリンですと言い切ってるのが見つけられないんですよね・・・。

これはチャップリンですと言っちゃうと権利関係がややこしいんかねぇ。
20171104 (675)
4回に渡って新開地周辺をブラブラしてみました。

全体を通じての印象としては湊川公園周辺は活気あって安い商品がたくさんある商店街があって住みやすい街という印象で、高速神戸、JR神戸は、市の中心としての機能は三宮に奪われたが、ハーバーランドが出来てからは人の往来が増え活気が戻りつつある印象です。

最後の新開地は再生に向けたスローガン、アート、遊び、都市居住の内の遊びの部分がちょっと斜めに進んでいる印象が拭えない状況で、再生にはまだ時間が掛かりそうな感じがします。

何はともあれ長田や新開地といったB面の神戸というのを前面に打ち出して大阪の新世界のように観光地化されることによって行ってはいけない街からの脱却へと繋がると思います。

ガンバレ新開地!

category: 兵庫県神戸市

thread: 神戸 - janre: 地域情報

tag: 街ぶら. 
tb: 0   cm: 0

△top