FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

和歌山ラーメンらしくない和歌山ラーメン@和歌山県和歌山市 〇イ 

 

和歌山県和歌山市にありますラーメン屋さん「ラーメン〇イ」に行ってきました。

和歌山に仕事で来ていています。

仕事は午前中で終わったので午後からは休みを取って和歌山を観光していました。

お昼ご飯は和歌山の隠れた名物である「バラホル」を食べたのですが、市内を観光するためにめっちゃ歩いたので夕方を待たずにお腹が減ってきたので名物中の名物である和歌山ラーメンを食べに行く事にしました。

私が和歌山に来たら小松原の「まるやま」に行くのですが、平日は休憩時間があるため伺っても開いていません。

時間は午後3時台、この時間で開いているお店をWEBで調べてみると、和歌山市役所の裏手に通し営業のラーメン屋さんがあったのでさっそく伺ってみました。

お店の名は「ラーメン〇イ」多くの和歌山ラーメンのお店が「中華そば」を名乗るお店が多い中こちらのお店は「ラーメン」を名乗っています。
20171104 (455)


さっそく店内に入ってみます。

白を基調としたスッキリとした店内は入った途端になかなかの獣臭がします。

この獣臭を嗅いだら和歌山ラーメンの店に来たなと思いますね。

中華そばではなくラーメンを名乗るラーメン屋さんだけあってメニューを見てみると、料理の表記も中華そばではなくラーメンと表記されています。

しかもこちらのお店ラーメンは他の和歌山ラーメンのお店ではなかなか見ないネギたっぷりスタイルのラーメンとなっています。

なので、注文時に何も言わなければ麺だけではなくスープも見えないほどのネギが敷き詰められたラーメンが出てきます。

私は大のネギ好きなので美味しいラーメンにネギがたっぷり入っているなんて願ったり叶ったりです。

というわけでさっそく「ラーメン」750円をお願いしました。
20171104 (462)


歩き疲れた足をもみもみとマッサージしながら待つ事3分少々、ラーメンが出てきました。

うわぁ!ほんまにネギが一面に敷き詰められていてネギだらけですねぇ。

めっちゃ美味しそう~。
20171104 (459)


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

ネギを掻き分けて麺をすくうとボワンと濃厚な豚骨醤油の匂いが立ち昇ります。

おーーこの臭さたまりまへんなぁと思いながら麺を啜ります。

大量のネギの風味でこってりコテコテの豚骨醤油の味がさっぱりとした味になるので獣臭がかなり軽減されてめっちゃ爽やかな和歌山ラーメンになります。

ネギは青い部分を中心に使われているのでネギの主張が強くないのでこれだけ大量のネギでもネギ臭さもなく、丁度いい感じのコクと風味と旨味で((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

豚骨醤油に大量のネギがこんなに合うなんて・・・他の和歌山ラーメンのお店もこれ真似したらいいんちゃうんと思える美味しさでした。
20171104 (461)
店名といい、メニュー名といい、たっぷりのネギといい、和歌山ラーメンっぽくない和歌山ラーメンでした。

まるやまもめっちゃ美味しいけど、ここもめっちゃ美味しいので次に和歌山に来た時にどっちに行くか迷いそうです。

(^人^)ごちそうさまでした。


ラーメン○イ 十二番丁店
073-425-6678
和歌山県和歌山市十二番丁87 ル・シャトー十二番丁一階

category: 和歌山県

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top

見どころの多い城です@和歌山県和歌山市 和歌山をぶらぶらその② 

 

