FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

涙が零れそうなくらい感動した@2019GW東北旅その④青森編1⃣弘前城 

 

GWの10連休を利用して東北旅行に行く事にしました。

皆さんご存知の通り、平成から令和に変わる改元によって、4月30日と5月1日が祝日となった影響により、2019年のGWは怒涛の10連休となりました。

私にとって10連休は、社会人になってから経験した事がない長期間の休暇となります。

今後はきっと、定年退職するまで、10連休は経験出来ないだろうなぁと思います。

そんな願ってもない休暇が改元によって貰えたんですから、有意義に使わないとなりませんね。

ということで、半年以上前から旅行に行く事を考えていました。

肝心の旅行先ですが、10連休もあれば普通はパーッとヨーロッパ旅行でも!ってなりそうなもんですが、我が家には初老のワンコが2匹居てるので海外旅行には連れていけないのと、うちのワンコはペットホテルが苦手で預けるとずっと吠えてしまうので、初老のワンコには辛すぎるのです。

それに、うちは裕福ではないので海外旅行なんて行ける筈ありません!

なので、国内旅行しかないという事になるわけです。

そこで、国内のどこに行くか?って?ところですが、予てからまとまった休みが取れたら東北に行きたいと思っていました。

しかも、東北の山形・秋田・青森に行きたいと思っていました。

なぜその3県に行きたいと思っていたかというと、山形・秋田・青森の3県に行くと、47都道府県全県制覇となるからです。

私は旅行が好きなので、よくいろんなところに旅行に行きますが、関西人の私には東北のしかも日本海側の県はとても縁遠い県となっているので、これまで行った事がありませんでした。

しかし、今回のこの10連休を使えば、行った事無い県を0にする事ができるチャンスなんです!

というわけで半年前から東北旅行の計画を練り、ホテルを予約しました。

旅の行程は、大阪から新潟へ行き、新潟観光から始まり、山形、秋田、青森と日本海側を北上し、岩手、宮城、と南下して、埼玉でかおまるっち夫婦が大好きなゆるキャラ、ふっかちゃんとふれあって大阪に帰るというものになっています。

我が家はしがないサラリーマンの庶民なので、当然ながら贅沢な旅をする余裕などありゃしませんので、高速代などの交通費はなるだけ浮かせる旅となるので、下道メインの旅となります。

距離にして約3000km弱の旅行となるので、10連休を有意義に使った旅行になる・・・という事です。

しばらくは東北旅行ネタが続きますが、よろしくお付き合いお願いいたします。


今回はいよいよ行った事無い県最後の県、青森県ネタです。

この日は青森県弘前市の弘前城にやってきました。

青森ではGWの時期にちょうど桜が満開を迎えるという事と、弘前城の桜は日本一美しいと言われいる事もあって一生に一度は桜の時期の弘前城に行ってみたいと思っていたので今回伺わせていただきました。

城と桜の組合せなら大阪城の桜も関西では有名であり、多くの人が訪れます。

大阪人である私も大阪城の桜は何度も見ており、その美しさに何度も感動しているので、いくら弘前城の桜が日本一綺麗と言われていても、大坂城の桜とそないに変わらんのんとちゃうん???

と思いながら弘前城に向かいましたが、その予想はすぐに打ち砕かれました。。。。それは弘前城の外濠にある、、、、、、、
20190610 (482)


この花筏を見た瞬間に、「う、ウ、美しい・・・」と身震いして鳥肌が立ち、涙が零れそうなくらい感動しちゃったのです。
20190610 (487)


大阪城の堀でも花筏を見る事は出来ますが、弘前城の外濠ほど堀一面に桜の花びらが敷き詰められている事はありません。

こんなに美しい花筏はここでしか見る事が出来ないのではないでしょうか。

それくらい美しいし、心を鷲掴みにされましたね。
20190610 (489)


感動が冷めやらぬ状況ですが、まだ外濠を見ただけなので追手門から弘前城へと歩みを進めます。
20190610 (494)


追手門には桜ミクのパネルが展示してあって、パネルを撮影している人がたくさんいらっしゃいました。

初音ミク好きではありませんが、個人的にはグリーンの初音ミクより、ピンクの桜ミクのほうがいいね!と思います。
20190610 (496)


弘前城にはとにかく桜の木がたくさん植えられていますので、最初から最後まで写真を撮りまくってしまいました・・・。

どれも美しいので掲載したいところなんですが、あまりにも枚数が多すぎるので、特に良かったと思ったものだけを厳選してご紹介したいと思います。

先ずは、杉の大橋のたもとにある枝垂桜。

なんでこんなに綺麗な半円を描けるの?っていうくらい、美しい広がりがある枝垂桜です。

素晴らしい
20190610 (504)


ハート型が浮かび上がる奇跡の場所。

撮影スポットになっているので、みんな行列に並んで写真を撮っていました。

いやぁ~映えるねぇ・・・。
20190610 (519)


