かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

あいつが食べられるカレー発見!@大阪市中央区 福仙樓 

 

大阪市中央区にあります中華料理屋さん「福仙樓」に行ってきました。

私が内勤の際にいつも一緒にランチ行く、ランチの相棒は辛いものを食べるとうそでしょ??と思うくらい大量の汗をかいてしまう、超汗かき体質なんです。

その汗の量は尋常ではなく、私的にそんなに辛くないと思っているカレーライスでもシャワーを浴びた直後のような汗だく状態になっちゃうのです。

しかしそんな奴(相棒)ですが、決してカレーが嫌いなわけではないのです。

なのでこれまで奴が食べられるのではないの?と思える辛くないカレーが食べられる、職場周辺のお店に何軒か行きましたがことごとく汗をかいてしまう始末・・・・。

この店のカレーでもアカンか・・・・と諦めかけていたある日、他部署の人と一緒にカレー焼きそばが人気の中華料理屋さん「福仙樓」に行った際に、他の人が食べていたカレーライスを見て、このカレーやったら奴が汗をかかずに食べられるんじゃないん?と思ったので後日奴を連れてやってきました。

お店に入店して相棒に付き合う形で私も「カレーライス」510円をお願いします。

こちらのお店のお昼のメニューは、一番人気の「カレー焼きそば」以外に「焼きそば」「焼き飯」「カレーライス」の4種類が基本となっています。

中でもカレーライスはそれらほかのメニューの中でも出てくるのが一番早く、注文して4・5分待っただけで出てきました。

少し影が掛かっていて色が分かりにくいのですが、こちらのカレーは野菜が主役のカレーとなるので、色が緑色掛かったカレーになっています。

具の構成ですが、メインとなるキャベツを筆頭に、玉ねぎ、エビ、イカ、豚肉などの具がいっぱい入っています。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

うん!思った通り辛くないカレーです。

キャベツが大量に入ったカレーなのでキャベツの甘味が前面に出ていて甘味重視なカレーになっています。

見た目でもお分かりだと思いますが、今流行りのいろんなスパイスを調合したスパイスカレーとは全く違う、昔懐かしいカレー粉がメインで作ったタイプの優しい味わいのカレーとなっています。

そこにキャベツなどの野菜の甘味がドーンと加わっているので、カレーの味よりも野菜の甘味を味わうという感じになるのですが、この野菜の甘味が主役のカレーが意外にも((美^~^味))♪おいし~んですよね~。

私は辛いものが好きなので、カレーも辛くないとカレーではないと思っちゃうタイプの人間ですが、こちらの辛さが全くなくて野菜の甘味が前面に出ているこのカレーライスも、これはこれでイイね。
20170827 (819)
肝心の奴が汗をかかずにカレーを食べれたかというと、、、

額にじわ~~っと汗が滲み出ていましたが、汗が垂れるという事はなかったので、無事汗をかかずに食べられるカレーを見つける事が出来ました~。

っていうか、逆にこの程度の辛さというか、甘味が前面に出ているカレーでも汗が滲み出るってやっぱ奴の辛いものに対する汗かき反応は凄いっすね。

(^人^)ごちそうさまでした。


過去の福仙樓
その1 カレー焼きそば
その2 カレー焼きそば


福仙樓
06-6231-0019
大阪府大阪市中央区北浜3-3-11

category: 淀屋橋・本町・船場

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: カレー. 
tb: 0   cm: 0

△top

「大のカツ」お兄ちゃんイケます?@大阪市浪速区 マドラス 

 

大阪市浪速区にありますカレー屋さん「マドラス」に行ってきました。

お盆休みを利用して九州の親戚が大阪に遊びに来ています。

今回ウチに来たのは中学と高校の甥っ子2人だけです。

なので、ここに居てる間は私達夫婦が保護者となって面倒を見ないとならないので甥っ子達にUSJでも行くか?と言うと、USJじゃなくて日本橋に行きたいとの事、なんでも甥っ子達は電気関係に目覚めたらしく、電気工作に必要なパーツを見たいとの事です。

甥っ子の親である私の従兄弟は電気に疎いのに、甥っ子は電気に興味を持つなんて不思議やなぁと思いながらも私もこれくらいの年齢の時に電気工作にハマったな、、、と懐かしく思います。

どんなん作ったのかを聞いてみると、定番のラジオやセンサーを筆頭にLEDの表示板などを作ったとの事。

電気工作をかじった人間なら作ったもので大体の腕がわかりますが、甥っ子達はまだ初心者レベルと判断できます。

私が電気工作していた時代に比べるとパーツの種類や電子化が進んでいて分からないところもありそうですが、基盤にはんだを使って組み立てるという基本は変わらないので多少はアドバイスできそうです。