仕事で和歌山に来ています。

今回の仕事は取引先のイベントお手伝いで和歌山入りしています。

イベント自体は夕方まであるのですが、多数ある取引先の中からウチの会社は午前中の担当という事で朝から和歌山入りして午前中頑張ってイベントのお手伝いをいたしました。

午後からから別の取引先な方々がイベントのお手伝いをするので私は午前中でお役御免となります。

午後からはまた会社に戻って仕事となるところですが、あらかじめ会社には午後から休みを貰っているので、まずは滅多に来ることのない和歌山で街ブラしてみたいと思います。

前の記事ではJR和歌山駅~ぶらくり丁~南海和歌山市駅と街ブラしました。

その②の今回は和歌山観光の定番中の定番、和歌山城をご紹介したいと思います。

和歌山城には現在北の大手門、西の追廻門、南の不明門址、岡口門と4つの門があります。

今回はその中の西の追廻門から和歌山城に入城しました。
20171104 (464)


お城にはそんなに詳しくない私がお城について解説するのはおこがましいのですが、和歌山城について何も書かないで記事を紹介するわけにもいかないので、軽く和歌山城について言わせていただきます。

和歌山城は標高48.9mの虎伏山(とらふすやま)に建造された、平山城です。

和歌山城は1586年(天正14)桑山重晴に始まり、1596年(慶長元)桑山一晴、1600年(慶長5)浅野幸長、1613年(慶長18)浅野長晟となり、1619年(元和5)徳川頼宣が城主となり、250年以上続く紀州徳川家が歴代城主となる時代へと移ります。

山城なので城内にはいたるところに石垣があります。

石垣の積み方には、積まれた時代によって積み方が異なっていて「野面積み(のづらづみ)」、「打込接ぎ(うちこみはぎ)」、「切込接ぎ(きりこみはぎ)」などの積み方があります。

和歌山城はそれらの時代によって違う石垣をいろいろ見る事ができる石垣好きにはたまらない城となっています。

この写真の石垣は「打込接ぎ(うちこみはぎ)」
20171104 (467)


こちらは「切込接ぎ(きりこみはぎ)」となり、天守閣を支える石垣は「野面積み(のづらづみ)」となります。
20171104 (485)


和歌山城の城内には無料で見られる小さな動物園があります。

。大正時代 に開園された歴史ある動物園で30種類ほどの動物を見る事ができます。

その中から可愛かった動物を写真に収めました。

マーラ
20171104 (475)


ツキノワグマ

爪が巻いているのが気になる~。
20171104 (471)


フンボルトペンギン
20171104 (484)


ホンシュウジカ

餌箱にピッタリと収まっていますね・・・。

この子は角がないのでおそらく女の子だと思います。

まさに箱入り娘ですね。
20171104 (479)


山城なので坂を上って天守閣へ到着~。

天守閣のを支える石垣は「野面積み(のづらづみ)」ですね。
20171104 (491)


築城当時は黒板張りでしたが1798年(寛政10)に白壁の城に生まれ変わりました。

その後落雷や戦火によって天守閣の焼失がありましたが、1958年(昭和33)に再建されて現在に至ります。
20171104 (492)


和歌山城は連立式天守という珍しい構造をしているお城になっています。

言葉で説明すると、大天守と小天守、御台所、乾櫓、二門櫓など多聞で繋がっている造りで、写真の天守二の門(楠門)を閉めると要塞になるというめっちゃカッコイイ構造になっているんです。
20171104 (494)


入城料を払っていざ連立式天守へGO!
20171104 (499)


天守二の門(楠門)をくぐって連立式天守内の中庭から望む大天守と小天守

再建から60年近く経っていますが鉄筋コンクリートで再建されただけあって目立った痛み箇所は見られずまだまだ元気そうですね。
20171104 (504)


順路は小天守~大天守~天守二の門~二の門櫓~乾櫓~御台所と連立式天守を堪能できるコースとなっています。

このような連立式天守は姫路城、伊予松山城とこの和歌山城の3城だけとめっちゃ珍しい造りで珍しいお城なんですよ!
20171104 (505)


天守閣内にはお城の展示の定番、鎧兜や・・・。
20171104 (506)


銃の展示があります。
20171104 (509)