市民広場や西の郭などはレジャーシートを広げる事が出来るようですが、人の多さに対して、宴会をしているグループが少ないように思います。

大阪城やったら、レジャーシートを広げる隙間を探すもの一苦労なくらいやのにね・・・・。

どんだけ大阪人は宴会好きなんでしょうかねぇ。
20190610 (521)


おお!また桜ミク。

やっぱりピンク色のほうがイイ!
20190610 (522)


とにかく桜がいっぱいある弘前城、なには桜のトンネルというところもあります。
20190610 (523)


ちょっと分かりづらいかもしれませんが、歩いている人が手を伸ばせば桜に触れる事が出来るくらいの高さに桜の枝が張り出しているので180°桜に囲まれています。

まさにトンネル。
20190610 (526)


出店もたくさん出ています。

ここで注目したいのが、どの出店の看板も様式というか仕様が統一されていて、ピンクの縁取りの手描き看板が掲げられています。

ガチャガチャしてなく、ノスタルジックな雰囲気でいいっすね。
20190610 (528)


すると突然、突風が城内を駆け抜けていきました。

桜は散り始めの時期でしたので、城内が一気に桜吹雪でピンク色に染まりましたぁ⤴

いやぁ美しい~
20190610 (542)


1本の桜にやたらと人がたくさん群がっています。
20190610 (551)


なんでだろうと思って看板を見てみたら、明治15年に植えられた古木の桜との事。

明治15年っていうと今から137年前!!

そんな古い桜がこんなに活き活きと咲いているって凄くぢゃないですか!!

そら写真撮るわ。
20190610 (552)


今回一番綺麗と感じたのがこの枝垂桜。

二段階の丸みを帯びた美しいフォルムにボリューム感があって圧倒されます。

なんか打ち上げ花火のような真ん丸い美しさですね。
20190610 (569)


弘前城の桜ってどれもがとてもボリューム感があって活き活きとしている印象を受けます。

アップの花をご覧ください、一般的な桜より花の数が多くてボリュームがあるように思えませんか?
20190610 (564)


天守閣の周りをぐるっと回って、ようやく天守閣が望めるところまでやってきました。

弘前城の天守閣は今、弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられたため、天守閣の真下の石垣を修理することになり、天守閣を移動して石垣の修理を行っています。

左側のこんもりとしたところに元々天守閣が鎮座していましたが、写真右奥まで天守閣を移動して修理をしています。

弘前城の来たのが平成最後の日である4月30日でしたので、ありがとう平成という垂れ幕が張ってありますね。

移動した天守閣にありがとう平成の垂れ幕が収まる風景は超期間限定のレアな一枚となっています。
20190610 (576)


折角弘前まで来たのですから天守閣にも登りたい!という事で、天守閣に登るにはチケットが必要です。
20190610 (577)


石垣の角から移動した天守閣は40mほどはなれた本丸の中央付近に鎮座しています。

木造りの展望デッキから望む天守閣と・・・・、
20190610 (590)


フラットな高さからの天守閣。

現存12天守の一つで東北地方で唯一の現存12天守となっています。
20190610 (592)


築城時の弘前城は五層の立派な天守閣だったのですが、完成後わずかに16年で落雷によって焼失してしまったそうです。

その後は金銭的な余裕がなかったため、しばらく天守閣は再建されず、江戸末期あたりの文化7年(1810)にようやく本丸にある巽櫓を改装して天守閣という形にしたため、三層という天守閣になった・・・・・というわけです。

櫓をリサイクルして転用した天守閣なので、豪華な造りというわけではなく、石垣側は守りの為の狭間や、天守閣らしさの破風がありますが、本丸側は窓が大きくて破風もない、シンプルな姿になっています。
20190610 (604)


天守閣の移動は、解体して移築ではなく、曳屋で移動したので天守閣をしっかり鉄骨で補強して曳屋したようです。

三層の小さな天守閣とは言え、相当な重さがあるでしょうから曳屋は大変でしたでしょうねぇ。
20190610 (606)


天守閣最上階からの桜

ため息が出る美しさです。
20190610 (613)


桜越しの天守閣を続けてご紹介

本丸側のシンプルなデザインの天守閣と・・・・
20190610 (621)


石垣側の狭間と破風がある凝ったデザインの天守閣。

やっぱ破風の有る無しはカッコ良さが全然違いますなぁ。
20190610 (622)


最後は外濠の花筏で〆たいと思います。

冒頭でご紹介した花筏よりもっと花びらの密度が濃い花筏・・・・・。

また鳥肌が立っちゃいましたぁ。
20190610 (648)
花筏もスゴイし、桜のボリュームと活き活きさに只々感動しまくりの弘前城のお花見でした。

実際にベストシーズンに弘前城のお花見をして、日本一の桜の名所だと痛感いたしました。

スゴイぞ弘前城の桜!!!
関連記事

category: 青森県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/1927-edc9bd18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top