かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

「だいだい」ってなあに?@大阪市中央区 そば処 一山 

 

大阪市中央区にありますお蕎麦屋さん「一山」に行ってきました。

この日のお昼は、淀屋橋のお気に入りのひじきご飯のお店、「銀じ」に向かいましたが、生憎銀じは入店待ちのお客さんがでる盛況ぶり。

完全にひじきご飯の口だったのですが、のんびりと待っている時間はないので別のお店に行くとしましょう。

銀じの横にはカレーラーメンが美味しいお寿司屋さんがあるのですが、こちらも混んでる・・・・。

困ったと思い、あてもなく南下して行くと一軒のお蕎麦やさんが目に入って来ました。

ビルばかりのオフィス街にポツンと一軒屋のお蕎麦やさんがあると逆に目立ちますね。

外観は「この地で長きに渡り商売しています」、と言わんばかりの老舗感が出ていますね。

引き戸を開け店内へ、、、、4人掛けテーブル席が7つの小さなお店には、サラリーマンやOLさんでほぼ満席状態です。

我々の入店に気付いた店員さんがこちらのテーブルで相席お願いしますと案内していただいたので、言われるがままテーブル席へ着席します。

初めての訪問でどんなメニューがあるのかがわからないので壁のメニューを見て決めようとメニューを考え始めたら、「おろしのだいだいです〜」とか、「田舎そばのだいだいです〜」とか、「ざるのだいだいです〜」とかやたら「だいだい」というワードが店内を飛び交っています。

さらには後から入店して来た常連のお客さんが店に入ると同時に「ざる、だいだい」と言いながら入って来ました。

「何やねん。だいだいって」と思っていたら、壁のメニューに「ざるそば大大」、「田舎そば大大」と書いてあるのが確認できました。

なるほど!大より量が多いのを大大と表現しているんですね。

店中ではお客さんも店員さんも「だいだい」「だいだい」と連呼されているから、昔テレビで流れていた「ノンストップゲーム」の横山ノックかと思いましたわー(この話題がわかる人は40才以上の方でしょうね)。

その大大ってどれくらいの量があるのかと思って、お隣のテーブルに運ばれて来たざるそばの大大を見てみると、思っているほど多くはなさそうと判断したので「ざるそば大大」820円をお願いしました。

注文を待っている間も、お客さんや店員さんの口から、◯◯の大大と言うワードが何度も聞こえてきます。
20170729 (357)


ホンマに横山ノックやなぁと思っていたら私の大大が運ばれて来ました。

出てきたざるそばは大大と言えどもそこまで多くはないのでペロッと食べられそうです。
20170729 (353)


薬味をそばつゆに入れて(^Q^)いただきまーす。

やや細めの麺はしっかりとコシがあっていい歯応えがしています。

噛むと少しザラッとした舌触りを感じます。

こちらのお店のわさびがとても良い風味なのでお蕎麦と合わせいただくと((美^~^味))♪おいし~ですねー。
20170729 (354)


食べ終わるころを見計らって蕎麦湯も出てきます。

最後に蕎麦湯割りをいただけるのがうどんにはないところで良いですね。

年を取るに連れて蕎麦湯割りがドンドン好きになってきている気がします。

あ~しみじみ((美^~^味))♪おいし~
20170729 (355)
食べながら思ってたのですが「大大」ってなんか言いたくワードやと思いません?

きっとこのお店の常連さんはお蕎麦が美味しいのはもちろんの事でしょうが、大大というワードを言いたくて通っている様な気さえしてきます。

実際注文する時にざるそばの大大って言ってみたらなんか嬉しかったですもんね。(*´σー`)エヘヘ

「大大」と言ってみたい方は是非どうぞ。

(^人^)ごちそうさまでした。


そば処 一山
050-5869-9510
大阪府大阪市中央区高麗橋3-1-1
関連記事

category: 淀屋橋・本町・船場

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/1376-cf5f2710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top