天守閣から望む和歌山市内

北側の景色となり、左側の白いビルが「和歌山市役所」で右側の茶色いビルが「ダイワロイネットホテル和歌山」となります。
20171104 (513)


和歌山県内で一番高いビルは西牟婁郡白浜町にあるホテル「プレジデント椿」の99mが最高となっています。

2位は和歌山市沿岸部にある「和歌山マリーナシティ・シエルヴィータ」93.5mとなり写真の「ダイワロイネットホテル和歌山」は82mで和歌山県で3番目に高いビルとなっています。

JR和歌山駅前や南海和歌山市駅に数棟の高層マンションが建設中ですが最高でも78mほどとなるので100mを超すビルの建設はしばらく無いようです。

ビル好きとはしてちょっと寂しいなぁ。
20171104 (507)


多門はなが~~い通路になっていてこれまたお城観光の定番、日本百名城の写真がズラッと展示してありました。

私は黒壁のお城が好きなのでやっぱり熊本城や松山城、松江城や松本城などの威厳ある黒壁の城の写真は魅入ってしまいました。
20171104 (518)

和歌山城の堀には珍しい橋が掛かっています。

その橋は「御橋廊下(おはしろうか)」と言い、西の丸と二の丸を結ぶ橋としてつくられ、藩主とその付き人のみだけが渡ることができたと言われています。

その姿が見えないように屋根を付けている橋で、廊下橋は福井城などでも見られますが、御橋廊下(おはしろうか)ように勾配があるものはとても珍しいです。
20171104 (523)


復元された現在は城主ではない私でも渡る事ができます。

土足では渡る事が出来ないので靴を脱いで渡るのですが、日ごろの不摂生のせいで勾配のための板の傾斜の出っ張りが足の裏に当たると痛いのなんのって・・・・。

歴代の和歌山城主は橋を渡るのが痛く無かったのか?と気になっちゃいました。
20171104 (521)


御橋廊下(おはしろうか)越しの和歌山城

めっさカッチョイイな。
20171104 (527)


最後は連立式天守がよくわかる一枚。

夕焼けに染まる白壁が綺麗です。
20171104 (542)


おまけ

和歌山城の入城券が和歌山歴史館との共通券でしたので歴史館にも伺いました。

その中の展示にかつて大阪市以南でも最大の繁華街として繁栄し、昭和初期には大阪・ミナミと肩を並べるほどの歓楽街となった和歌山の中心地の写真があったので写真に収めました。

ぶらくり丁(昭和40頃)
20171104 (535)


元寺町通り(昭和初期)
20171104 (536)


本町通り(昭和12)
20171104 (537)


公園前停留所(大正12)
20171104 (538)
和歌山城はとても見どころがたくさんある城好きにはたまらないお城でした。

category: 和歌山県

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - janre: 地域情報

tag: 街ぶら. 
tb: 0   cm: 0

△top

厳しいと思いますが頑張って@和歌山県和歌山市 和歌山をぶらぶらその① 

 

仕事で和歌山に来ています。

今回の仕事は取引先のイベントお手伝いで和歌山入りしています。

イベント自体は夕方まであるのですが、多数ある取引先の中からウチの会社は午前中の担当という事で朝から和歌山入りして午前中頑張ってイベントのお手伝いをいたしました。

午後からから別の取引先な方々がイベントのお手伝いをするので私は午前中でお役御免となります。

午後からはまた会社に戻って仕事となるところですが、あらかじめ会社には午後から休みを貰っているので、まずは滅多に来ることのない和歌山で街ブラしてみたいと思います。

先ずは和歌山市の玄関駅であるJR和歌山駅から・・・
20171104 (410)


駅ビルには近鉄百貨店と・・
20171104 (412)


ファッションテナント「MIO」が入居しています。
20171104 (413)


県庁所在地の代表駅だけあって駅ビルはなかなかの大きさがありますが、駅を利用する人がとても少ないですね、、、。
20171104 (411)


