FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

九州は見どころ満載@2019冬の九州旅行⑥別府・宇佐編 

 

二月の連休を使って九州旅行に行ってきました。

旅の行程は、初日に飛行機で鹿児島入りしレンタカーを借りて、初日に鹿児島、二日目に熊本、三日目に阿蘇、四日目に大分・別府を巡って福岡空港から帰る・・、という九州旅行となります。

航空会社はLCCのピーチのお正月は初売りセールで安いチケットをゲットしたので、お得な飛行機旅となっています。

初日の鹿児島観光、二日目の熊本観光、三日目の阿蘇観光を終え最終日の四日目となります。

四日目は宿泊した大分を出て別府、宇佐神宮というスケジュールです。

大分には今までに何度かお邪魔しましたが、過去に来た時はアフリカンサファリやハーモニーランドなどの一日遊べる施設に行っただけなので、大分観光の王道、別府温泉の地獄めぐりをしたことがありませんでした。

なので、今回はベタな地獄めぐりをして時間があったら宇佐神宮に参拝する事にします。

まずは別府地獄めぐりについておさらいです。

地獄めぐりとは、別府、鉄輪温泉の御幸エリアにある「海地獄」「鬼石坊主地獄」「かまど地獄」「白池地獄」「鬼山地獄」と、野田エリアの「龍巻地獄」「血の池地獄」の7つの地獄をめぐる事を言います。

海のように真っ青な色をしてたり、血の色のように真っ赤ないろをしていたりと、それぞれの地獄には特色があります。

7つの地獄は2000円ですべての地獄を回る事が出来るほか、個別に回りたい時はそれぞれの地獄で400円払えば入る事ができます。

という事は、地獄を5つ以上回る時は2000円の共通観覧券を買う方がお得という事になります。

ここで少し考えなければなりません。

私たちはこの後、宇佐神宮にも伺いたいと考えているので、7つの地獄を回っていると宇佐神宮に参拝する時間が無くなってしまうと考えたので、ここはギリギリそれぞれの地獄で支払った方が安い、4つの地獄に絞って地獄めぐりを楽しみたいと思います。

というわけで、私が絞った地獄は、「海地獄」「鬼石坊主地獄」「龍巻地獄」「血の池地獄」の4つとなります。

先ずは鉄輪温泉の御幸エリアにある「海地獄」へ・・・・。

海地獄と鬼石坊主地獄がある鉄輪温泉の御幸エリアには地獄めぐりの方向けの無料の駐車場があるのでそちらに停めて「海地獄」へ。
20190316 (837)_R


入り口で400円を支払うと面子のような通行証を渡してくれます。

ポップなイラストがかわいいですね。
20190316 (838)_R


ゲートをくぐって進んでいくと、右手に大きな池のような水面を発見。

なんか至って普通の池じゃないか・・・・。

なにが海地獄なんでしょうかね・・・と思いましたが、その池の奥のほうに濛々と立ち昇る湯気があるぢゃないですか。
20190316 (842)_R


それを見てズンズンと奥へと進むと・・・・。

ありましたぁ、海地獄!!

スゴイ湯気とスゴイ硫黄の香り~っ。
20190316 (844)_R


そしてシューシュー、シュボシュボと音を立てて噴き出す温泉。

スゴイ勢いですねぇ。
20190316 (847)_R


風向きが私の方に向くと湯気に包まれると同時に熱気も襲ってきます。

その熱気を感じた瞬間に、この中に落ちたら一瞬で死んでしまうやろな・・・・・と感じ、ゾクッとなっちゃいます。
20190316 (854)_R


続いて海地獄のお隣の鬼石坊主地獄

こちらで400円を支払うと。
20190316 (863)_R


ポストカードになる通行証を渡してくれます。
20190316 (864)_R


こちらの鬼石坊主地獄はボコンボコンと泥から底から98℃の熱泥が噴き出す地獄です。

噴き出す間隔はけっこう長く、2・30秒に1回、
20190316 (870)_R



20190316 (867)_R



20190316 (868)_R




って感じで噴き出します。

動きがゆっくりしているので、けっこう魅入っちゃいますね。

しばらくボコンボコンを見ていたら、奥さんが「もういいでしょ」と言ってきたので移動しました。
20190316 (869)_R


鬼石坊主地獄には足湯があるので、足湯に足をつけさせていただきます。。。。。ってあっっっっっつ(゚Д゚;)

5秒もつけてられないくらい熱いよ~う・・・・(;´д`)