というわけで甥っ子2人を連れて日本橋のパーツ屋さんに伺いました。

日本橋のパーツ屋と言えば「デジット!」が定番です。

久々に来ても昔と変わらずゴチャゴチャした感じが超マニアックですねー。

言葉悪いですが、こんなごちゃごちゃしたバーツなんて、電気工作に興味を持ってない人からしたらゴミの山ですもんねぇ。

しかし甥っ子達には宝の山に見えているようで、デジットに入った瞬間から目がキラキラしています。

二人はこの日に備えてお小遣いも貯めていたようで、パーツや組み立てキットをアレコレとトレーにうつしていきます。

そんな彼らを見ていたら私もキットを買って久しぶりに組み立ててみたくなりましたが、私は老眼が進んできて、ちゃんと見えそうにないので買うのをやめておきました。

そんな折にお兄ちゃんが弟に「お前、こんなコンデンサ買っても使いこなせないからやめとけ」。

弟、「いや大丈夫」と兄弟げんかが勃発。

私が間に入って仲裁する事に・・・

弟からこのコンデンサをどう使うかの話を聞くと、ちょっとちゃうというか、理解していないようなのでお金ももったいないので今回はやめておこうという事でなんとか落ち着きました。

そんなこんなでバタバタしながらもデジットで買い物をしてお昼ご飯にする事に、、、

私が電気工作にハマっていた時はデジットからカレーを食べるというコースが多かったので久しぶりにカレーを食べる事にしたいと思います。

私がデジットに通っていたころにはなかったのですが、7・8年前にマドラスのカレーにハマっていた時期があったので超久しぶりにマドラスに伺う事にしました。
20170827 (809)


記憶が定かではないのですが、表に垂らしてあるちょっとやる気のない段幕は当時とあまり変わってないような気がします。
20170827 (813)



こちらのメニューはカレーのみで、大中小の量とトッピングの選択するシステムになっています。

ここのカレーは小でも結構な量があるので、普通の人は小で十分です。

しかし私はこのお店の甘辛なルーが大好きなので、ここに来た時はかなり大盛りな大を注文する事が多かったので、今回も昔を思い出して「大のカツ(カレー大のカツトッピング)」1000円をお願いしました。

すると、甥っ子達も私に追随して「俺も大のカツ」と便乗して来ました。

私が「ここの大は超大盛りやからお前ら食べられへんのんとちゃうか?」「無難に中にしといたらどないや?」と言うと、高校の兄が「俺は楽勝で食える」とか言うもんやから中学の小柄な弟も「俺も楽勝〜」とか言う始末・・・。

弟は同い年の子たちの中でもおそらく小柄なほうやからほんまに食べられるか心配やけど、さっきパーツ屋さんでパーツを諦めさせられた経緯があるから今回は折れる気はなさそうです。

最後まで残さず食べ切る事を約束して全員「大のカツ」をお願いしました。

するとお姉さんが、大皿にルーを盛る前のご飯だけの状態の器を弟に見せて「お兄ちゃん大これだあるけどいけますか?」と弟をジッと見て聞いて来ました。

それを見た兄が思わず笑い出し、その直後弟の顔が真っ赤になりました。

店員さんは兄や私には聞かないのに弟にだけ聞かれたのが恥ずかしかったのでしょう、真っ赤な顔で「大丈夫!!」と強い返事をしていました。

まぁ小柄な弟やから、弟だけに聞いてしまうのはしょうがないと思いますが、兄に笑われて相当悔しそうなのがかわいそうです。
20170827 (810)


このくらいの時期の兄と弟って多感で微妙な時期だよなぁと、しみじみ感じていたらカレーが出て来ました。

写真ではいまいち大きさが伝わらないので、左上に爪楊枝を置いてみました。

爪楊枝がかなり小さいので、いかにカレーのお皿が大きいかなんとなくおわかりいただけるかなと思います。

ではさっそく(^Q^)いただきまーす。

超久しぶりやけど、やっぱりマドラスのカレーは甘辛で((美^~^味))♪♪♪♪おいし~なぁ!