駅の地下には食堂街げ形成されていますが、ここも人気は少ないね・・。
20171104 (416)


JR和歌山駅から和歌山城へと延びるメインストリート「けやき大通り」

車線が多くてとても走り易そうな道です。

県庁所在地のメインストリートにふさわしい堂々たる通りですね。
20171104 (419)


車が走る道だけではなくて、和歌山市内の道路の歩道はとても広いのが特徴的だと感じました。

道路に余裕がないところが多い大阪とは違ってとても歩きやすいです。
20171104 (420)


和歌山を代表する商店街「ぶらくり丁商店街」

本町通り、ぶらくり丁、中ぶらくり丁、東ぶらくり丁、ぶらくり丁大通り、北ぶらくり丁の6つの商店街から形成される商店街をまとめて「ぶらくり丁商店街」と言われています。
20171104 (423)


かつては大丸百貨店や映画館が点在する大きな繫華街でしたが、大丸は撤退してドン・キホーテに、数ある映画館は閉館となり商店街から人気が無くなっていきました。

随分昔、子供の頃にぶらくり丁に来た時は人がたくさん居たイメージが記憶にあったので超・超久しぶりに来て見て人の少なさを目の当たりにするとかなりの衝撃を受けます。
20171104 (424)


薬局に置いてあるサトちゃんもなんか寂し気に感じちゃいますね・・。
20171104 (426)


商店街のすぐ脇には風俗店が点在しています。

こういった風俗店がある光景を見ると、かつてぶらくり丁が大きな繫華街だったのが分かります。
20171104 (428)


商店街の中にはスマートボールのお店がありました。

スマートボールって大阪の通天閣にしかないと思ってました・・・。

和歌山にもあったんですねぇ。
20171104 (429)


商店街の中にある場外馬券場

こういった施設が出来る時は反対運動が起こり紆余曲折を経て設置されるという事だったと思います。

場外馬券場がダメとは言いませんが、商店街の衰退を食い止め再生していくには個人的にはどうかと思いますね。
20171104 (433)


街ブラをしていてちょいちょい見かけるこちらの「力餅食堂」、チェーン店やフランチャイズ店と思いきやそうではなくそれぞれが完全に独立した暖簾分け制度で展開されている食堂です。

それぞれの店舗で統一されているのは店名とロゴマークぐらいでメニューなどは自由という、個人店のようで連合店のようで、やっぱり個人店という謎多きお店です。

なので、店構えもそれぞれのお店でいろいろ違います。

そんないろんな土地で見かける力餅食堂をウォッチするのが楽しいので見かけたらブログで紹介するようにしています。

和歌山の力餅食堂は他の店舗ではあまり見かけなかったガラス張りが印象的です。
20171104 (431)


北ぶらくり丁商店街

ぶらくり丁商店街の中でも北側に位置する北ぶらくり丁商店街は一層人通りが少なくて閑散としていました。

これだけ人通りが少ないとシャッター商店街化しそうなもんですが各店舗は頑張って営業しているのが救いです。
20171104 (436)


色褪せたボブサップと妻夫木君のパネルが時がこれまた寂し気です。
20171104 (438)


とあるマンションの屋上にあった給水塔がミニオン柄になっています。

これはいいアイデアでセンスありますね。
20171104 (441)


南海和歌山市駅

現在和歌山市駅駅ビルを建て替えをしているところです。

かつて和歌山市駅には高島屋が入居していましたが、平成26年に撤退してしまいました。
20171104 (442)


私が和歌山に伺ったのは10月下旬でした。

10月22日に接近した台風21号の影響で川が増水したことにより、樽井~尾崎間の橋脚の土台が損傷し橋の線路が曲がりました。

それによって和歌山からは大阪には行けず、尾崎駅での折り返し運転となりました。
20171104 (450)


