fc2ブログ

便利屋!かおまるっちのジョブ飯

~便利屋かおまるっちの日々のランチや仕事ぶりをたまにアップします~

ケンヂ君、遊ぼうよ@大阪府吹田市 太陽の塔一般公開その③ 

 

大阪府吹田市にあります万博記念公園に行ってきました。

太陽の塔が48年ぶりに一般公開されるというニュースを聞きました。

大阪万博が開催された時に私は生まれていなかったので万博自体の思い出はありませんが、万博に関する資料を見たら当時、いかに日本中が万博に沸きに沸いたんだろうなぁと思うと、とてもワクワクします。

それに加えて、漫画「20世紀少年」にハマった私なので太陽の塔に対してのワクワク感がハンパない状態になっているんです。

しかもしかも、20世紀少年の主人公「ケンヂ」と同じ名前ではありませんが、近い名前であることもあり、勝手に主人公ケンヂに移入しちゃって、20世紀少年内でともだちがケンヂに対してよく言ったセリフ「ケンヂ君、遊ぼうよ」と、この一般公開のニュース聞いて私に言われているような気がしたので(妄想が酷くてすみません)これは行かねばならない!という事でさっそく予約をしました。

見に行くと決めたからにはいいコンディションで見たい!という事で土日は人が多いと思ったので平日に仕事が休みの日を選んでやってきました。

前々日の記事では太陽の塔内部の様子をご紹介しましたが、内部の撮影は禁止であるため内部の写真の掲載はなくがっかりさせてしまう記事ですみませんでした。

前日の記事ではエキスポ70パビリオン内の常設展示の様子をご紹介しました。

その③の今回は7月3日まで行われていた「リバース太陽の塔再生」特別展示の様子をご紹介します。
20180714 (889)


特別展示が行われているエキスポ70パビリオンは万博開催当時は鉄鋼館というパビリオンでした。

他のパビリオンは万博閉会後順次取り壊されましたが、この旧鉄鋼館は取り壊されませんでした。

なので万博開催当時の様々な備品が廃棄されず残っているようです。

国を挙げた一大イベントでしたので一般的には何の価値もない建設工事の看板や建設資材などもとても価値あるものに思えます。
20180714 (891)


おお!!

太陽の塔の図面じゃないですか!

これはとても貴重ですね~。
20180714 (892)


太陽の塔の腕の部分ですね。

太陽の塔の内部は生命の樹と名付けられた、生物の進化というテーマに沿った展示が行われていました。

地下から内部に入りエレベーターに乗って上層階へと上がっていく展示でした。

地下は過去を表していて「根源の世界 - 生命の神秘」の展示がされ、地上は現在を表していて「調和の世界 - 現代のエネルギー」の展示、上層は未来を表していて「進歩の世界 - 分化と統合(組織と情報)」を表しています。

万博開催当時は展示を立ち止まって見ることによる停滞を防ぐため複数台のエレベーターで強制的にどんどん上層階へと誘導し、最後は腕に設置されているエレベーターに乗せられ手の先から大屋根に出される・・・。

といった順路になっていました。

太陽の塔に入るのに1・2時間待って立ち止まる事なくどんどん上層階へと誘導されあっという間に腕から大屋根に出される・・・。

太陽の塔内部での滞在時間は6・7分程度だったと言われています。

今回、内部公開では大部分のエレベーターは階段にかけ替えられ、案内役のお兄さんやお姉さんの説明を受けながらの鑑賞となるのでゆっくり30分くらいをかけてみる事が出来ました。
20180714 (895)


図面だけではなく貴重な写真もたくさん展示されていました。

一枚一枚じっくり見たのはもちろんのこと、たくさん写真に収めてきました。
20180714 (896)


ここからは太陽の塔内部が撮影された映像を収めた写真を掲載します。

なんせ太陽の塔内部の写真撮影が禁止でしたので内部の様子を伝えるにはこれくらいしかないのですみませんがご了承ください。

そんなこんなで映像を収めた写真をご覧ください。
20180714 (897)




20180714 (899)




20180714 (900)




20180714 (901)




20180714 (902)




20180714 (903)




20180714 (904)




20180714 (905)




20180714 (909)




20180714 (919)



色鮮やかに復元された太陽の塔内部は息をのむ美しさでした。

これだけの世界観をこれだけのスケールで50年前に表現していたってホントにほんとに本当に凄いと思います。

写真撮影が出来なかったのはとても残念でなりませんでしたが、超感動しました。
20180714 (923)


平日の休みを使ってじっくり鑑賞できてとても良かったです。
20180714 (927)
大阪では2025年に再び万博開催を目指しています。

1970年開催時までの勢いは難しいと思いますが、2020年の東京オリンピックに次いで2025年の大阪万博となれば、ずっと低迷していた大阪経済もどんどん調子づくと思います。

夢洲での万博開催にIR誘致が成功すればリニア新幹線の名古屋~大阪間の着工前倒しにも弾みがつきもっと大阪が活気づくと思います。

中央省庁は大阪や地方を置いてけぼりにして東京の一極集中施策を進めた結果、地方の人口減や疲弊につながっています。

日本は東京だけではありません。

大阪や名古屋、福岡などの地方の大都市が踏ん張って地方を盛り上げていくべく、まずは大阪が万博開催とIR誘致を成功させ盛り上げてほしいと思います。


エキスポ70パビリオン
関連記事

category: 吹田市

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tag: 遊び場. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/1734-e17a6339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top