大阪カレーの代表的なお店、インデアンカレーと良く似た、始め甘くてそのあと辛い、典型的な大阪カレーのテイストになっています。

しかしマドラスのルーは始めにくるフルーツ系の甘味がインデアンカレーよりより一層甘味が強くてフルーティです。

なので、その後からくるスパイス系の辛味がグッと引き立って((美^~^味))♪♪♪♪おいし~っすねぇ。

甘味がハッキリしているので、舌が甘味に慣れる事がなくルーを口に入れるたびに甘い!そして辛いを繰り返します。

この入れ替わる甘辛の味覚の変化が堪らん旨いです。

久しぶりに食べたけどやっぱりマドラスのカレーは旨い!
20170827 (812)
と甥っ子達を見てみると、兄も弟も汗が吹き出しています。

マドラスのカレーは私的にはそこまで辛くないんやけどなぁ・・・・・。

兄のほうは汗をかきながらも頑張って完食。

弟は、、、、、辛さとご飯の多さと格闘しながら満タンのお腹を「ふー!ふー!」とさすりながら苦悩の表情を浮かべながらなんとか完食していました。

お店を出てからの弟が無口になって動きが悪くなったのは言うまでもありません。

多感な時期の男兄弟って大変やね。

(^人^)ごちそうさまでした。


マドラス
06-6644-9020
大阪府大阪市浪速区日本橋4-3-12

category: 浪速区・西成区・住之江区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: カレー. 
tb: 0   cm: 0

△top

250円でこの美味さは凄すぎです@大阪市住吉区 たえちゃん 

 

大阪市住吉区にありますお好み焼き屋「たえちゃん」に行ってきました。

仕事で馴染みの取引先に来ています。

こちらの取引先の社長や担当者さんはとても気さくで、いつ訪問しても私によくしてくれます。

付き合いも長く、取引先の方でありながらお昼ご飯をご一緒させていただく機会が多い取引先となっています。

今回の訪問もそんな感じになっていて、仕事の話が終わるや否や取引先の方が「美味い店を見つけたから早よメシいこ」と言って来ました。

私が「近所ですか?」と聞くと、「そこの商店街の中にあるお好み焼き屋さん」との事です。

今、伺っている取引先からは歩いて行ける距離なので、取引先の方と一緒に歩いてそのお好み焼き屋さんに伺う事にしました。

取引先の方に今から行くお店がどんなお店かを聞きながら向かいます。

なんでもそのお店はテイクアウトがメインのお店ですが店内でも食べる事が出来るお好み焼き屋さんとの事です。

驚くのがお好み焼きの値段がめちゃ安で。お好み焼きが一枚250円との事です。

私は食べ歩きが趣味なので、250円のお好み焼きという値段を聞いても大阪では250円でお好み焼きを売っているお店はちょこちょこ見かけるし、食べた事もあるのでさほど驚くことはありません。

が、しかし、取引先の方が立て続けに、「ここのお好み焼きは250円の味じゃなくてめちゃくちゃ美味いねん」と、興奮気味に言ってきます。

250円のお好み焼きでこんなに興奮するなんてとにかくそこのお好み焼きは取引先の方を興奮させる美味さがあるんでしょうね。
20170827 (789)


そんな事を思っていたらお店に到着しました。

外観は大阪の商店街でよく見る普通のテイクアウトのお好み焼き屋さんって感じですね。

さっそく店内へ入ります。

扉が無い開放的なお店なので、暑い夏のこの日には店内で涼む事は出来そうにありませんが、お母さんがそんな汗をかいている私達に扇風機の風を直接当ててくれました。

店内はクーラーも付いているので、冷たいクーラーの風が扇風機に乗って風があたるので涼しいですね。

取引先の方がいつも食べる「ぶた玉」250円と「焼そば」250円を注文してくれたので注文が出て来るまでお母さんが焼くお好み焼き焼と焼そばを作る調理風景を見ながら出て来るのを待ちます。

手際よくそばを焼く光景を見ていたら何やら金属のリングを鉄板に置きました。

このリングは何に使うの?と思っていたら、お母さんがリングの中に生卵を割り入れました。

その瞬間に目玉焼きを作るためのリングやったんやね〜と理解。
20170827 (790)


お好み焼きに使うのか焼そばに使うのか分からないですが、250円のメニューに対してリングを使ってキレイな円の目玉焼きを焼くなんて随分手間を掛けるんやね〜。

と、感心していたら焼そばから出てきました。

焼そばの上には目玉焼きがかわいく鎮座しています。

目玉焼きは焼そばの上に乗っけるためのものだったのですね。

250円焼そばに目玉焼きまで乗っけるってえらいサービスの良いお店ですね〜。

そんな事を感心していたらお母さんが「暑いけど鉄板に火付けた方が美味しいから鉄板に火付けよか?」とおっしゃってくれたので鉄板に火を付けていただきました。

そうこうしているうちにぶた玉も焼き上がり、鉄板の上にお好み焼きと焼そばが並びました。

大阪人が好きな粉もんのツートップが鉄板の上に揃う光景は大阪人で良かったな〜と思う瞬間ですね。
20170827 (795)