なので、和歌山市駅にある行先表示板は特急や急行はなく行先も表示されていない普通車のみの表示となっていました。

その後の11月1日からは無事だった上り線の線路を使用して単線で運行再開したので行先が表示されていない行先表示はかなりレアな表示だと思います。
20171104 (452)


この期間は南海電車に乗っても大阪には行けない(尾崎で下車して代替バスの乗れば行けましたが)ので和歌山市駅を利用する人がほぼおらず駅前には人がほぼ居てない・・・。
20171104 (454)


最後は「和歌山バス那賀」の写真です。

和歌山市駅に向かおうと思って信号待ちをしていたら目の前を右折待ちしているバスが・・・・・・・なんか見覚えあるカラーリングやなぁと思って写真を撮って写真を見直して見ると高槻市バスのカラーリングである事に気が付きました!

なんでこんなに高槻市バスに似てるんやろと思って家に帰ってから調べてみたら、高槻市バスから払い下げられたそうですね。

払い下げを受けるのはいいけど、カラーリングをそのまま使う和歌山バス那賀がスゴイと思います。
20171104 (445)
和歌山をブラブラした印象は、お世辞にも活気があるとは言えない寂しさを覚える場所が多かったのが印象的でした。

平成26年には紀ノ川の北側の和歌山大学前付近にイオンモールが完成したことによって和歌山市中心部の集客力はより落ちたように思います。

かつての繁栄を取り戻すのはかなり難しいと思いますが頑張ってほしいと願います。

category: 和歌山県

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - janre: 地域情報

tag: 街ぶら. 
tb: 0   cm: 2

△top

隠れた和歌山名物@和歌山県和歌山市 カレーヤ 

 

和歌山県和歌山市にあります食堂「カレーヤ食堂」に行ってきました。

仕事で和歌山に来ています。

今回の仕事は取引先のイベントお手伝いで和歌山入りしています。

イベント自体は夕方まであるのですが、多数ある取引先の中からウチの会社は午前中の担当という事で朝から和歌山入りして午前中頑張ってイベントのお手伝いをいたしました。

午後からから別の取引先な方々がイベントのお手伝いをするので私は午前中でお役御免となります。

午後からはまた会社に戻って仕事となるところですが、あらかじめ会社には午後から休みを貰っているので、まずは滅多に来ることのない和歌山で美味しいものを食べてその後和歌山を街ブラしてみたいと思います。

事前に和歌山で食べるお昼ご飯のお店を調べていたら、バラホルという豚肉料理が和歌山のB級グルメとして存在しているようですので取引先からは少し離れているのですが、さっそく伺う事にしました。

お店の名前は「カレーヤ」。

お店の名前からも分かると思いますが、バラホル以外にカレーライスも名物となっているようです。
20171104 (394)


お店の入り口にはバラホルを宣伝する目立つ看板が掲げられています。

これだけ堂々と宣伝されるとかなり美味しいんだろうと期待が高まりますね。
20171104 (395)


メニューを見てみると名物のバラホルが一番先頭に書いてあるのでお店側の力の入れようが伝わってきます。

バラホル自体は480円とリーズナブルな価格となっているのですが、事前にwebでチェックしていたら少し少な目と書いていたので、メニューには書いていない「バラホル」の1.5倍720円と「ライス」190円ををお願いしました。

注文から8分少々でバラホルが出てきました。

バラホルのホルはおそらくホルモンの事を指しているんだと思いますが、出てきたバラホルのお肉は豚バラ肉だけになっています。
20171104 (398)


ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

味付けはかなり濃厚。

そして甘いです。

味のイメージとしてはトンテキのタレをもう少し甘くした感じといった所でしょうか。

お肉は焼いたというよりボイルしたバラ肉にタレを絡めたような感じのふっくらとした感じなのでプリンとした弾力があって食感が良くて((美^~^味))♪おいし~です。

甘いタレだけだと甘さに引っ張られるので横に添えてあるからしを付けて食べるとピリッとした辛さが甘味を抑えてくれてより一層((美^~^味))♪♪おいし~くなります。

それにしても味が濃いからめっちゃご飯がすすみますねぇ。

この甘くて濃いタレ、くせになりそうです。
20171104 (399)
いつも和歌山に来たら和歌山ラーメンばかりを食べているので今度から和歌山に来た時には選択肢が増えそうです。

