FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

大はたっぷり600g@三重県亀山市 甚八 

 

三重県亀山市にありますうどん屋さん「甚八」に行ってきました。

愛知県知立市にゆるキャライベントに行く途中に寄りました。

こちらのお店には過去に何度も遠出をした帰りなどにちょいちょい寄らせていただいているお店です。

今回は遠出の行きで寄らせていただきました。

朝ごはんをしっかり食べていないため、とてもお腹が空いているのでたっぷり食べたいところですね。

コンビニと牛丼屋との広々とした共同駐車場に車を停めて入店いたします。
IMG_5820_R.jpg


駐車場からお店に入る途中でお腹が「ぐ~~」っと鳴ってしまいましたね・・・あぁ。。腹ペコだわ・・。

入店してメニューを見てみると、私のお腹事情を知っているかのように大は特盛600gとデカデカと書いてあります。

「おぉ!今の私のお腹事情をよく分かっているお店だねー」と心でつぶやきながら、暑い日にサラッと食べられる「ひやかけ」の大495円にする事に決めて、店員さんに「ひやかけ」大495円を告げます。

ササッと素早い手付きでひやかけを作ってくれたのを受け取ってセルフコーナーへ、、、

うどんと言えば揚げ物がつきものです。

中でも私的にはとり天が特にうどんには合うと思っているので、迷わず「ささみ天」130円をお皿に載せます。

これで十分お腹は膨れると思うのですが、大きなお皿にささみ天1つだけだとなんか寂しい感じなので「しらすおにぎり」150円もお皿に載せちゃいます。

レジでお支払いを済ませ、白ネギと天かすをドドンと乗せて席に着きます。

入店から着席までおよそ2分!

セルフうどんは早いからイイねえ。

腹ペコの時は特に助かりますね。
IMG_5827_R.jpg


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

相変わらずしっかりコシがあって((美^~^味))♪おいし~ですね。

前回来た時もおんなじような事を言ったと思いますが、関西人好みのカツオといりこのお出汁に関東人好みの白ネギという東海地方ならではの東西の間をとったうどんとなっています。

私は関西人なのでうどんにはやっぱり上品な風味の青ネギの方が断然合うと思いますが、たまにはツンとした刺激が強い白ネギもなかなかいいもんですね。

スーパーで売ってる袋うどんが200gですから大盛の600gは3袋分に相当すると言う事ですよね。

見た目多そうに見えませんが器にギッチリうどんが入っているのでかなり食べ応えがありますね。
IMG_5830_R.jpg


ささみ天

ささみってパサパサになりやすい食材ですが、ここのはしっとり柔らかで((美^~^味))♪おいし~です。

揚げたてというわけではないのにかかわらず衣がけっこうサクッとしているのは揚げ方が上手なんでしょうね。

この130円は価値ありますね。
IMG_5828_R.jpg
600gのうどんと天ぷらとおにぎりを完食し満足満足♪

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の甚八
その1 ぶっかけうどん+かやくのおにぎり+ささみ天
その2 ぶっかけうどん+ささみ天


甚八 井田川店
0595-83-5144
三重県亀山市井田川町660-2

category: 三重県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: うどん・そば. 
tb: 0   cm: 0

△top

作りたてなめらか~@三重県伊勢市 赤福本店 

 

三重県伊勢市にあります和菓子屋さん「赤福」に行ってきました。

前や前々回の記事でもご紹介しております通り、三重県に遊びに来ています。

前の記事でご紹介したすし久で美味しいてこね寿しを堪能し、お伊勢参りをした後に赤福本店に寄らせていただきました。

私は幸いにもお伊勢さんから比較的近い大阪に住んでいるので、お伊勢参りは10回以上参らせていただいておりますが、赤福本店に寄らなかった事は今まで一度もありません。

それくらい私の中ではお伊勢参り=赤福本店はセット物という認識になっています。

というわけで、当たり前のように赤福本店の暖簾をくぐり店内に入ります。
20180428 (563)_R


何度も訪問しているので流石に物珍しさはありませんが、歴史があるお店なのでノスタルジックな物が好きな私は来る度にキョロキョロしてしまいますね。

落ち着きのないおじさんですいませんねぇ・・。
20180428 (565)_R


午後2時頃とお茶をするのに最適な時間帯という事もあって、店内は混雑してしまいますね・・・・って土日の赤福はいつ来ても行列が出来ているんですけどね。


いつも通り「赤福盆(二個)」210円を注文し、札を貰って奥へと進みます。
20180428 (566)_R


イートインする時はお店の奥の五十鈴川が見渡せる茣蓙が敷いてある平座敷へと向かいますが、その途中で作りたての赤福を作っている光景を目にする事ができます。

みなさんご存知の通り、赤福の形はお店の裏手を流れる五十鈴川の清流を型取っています。

作り手の女性店員さんたち指の間の窪みを使って素早くお馴染みの形に餡子を仕上げていますが、簡単そうに見えてスゴイ技術だと思い、いつも感心しちゃいます。
20180428 (571)_R