ではさっそく半熟の目玉焼きが乗った焼そばから(^Q^)いただきまーす。

取引先の方が私の一口目の焼そばを口に入れる瞬間を凝視していますがそんな事は気にしないで焼そばを頬張ります。

うわ!((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

麺がモチモチ!水分が多く含んであってしっとりしています。

こんな事を言ってはなんですが、250円の焼そばやから、いくら取引先の方が美味しいと言っていてもそれなりの美味しさやと思っていましたが、この焼そばは500円は以上はするそこらへんのお好み焼き屋さんの焼そばよりモチモチしっとりしていて((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。
20170827 (793)


しかもソースをケチらずたっぷり掛けてくれているので、ソースの酸味が口いっぱいに広がって美味しい後味がしばらく継続してくれます。

そこに半熟玉子のマイルドな旨味が纏めてくれるから2度3度と((美^~^味))♪♪♪♪おいし~焼そばになっています。

「なにこの焼そば!250円でこんだけ旨い焼そば食った事がない」と思わず口から漏れてしまうくらいここの焼きそばは旨いです。
20170827 (797)


ぶた玉

お好み焼きをテコでカットして(^Q^)いただきまーす。

このお好み焼きも一口食べて250円の味じゃないのがわかります。

さっきの焼そばを食べた時も言いましたが、500円以上するそのへんのお好み焼き屋さんのぶた玉よりも遥かに出汁の風味が効いていて((美^~^味))♪♪♪♪おいし~です。

加えてお好み焼き使っている少し甘味の強いソースがこれでもかというくらい((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

一般的なお好み焼きのソースはソースだけを舐めるとツンとくる直接的な酸味が効いているので尖った味がするのですが、ここのソースは酸味はちゃんとあるのに尖った感じが全くないので、ソースだけを舐めてもツンとした感じがなくてまろやかなんです。

このまろやかな酸味が出汁の効いた生地にマッチしていて、これ以上ない相性の良いお好み焼きとなっています。
20170827 (796)


っていうか、ここ最近食べたお好み焼きの中では間違いなく一番((美^~^味))♪♪♪♪おいし~お好み焼きです。

それくらいここのお好み焼きは250円とは思えないくらいのスゴイ美味さだと思います。
20170827 (798)
取引先の方に「ホンマにめちゃくちゃ美味いですわ」「こんだけ美味くて250円は信じられないですわ」と言うととても嬉しそうな顔で「せやろ」と言っていました。

また仕事で長居に来た時に再訪するのはもちろんですが、プライベートでもまた来させていただきたいと思います。

大阪のお好み焼き屋さんはやっぱりレベルが高いなぁ・・・。

(^人^)ごちそうさまでした。


お好み焼き たえちゃん
06-6624-9125
大阪府大阪市住吉区長居3-5-1

category: 昭和町・西田辺・長居・あびこ

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: お好み焼き・焼そば. 
tb: 0   cm: 0

△top

陰の功労者「奥さん」@大阪市西成区 釜揚げ饂飩楽 

 

大阪市西成区にありますうどん屋さん「楽」に行ってきました。

休日の昼下がりに自転車でぶらぶらしている時に、あるお店に目がいったというか、美味しいお店オーラが出ているのを感じたのでお店に近寄って見ました。

和風の外観から和食に関するお店であるのは分かりましたが、私は目が悪いためお店に掲げてある看板がよく見えないのでお店に近寄ってみると釜揚げうどんと書いてあります。

うどん屋さんなんやね〜。

そう言えば最近うどん食べてないな・・・。

真夏に釜揚げうどんは暑いけど、美味しいお店オーラ出てるし、久しぶりにうどんもいいなぁと思ったので入ってみました。

店内は黒がベースのシックな作りで高級感があるお店ですね。

こんな事を言っては玉出に住んでいる人に怒られそうですが、新地などでも通用するシックな感じが玉出っぽくない感じすらしますね。

カウンターからは調理風景がよく見える作りになっているのでカウンター席に座らせてもらいます。

私が伺った午後2時前でもお客さんの入りは上々で、8割がた席は埋まっています。

しかしその席に座っている先客のお客さんたちの食べているうどんをカウンター席に座る前に見てみたところ、私の見える範囲では誰も釜揚げうどんを食べている人がいないんですね。