(^人^)ごちそうさまでした。


カレーヤ食堂
073-422-9325
和歌山県和歌山市湊紺屋町1-11

category: 和歌山県

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: とんかつ・トンテキ・豚肉料理. 
tb: 0   cm: 0

△top

お腹いっぱいでも大盛ペロリ@和歌山県和歌山市 井出商店 

 

和歌山県和歌山市にありますラーメン屋さん「井出商店」に行ってきました。

突然の平日休みを利用して和歌山にラーメンを食べに来ています。

この日はラーメン祭りとなっていて、1軒目は有田市の「清乃」、2軒目は和歌山市の「丸三」でそれぞれ美味しいラーメンを堪能しました。

ラーメン祭りの締めくくりである本日3杯目のラーメンは、和歌山ラーメンを全国区にした和歌山ラーメンを牽引して来た超有名店、「井出商店」で〆たいと思います。

井出商店にはずいぶん昔に難波に出店していた時に一度行った事があるだけで、本店は初めてとなります。

お店の裏手には10台以上停められる駐車場が完備してあるので安心です。
20170503 (427)_R


車を駐車場に停めて井出商店に入店です。

伺った時間が2時を回っているので、いくら人気の井出商店と言えども平日の2時を過ぎたら行列はありません。

奥のカウンターに座って壁のメニュー表を確認します。

味は忘れましたが、ずいぶん昔なんばで食べてとても美味しいと思ったのだけは覚えています。

「清乃」「丸三」とラーメンを2杯食べた後でお腹がいっぱいですが、せっかく井出商店に来たし後悔したくないので「大盛中華そば」800円をお願いしました。
20170503 (426)_R


目の前には和歌山ラーメンのお店ではお馴染みの早なれ寿司と巻き寿司が置いてありますが、この日はすでにラーメンを2杯食べているので当然のことながら手を伸ばす事はありません。

なので、注文を待っている間は壁に貼られている有名人のサインの数々を拝見・・・すると、お店がガタガタと小刻み揺れるではありませんか!

お店はかなりボロく、前の道は交通量の多い幹線道路なので、大型トラックやトレーラーが通るとお店が揺れるんですね。
20170503 (418)_R


連日お客さんがたくさん来てそれなりに儲けてるんやったら頑丈な店に建て替えたらいいのにね〜と思っていたら中華そばが出て来ました。

大盛にしただけあってスープの中は麺だらけですね。
20170503 (419)_R


では、(^Q^)いただきまーす。

スープを飲んでみます。

あ、((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

豚骨臭はしますが、後味で軽く横切る程度なので豚骨嫌いのかたでも問題なく食べられるレベルだと思います。

醤油の風味もキツすぎずまろやかて優しく香ります。

豚骨も醤油も程よい量なので何かが強すぎるという事が無く良い塩梅ですね。

やっぱり和歌山ラーメンを牽引してきたお店だけあって幅広い人に支持される味がしますねー。

やわ目に茹でられた麺はふわっとしていて何気にエアリーな軽さを感じます。

麺が軽いのでお腹はいっぱいですが、ツルツルと完食いたしました。
20170503 (420)_R
この日は「清乃」「丸三」「井出商店」の3杯のラーメンを食べお腹いっぱいになりましたがどのお店のラーメンもとても美味しかったです。

(^人^)ごちそうさまでした。


井出商店
073-424-1689
和歌山県和歌山市田中町4-84


井出商店ラーメン / 田中口駅和歌山駅

category: 和歌山県

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top