FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

大阪市内全駅制覇への道 その58@阪急京都線 相川駅 

 

大阪市内の駅をくまなく回る、大阪市内全駅制覇への道(ルールについてはこちらをご覧ください)

その58の今回は阪急京都線相川駅です。

相川と言えば、川に囲まれた学生さんが多い街といった印象です。

相川駅の乗降客数は約19000人となっています。

今回は相川駅を中心に相川1・2・3丁目をぶらぶらしてみました。

20171104 (227)
下記のこちらをクリックするとかおまるっちが歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。
今回のぶらぶらルートはこちらです。


先ずは相川駅のホームから、相川駅は各駅停車しか止まらない駅ですが、ホームは島式ホーム2面4線を有する大きな駅になっています。

乗降客数53000人を超すお隣の上新庄駅は快速や準急が止まる駅なのに2面2線しかないのに比べると随分相川駅はゆとりがある設備ですよね。

駅を作った時はもっと相川駅の乗降客数が多いと考えていたんでしょうかね・・。
20171104 (229)


ホームの北端からは弧を描きながら駅に入線してくる電車が見られます。

遠心力の働きを防ぐためにつけているカントがスピード感があってカッコイイです。
20171104 (233)


相川駅の近くには大阪成蹊学園があるため、相川駅のコンコースには成蹊学園の立て看板と・・・
20171104 (236)


相川駅の北側には送迎バス乗り場があります。

学生街の駅ならではの光景ですが、成蹊学園ってそんなに駅から離れてないから十分歩いて行けると思うんですけど・・・ね。
20171104 (237)


川に囲まれた駅なのでちょっと歩いたらすぐに川となります。

この川は安威川で対岸は吹田市となります。
20171104 (238)


何の変哲もない対岸の吹田市に続く安威川に掛かる橋、なんですが、、、
20171104 (241)


橋の名を「新京阪橋」と言います。

それがどうしたとお思いだと思いますが、この橋の名がかつてここを走っていた電車が「阪急」では無かったのを物語る名残りとなっています。

話は長くなるのですが、かつて阪急京都線は京阪の子会社である新京阪電鉄が敷設した路線で、天神橋から京阪京都(現四条大宮)まで電車を走らせていました。

京阪は当時から現在もある大阪天満橋から京都三条までの路線を有していましたが、こちらの路線はカーブが多く高速運転をする事が出来なかったため省線(国鉄)とのスピード競争に勝てずにいました。

そこで京阪はスピードを出し易いカーブが緩やかで直線が多い路線を新たに淀川の対岸に造ったという事です。

当時の新京阪電鉄の特急は大阪から京都間を約34分間で走り、なんと国鉄の列車をぶっちぎっていたそうです。

しかし、そんな時代は長く続かず紆余曲折を経て昭和24年に阪急京都線となったのですが、なぜ京阪が新京阪を阪急に渡す事となった経緯はハッキリと語られていないようです。

素人目に考えても高速運転が出来る大都市間のドル箱路線をそう簡単に他の鉄道会社に渡すとは思えないんですがねぇ。

阪急と京阪のパワーバランスなのか?京阪の経営が赤字だったからか?国の力が働いたからか?ネットではいろいろ噂されていますが、真相は分からないのです。

そんな歴史の名残りがこの新京阪橋です。
20171104 (242)


こちらは神崎川を渡る電車です。
20171104 (244)


相川駅のすぐ南側にあるガード

高さが1.7mしかないので天井の高いミニバンなどは通れませんね。

コンパクトカーでも結構すれすれですよね。
20171104 (247)


自転車のおっちゃんはこのガードを通り慣れているんでしょう、けっこうなスピードでガードに進入していったので頭がぶつかるっっっ!って思っちゃいました。

あ、ちなみに日本一低いガードは実は大阪市にあるんですよ。

場所は大阪市淀川区田川にあり、その高さはなんと1.2mです。

1.2mってまともに立って歩けない高さですよね。
20171104 (253)


相川駅の東側は駅を中心に放射状に道が形成さてれいます。

グーグルマップで見たら綺麗な放射の道になっているので、何となく東急東横線の田園調布駅を彷彿とさせると思うのは言い過ぎ?
20171104 (254)


大阪高等学校

私が学生だった頃は男子校だったと記憶していますが、いつの間にか共学になっていました。

関ジャニ∞の渋谷すばる君の母校なのは有名ですね。
20171104 (262)


大阪成蹊学園

クラスメイトからの人気が高く、私のクラスの女子も何人か大阪成蹊女子高等学校に行ってましたね。
20171104 (263)


最後は力餅食堂です。

街ブラをしていてちょいちょい見かけるこちらの「力餅食堂」、チェーン店やフランチャイズ店と思いきやそうではなくそれぞれが完全に独立した暖簾分け制度で展開されている食堂です。

それぞれの店舗で統一されているのは店名とロゴマークぐらいでメニューなどは自由という、個人店のようで連合店のようで、やっぱり個人店という謎多きお店です。

なので、店構えもそれぞれのお店でいろいろ違います。

そんないろんな土地で見かける力餅食堂をウォッチするのが楽しいので見かけたらブログで紹介するようにしています。

相川の力餅食堂は建て替えをしてまだ新しくしっかりとしていました。
20171104 (265)
相川は学生さんがのびのびとしている明るく元気な街でした。

明日は相川駅の「おすす麺」を紹介しますね。
関連記事

category: 阪急京都線

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 大阪市内全駅制覇への道. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/1483-6d18d239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top