「え?」と思ってお品書きを見てみると、入り口にデカデカと掲げてある看板メニューと思われし「釜揚げうどん」はメニューの序列でも下位グループに書いている状態です。

では、逆に何が人気なのかと言うと、他のお客さんはぶっかけ系の冷たいうどんを食べているお客さんが多いのです。

それを物語るようにお品書きのトップに書いてあるメニュー名もぶっかけうどんとなっています。

同じうどんでも釜揚げとぶっかけって全く茹で時間はおろか、うどんを製麺する工程も全然違うんやけどなぁ。

一体この店は釜揚げが看板なのか?ぶっかけが看板なのか?が分からない状態に陥りながらも、他のお客さんの多くが食べている物が美味いと判断し、「ちく玉天ぶっかけ(冷)」850円をお願いしました。

お店は八割方お客さんで埋まっているので、厨房は忙しそうです。

そんな繁忙なお店の調理風景を凝視しているとある事に気がつきます。

それは奥さんがスゴイということです。

奥さんがお店全体をよく見ていて、配膳を担当する女の子たちにお客さん注文の配膳の順の説明をするのはもちろんの事、大将がうどんを完成させるタイミングを見計らってセットのご飯を盛るタイミングの声掛けやレジ対応、お客さんから催促される前の湯茶のおかわり提供の指示など、うどん作りと揚げ場以外の全てを的確に取り仕切っています。

その奥さんの動きはとてもしなやかで無駄がなく、まさに司令塔と言うべき素晴らしい状況把握ぶりです。

この奥さんの素晴らしい司令塔ぶりがあるから大将はうどん作りと揚げ場に専念出来て美味しいうどんを提供する事が出来るんだろうと、注文が出てくる前の調理風景を拝見していて分かります。
20170827 (784)


これだけチームワークがまとまったお店であればそりゃあ美味しいお店オーラが出ている筈だわと思っていたら、お待ちかねのうどんが出て来ました。

麺がツヤツヤしていていて美味しそうと思って、食べやすいように自分の身体に器を近づけるため器を触ったらなんと、器がキンキンに冷えているのです。

そう、それは生ビールのジョッキを凍らせてくれている居酒屋のように、器をキンキンに冷やしてくるているのです。

ああ、このクソ暑い日に清涼感を感じさせてくれるなんて素晴らしいサービスなんでしょう。
20170827 (785)


器を両手で触るととても涼やかな風が吹き抜けていくような清涼感に包まれながら(^Q^)いただきまーす。

あ!このうどん私の好みのコシや!

めっちゃ((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

表面がツルツルしていて喉越しが良く、強すぎない程よいコシが絶妙でめちゃくちゃ((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

加えてぶっかけの出汁がでしゃばりすぎない、程よい風味の出汁感でこれまた((美^~^味))♪♪♪♪おいし~

程よいコシのうどんに程よい風味の出汁、どちらも私の好みのど真ん中でめちゃくちゃ旨くて感動しました。

このうどんはめちゃくちゃ旨いです。
20170827 (788)


ちくわ天と玉子天

ちくわ天と玉子天は揚げ時間にかなり時間差をつけていますね。

玉子天は衣がフワッとして柔らかいのに対して、ちくわ天は衣がパリパリになるくらいパリッと揚げています。

なので、ネタのちくわもカリッとしています。

このカリッとしたちくわが長い時間油で揚げる事によっていい感じに油がちくわに浸透して、カリッとしていながらジュワッとした油が染み出す旨味たっぷりのちくわ天になっています。

このちくわ天で酒を飲んだら((美^~^味))♪♪おいし~やろうなと思う旨味たっぷりのちくわ天です。
20170827 (787)
なかなか玉出に来ることはないのですが、絶品のうどんを食べにまた必ず伺います。

(^人^)ごちそうさまでした。


釜あげ饂飩 楽
06-6661-8577
大阪府大阪市西成区玉出西1-5-13

category: 浪速区・西成区・住之江区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば. 
tb: 0   cm: 0

△top

長年の謎、解けました@大阪市住之江区 おばちゃん 

 