奥の平座敷でのんびり待っていると・・・、
20180428 (572)_R


熱いお茶と共に赤福が登場~。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

いつも通り、いつ来ても変わらない作りたての赤福の餡子の滑らかさ・・・・。

このしっとりとした滑らかな舌触りは作りたての赤福じゃないと味わえない、プレミアムな((美^~^味))♪♪♪♪おいし~さですよねぇ。

中の白いお餅のモチモチもやっぱり作りたてならではのもっちり感と弾力で((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

やっぱり赤福はキングオブ和菓子ですよ!
20180428 (573)_R
やっぱりお伊勢参りに赤福はセットですね。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の赤福
その1 赤福(2個)


赤福 本店
0596-22-7000
三重県伊勢市宇治中之切町26

category: 三重県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: 和菓子. 
tb: 0   cm: 0

△top

歯応え強くてしっかり@三重県伊勢市 すし久 

 

三重県伊勢市にありますお寿司屋さん「すし久」に行ってきました。

前の記事でもご紹介しましたが、奥さんと三重県に遊びに来ています。

三重県伊勢市に来たら、ここには絶対行かないと!っていうところありますよね・・。

そう!伊勢神宮です。

というわけで、お伊勢参りをいたします・・・・が、その前に腹ごしらえです。

伊勢神宮の参道に広がるおはらい町やおかげ横丁にはお土産屋さんや飲食店が数多く軒を連ねています。

また、の店店は景観に配慮されており和の佇まいになっており、江戸末期にタイムスリップしたかのような街並みになっています。

それらのお店の中から、以前から行きたいと思っていたてこね寿しの有名店にお邪魔しました。
20180428 (592)_R


お店に入るとすぐ右手には兜と竈があります。

両方とも歴史を連想させるアイテムではありますが、組み合わせ的に竈の横に兜を並べると変だよね・・・・・と心の中でつっこみを入れつつ五十鈴川が見える長座敷へと向かいます。

休日のお昼時なので老舗の名物店なのでお客さんがいっぱいいらっしゃいますね。

とは言え長座敷でもぎゅうぎゅう詰めに座らせることはなく間隔をあけて座らせてくれたのでゆったり座る事ができますね。

メニューを拝見いたします。

名物のてこね寿しは松・竹・梅に分かれており、松が2330円、竹が1860円、梅が1250円となっています。

こういった松竹梅のラインナップでメニューを書かれると間を取って「竹」を注文しようかなと思いますが、メニューをみて冷静に考えたら竹と梅は茶碗蒸しが付いて小鉢が豪華になるという差しかないので、梅で十分と判断し、「てこね寿し梅」1250円をお願いしました。
20180428 (589)_R


五十鈴川をのんびりと眺めながら待つ事5分、てこね寿しが出てきました。

漬けカツオがテカテカしていかにも美味そうですねぇ⤴。
20180428 (584)_R


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

赤酢の酢飯の酸味が結構効いていますね。

でも普通の穀物酢とは違い赤酢なので尖ったツンとした刺激は無く、酢の風味は強いがまろやかな広がりでどんどん食べたくなる味わいですね。

プラス甘味もしっかり付いているのでコクがあるので酢飯だけでも((美^~^味))♪♪おいし~です。
20180428 (585)_R


カツオはとても肉厚でしっかりとした歯ごたえがありブリンと食感が軽妙で((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。

漬けにしてあるカツオなので醤油の味が濃いと思いきや味付けは薄目なので酢飯の風味を邪魔してなくてとてもまとまりがいいですね。

刻んだ大葉のさっぱりとした風味も合っていてトータルの味が纏まっていてめちゃくちゃ((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。
20180428 (588)_R


伊勢地方はあおさ海苔の名産地でもあるんです。

たっぷり入ったあおさから出る豊潤な旨味と磯の風味が堪らん((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