一瞬だけの足湯を堪能?して次の龍巻地獄へと向かいます。
20190316 (889)_R


車に乗り込んで、5分ほど移動したら3つ目の地獄、「龍巻地獄」です。

こちらの通行証もポストカードになっているんですね。
20190316 (923)_R


龍巻地獄は間歇泉になっています。

間歇泉が吹き上がる間隔は30分~40分、一度吹き上がると5分から10分くらい噴き上がり続ける、元気な間歇泉になっています。
20190316 (894)_R


湯温は105℃と灼熱中の灼熱状態で噴き上がるため、噴出口の周りには左右と上部に岩で覆いがされています。

噴出口の前にはベンチが並べてあるので、ベンチに座って今か今と吹き上がるのを待っていると・・・・。
20190316 (895)_R


ゴゴゴゴゴブワブワブワブワブシュブシュブシュブシュブシュ
20190316 (897)_R


シュゴーーーーーーーーー


ンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴーーーーーーーーー


とスゴイ轟音で間歇泉が吹き上がります。

これがけっこう長い時間噴き上がるもんだから、はじめは周りのみんながスゴーイって歓声を上げていましたが、すっと噴き上がり続けているとお客さんも飽きてきて、吹き上がっている途中から人が少なくなって来る始末・・・・。

頑張って噴き上がっているんやから最後まで見届けてあげないと、龍巻地獄さんも噴き上がり甲斐がないやろうと思って私たちは最後まで見届ける事にします。
20190316 (899)_R


噴き上がり始めから8分くらいしたあたりで、徐々に勢いが無くなってきて・・・・
20190316 (898)_R


最後はシュゴシュゴ轟音を立ててすんませんでしたぁとばかりに、スゥ⤵・・・と萎んでいきました。

龍巻地獄はなんか生きているみたいな感じでとても楽しかったです。
20190316 (913)_R


最後は「血の池地獄」

こちらも通行証はポストカードになっていますね。。。ってめっちゃ真っ赤やね。

酸化鉄とか酸化マグネシウムとかが池の底に積もって赤い色をだしているんでしょうね。

これは楽しみですね~~と、血の池地獄へ向かうと、、、、、
20190316 (922)_R


赤くなーーいい!!

茶いろーーいい!!<`ヘ´>

太陽の光の当たる角度とか光量の具合で真っ赤に見える時ももちろんあるんでしょうが、しかしこれは赤ではないよね。
20190316 (926)_R


角度や場所を変えてみて一番赤く見えるのを頑張ってみましたが、これが限界っす。

最後はちょっとカクッてなったけど、地獄めぐり!楽しかったです。

次は宇佐神宮へGO!
20190316 (925)_R


別府から宇佐へ移動して宇佐神宮へ・・

日本に4万4千ある八幡宮の総本社となります。
20190316 (947)_R


境内もとても広く、厳かな雰囲気が漂っていますね。

ただ、宇佐神宮に着いたのが三時半くらいでしたので、ゆっくり参拝できるほどの余裕がないんですよね。

なので、効率的に上宮、若宮、下宮の3か所を参拝する事にします。
20190316 (934)_R


鳥居越しに見える大門の朱が目を引きますね。
20190316 (943)_R


大門をくぐると上宮が左手に見えてきました。
20190316 (948)_R


真正面に立って上宮を拝見。

美しい朱と凛をした佇まい・・・・厳かですねぇ。
20190316 (949)_R


本宮の木組みの美しさと、大きい屋根に対して木組み部分がくびれている、シュッとした感じがなんとも言えない美しいプロポーションですねぇ。

京都の石清水八幡宮もよく似たプロポーションをしていますよね。
20190316 (952)_R


続いて若宮神社を参拝して、、
20190316 (953)_R


下宮に向かいます。

下宮へと続くスロープを歩いている時の、木々の間から差し込む木漏れ日がとても心地よかったです。
20190316 (956)_R


下宮
20190316 (957)_R


上宮ほどの派手さはありませんが、厳かな雰囲気はひしひしと伝わりました。
20190316 (959)_R


最後は社務所で御朱印を受け取ってお参り終了。

九州旅行の締めくくりにふさわしい参拝でした。
20190316 (963)_R
さぁ!福岡空港から大阪へ帰りましょう。

レンタカーを借りて鹿児島から九州を北上した今回の旅行は、予定を詰め込まない余裕のある旅でしたので、ゆったりした気分で楽しめました。

やっぱり九州は見どころが多いなぁと、しみじみと感じる旅でした。
関連記事

category: 大分県

thread: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - janre: 地域情報

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/1891-a254bd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top