大阪市住之江区にありますお好み焼き屋さん「おばちゃん」に行ってきました。

突然ですが、みなさんも謎に思っている事や、分からない事がたくさんあると思います。

当然の事ながら私にも長年謎となっていることが色々あるんですが、そんな謎が1つ解明されたのでご報告します。

私は南大阪のに住んでいる人間なので、住之江方面にもよく出没します。

そんな住之江に、謎のメニューがあるお店があるのです。

そのお店はテイクアウトのお好み焼き屋さんで、「おばちゃん」というお店となっています。

そのおばちゃんの店頭に書いてあるメニューは、お好み焼き屋さんやから当然の事ながらお好み焼きや焼そばなどの定番のメニューがかいてあるのですが、その中に「博多焼」なるメニューがデカデカとかいてあるのです。

その博多焼なるメニュー、どんなものなのか分からないのはもちろんの事、値段があまりにも安すぎる事も気になって仕方がないのです。

その価格はなんと、100円!100円ですよ!

100なんて、今時の自販機ではジュース1本買うことが出来ない安さですよ。

そんな100円玉一枚で食べられる粉もんとはどんなものなのか?食べ歩きが好きな人間からしたら気になって気になって仕方がないのです。

しかし、今まで幾度となくおばちゃん店の前を通りかかったのですが、朝が早過ぎたり、もう閉まっていたり定休日と思われる日だったりしてなかなか買う事が出来ませんでした。

それでも博多焼という料理が気になったのでおばちゃんの博多焼の事がwebに書いていないかと調べて見ましたが、残念ながらどこにも書いていませんでした。

というわけで博多焼が謎のまま長い年月が流れましたが、今回仕事での移動の際に前を通り掛った際にお店が開いていたので、早速博多焼の謎を解明するべく伺わせていただきました。

お店の店頭に立つや否や、おばちゃんに「博多焼」ってどんなんですか?と聞くと博多焼とは「トロロ昆布、こんにゃく、ちくわ、ネギ、モヤシが入った粉もん」と説明してくれました。

具がどんなものが入っているのかは分かりましたが、なんで博多焼という名前にしたかというのを聞いてみると、おばちゃんの遠い親戚が福岡で粉もんのお店をやっていて、そこで出している粉もんメニューをベースにおばちゃん流にアレンジしたのがこの博多焼との事です。

福岡ではこれとよく似た粉もんを出すところがチラホラあるが、それぞれ入れる具は異なり、輪切りのソーセージを入れるお店が多いとの事。

しかしおばちゃんはトロロ昆布が良いと思いつき、ソーセージではなくトロロ昆布を入れたという事です。

つまりベースは福岡にあるB級グルメからヒントを得た、おばちゃんのオリジナル粉もんという事ですね。

長年の謎が解明してとてもスッキリしました。

謎が解明したのにそのメニューを食べない奴はいないので、注文は「博多焼」100円と「焼そば」250円をお願いしました。

お好み焼きに比べるど博多焼はそんなにバンバン売れる商品ではなく、あまり作り置きをしていないとの事ですので、今から焼いてくれて作りたてを出してくれるとの事です。

焼いてくれる間は横にある長椅子に座らせていただきます。
20170827 (773)


長椅子の横からはおばちゃんが焼く調理風景が見えるので、暑い中頑張るおばちゃんの調理を見ながらのんびりと待っていたら博多焼が完成いたしました。

おばちゃんにここで食べても良いという了解を得たので、焼き立てをその場でいただきます。
20170827 (774)


ますば謎が解明した博多焼から・・・

生地にがもちもちしていてめっちゃ弾力がありますねえ。

トロロ昆布のお陰でしょうか?

和のテイストというか、出汁っぽい旨味が生地を噛むたびにフワッと広がって((美^~^味))♪おいし~です。

後からくるシャキッとした緑豆モヤシのスッキリした味わいがうまくまとまっていて、後味がなお((美^~^味))♪おいし~です。

これで100円はかなりお得ですね。
20170827 (776)


焼そば

ソースは少なめのあっさり焼そばです。

特にコレ!といった特徴があるわけではない普通の焼そばって感じですね。

まぁ、250円でキャベツや豚肉がしっかり入っているから値段からしたらかなりいけてると思います。
20170827 (775)
博多焼を食べている途中に暑いからこれ飲みといって冷えた麦茶を出してくれました。

350円しか買ってないのにお茶まで出してくれて、おばちゃんの優しさに感謝です。

(^人^)ごちそうさまでした。


おばちゃん
TEL 不明
大阪府大阪市住之江区西住之江2-2-24

category: 浪速区・西成区・住之江区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: お好み焼き・焼そば.  たこ焼き・粉モン. 
tb: 0   cm: 0

△top