あまりにもこのお味噌汁が美味しかったので、お土産屋さんであおさ海苔を2パック買って帰りました(#^.^#)
20180428 (586)_R
この日はとても天気がいい日だったので五十鈴川の水面がキラキラ輝いていたのがとても印象的でした。

また伊勢に来た時は寄りたいと思います。

(^人^)ごちそうさまでした。


すし久
0596-27-0229
三重県伊勢市宇治中之切町20

category: 三重県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: 寿司. 
tb: 0   cm: 0

△top

素材重視で味付けてるねぇ@三重県伊勢市 いちしな 

 

三重県伊勢市にありますカフェ「いちしな」に行ってきました。

奥さんと一緒に三重県に観光に来ています。

志摩スペイン村と伊勢神宮を中心に観光する予定です。

事前に旅行計画を練っていた際に伊勢市にオサレなカフェがあるのを発見していたので先ずは寄らせていただきました。

伺ったのは土曜日の開店直後、お店はレトロな作りで以前は工場か倉庫のように思える広々とした作りになっています。

40人ほどが座れそうな広い店内ですが、開店直後にもかかわらず席は女子のグループやカップルを中心に八割方埋まっています。

若い子が多いのでおじさんとおばさんのカップルはちょっと浮いてしまいがちだよね・・・と思いながらもせっかく三重県に来たのだからと着席いたします。

着席すると店員さんが直ぐにお茶とおしぼりを持ってきてくれたのでオススメを聞いてみると、「季節の香り御膳」1680円がオススメとのことなので、ちょっとお高いのですがそちらをお願いしました。
20180428 (362)_R


奥さんとお店の装飾を眺めながらのんびりとおしゃべりをして待つ事20分少々で季節の香り御膳が出てきました。

1680円するだけあっておかずが多くて豪華ですね。
20180428 (347)_R


メインのおかずは、鳥もも肉のグリルと4種のネギとなっています。
20180428 (348)_R


白髪ねぎをかき分けると、パリパリの皮が美味しそうな鳥もも肉のグリルが鎮座しています。

では、さっそく(^Q^)いただきまーす。

少しとろみがついている餡に鳥肉を絡めていただきます。

素材を重視した薄味の餡なので鳥モモの旨味がダイレクトに味わえて((美^~^味))♪♪おいし~

焼き色のついたネギや白髪ねぎなど、ネギのいろんな香味がモモ肉と絡み合って美味しさが増幅しますね。

ホントに噛む度に旨味がジワジワと出てくるのでとても良い鶏肉を使っているんでしょうね。

このメインのおかず、美味しいなぁ。

奥歯でずっと噛んでいたいくらい美味しい鶏肉です。
20180428 (354)_R


野菜の天ぷらはお洒落なスティック状になっています。

特にエリンギの天ぷらが((美^~^味))♪♪おいし~かったです。
20180428 (350)_R


サラダや小鉢も野菜がふんだんに使われていてとても彩が良くて女子受けする可愛さがありますね。
20180428 (351)_R


2人が食事を終える頃には入店待ちのお客さんが随分並んでいました。

そんな状況でも店員さんは食後のコーヒーとデザートを慌てず丁寧にコーヒーを淹れて出してくれました。

決して急がないのが大阪とは違うところですねー。

おお!丁寧に淹れてくれただけあって、アイスコーヒーが作り置きとは全然違って((美^~^味))♪♪おいし~

この香りの高さ、ホットコーヒーではよく味にしますが、アイスコーヒーでこれだけの香りはなかなかやりますなぁ。

うーん♪美味しいアイスコーヒーでいい持ちです。
20180428 (359)_R


デザートのフルーツやチョコも手を抜いていない((美^~^味))♪♪おいし~さです。
20180428 (360)_R
どのおかずも素材の味が活きていたのでお洒落なだけではなくて腕も確かなお店でした。

(^人^)ごちそうさまでした。


いちしな
0596-63-7117
三重県伊勢市船江3-11-2

category: 三重県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: カフェ. 
tb: 0   cm: 0

△top

油が少ない肉の方がより美味しい@三重県亀山市 亀八食堂 

 

三重県亀山市にあります焼肉屋さん「亀八食堂」に行ってきました。

長島リゾートで行われたゆるキャラグランプリの帰りに寄りました。

亀八食堂には過去に3・4回お邪魔していてまったりとした味噌に絡んだうどんが美味しいので帰りに寄ろうと決めていました。

予定ではもっと早くにお店に来れると思っていたのですが、思っていた以上に駐車場からの出庫と国道23号線の渋滞が酷くて時間が掛かっちゃいましたね。

しかし、なんとか渋滞を抜けて亀八食堂に・・・・・、すっかり夜になって亀八食堂はディナータイムのピークとなっておりお店の外にまで入店待ちのお客さんで溢れています。
20171217 (639)_R


店内にはウェイティングボードが置いてあるので名前を書いて待つ事に・・・。

味噌が焦げた事によって立ち昇る煙が充満する店内で待つ事30分、ようやく席が空きました。
20171217 (627)_R


亀八食堂はお茶やトングなどはセルフになっているのでセルフコーナーに置いてあるワンカップのコップにお茶を注いで席に座ります。
20171217 (631)_R


亀山みそ焼きうどんのパイオニアとして有名な亀八食堂ですが、こちらはあくまでも焼肉屋さんなので「みそ焼きうどん」というメニューはありません。

うどんはあくまでも焼肉に混ぜ合わせる食材の一つという扱いなので、みそ焼きうどんを食べたい時は食べたい部位のお肉とうどんを注文するという事になります。

またこちらのお店は一般的な焼肉屋さんとは違い、バラとかロースとかお肉を注文すると注文したお肉と一緒に大量のキャベツと味噌タレが一緒に出てきます。

なので焼肉を楽しむ時でも焼いたお肉をタレに付けて食べるのでなく、鉄板の上でお肉とキャベツを味噌タレに絡めて炒めるという焼肉になっています。

その味噌炒めの中にうどんを入れたのが有名になった・・・という事になります。

と、うんちくはこれくらいにしてお肉の注文ですが、この日はお客さんがとても多い日だった事もあって、売り切れている部位が多く、人気のホルモン類は全然無いとの事です。

前回来た時は「ホルモンB」で食べたみそ焼きうどんが美味しかったので今回もホルモン系でいこうと思っていましたが無いのであれば仕方ありません。

というわけで今回は「ロース」600円+「牛バラ」650円+「うどん玉」2玉200円をお願いしました。
20171217 (628)_R


お店はまだまだお客さんでいっぱいなので店員さんたちはみんなバタバタしています。

亀八食堂は満席だと100人以上となる大箱のお店なのでそりゃあこれだけの人数の注文をこなすのは時間がかかりそうだと思うので15分ほど静かに待っていると注文が出てきました。

とにかく忙しいのでざるからお肉とお味噌とキャベツを鉄板に移すと店員さんは颯爽と去っていきました。

っていうか、モヤシが入ってたような気がするんですが??

今回はキャベツだけですね・・。

ひょっとしたら注文する部位によってモヤシの有る無しがあるのかもしれませんね。
20171217 (632)_R


まぁそんな事を考えている暇はありません。

移したままの状態では味噌タレが一部分に集中しちゃうので万遍なく味噌タレが絡むようにまぜまぜしながら美味しくなるようにじっくりと育てるように焼いていきます。
20171217 (633)_R


万遍なく味噌が絡んだあたりでうどん玉を投入~~。
20171217 (634)_R


そして一気に焼き上げて~・・・・。

イイ感じに出来上がり~~~。

我ながら上出来だと思います♪。
20171217 (635)_R


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

お!

前回のホルモン系で食べた時はホルモンの脂とコクがうどん玉に移って美味しかったのを覚えていますが、今回のロースとバラの場合だと脂が少ないので、甘い味噌タレの旨味がよくわかって((美^~^味))♪♪♪♪おいし~ですね~。

ホルモンで食べるみそ焼きうどんも美味しいのですが、私的には脂の少ない赤身系のお肉で食べるみそ焼きうどんの方が味噌味のいい部分が感じられていいなぁと感じました。

しかしながら味噌タレはすぐに焦げてしまうので、みそ焼きうどんが出来上がったら食べる事だけに気を取られず、コンロの火を小さくしてみそ焼きうどんを鉄板の縁に寄せる事を忘れてはなりません。

これをしっかりとやれば最後まで甘い味噌味の美味しさを堪能出来ますよ。
20171217 (636)_R
赤身系のみそ焼きうどんおすすめです。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の亀八食堂
その1 ホルモンB+センマイ+うどん玉+とん汁

亀八食堂
0595-82-0828
三重県亀山市布気町1799

category: 三重県

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: うどん・そば.  焼肉・牛肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top