FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

はじめは豪華じゃなかったとさ@栃木県日光市 日光東照宮 2019男旅その① 

 

栃木県日光市にあります世界遺産「日光東照宮」に行ってきました。

2018年の秋より始めたおっさんだけで旅行を楽しむ男旅。

各自が行きたい所を言って訪問地をとことん楽しむをコンセプトに年に一回のペースで実行しており、今回で2回目となります。

前回は東京ワンピースタワー、トヨタメガウェブ、ふっかちゃんミュージアム、松本城を見て回りました。

2回目となる今回は、日光東照宮、レトロゲームセンター、ふっかちゃんミュージアム、鉄道博物館という、1泊2日のコースで旅行する予定となっています。

先ずは最初のスポットの日光東照宮のレポートです。

大阪を夜中に出て、高速をぶっ飛ばし、静岡を通過する辺りで朝を迎えました。

雲一つない晴天に恵まれて富士山がとても綺麗に見えたので車窓からパチリ。

少しだけ冠雪した富士山を拝めていい旅になりそうな予感です♪
20200203 (208)


富士山が見える静岡より4時間ほど走ってようやく、日光東照宮に到着。

日光東照宮の前を流れる大谷川に掛かる「神橋(シンキョウ)」。

世界遺産に登録されている、朱色が美しい橋です。

実はこの神橋、渡るには料金(300円)が必要であるのと、料金を払って渡っても神橋を渡り切って東照宮に行くことは出来ません。

なぜ渡り切ってはいけないかというと、ここからは憶測ですが、渡ったすぐのところを国道120号線(日光街道)が横切っていてビュンビュン車が通っており、渡るには信号が必要となるが、信号を設置すると、多くの参拝客が橋の上で信号待ちをすることになり、橋の構造上参拝客の重量に耐えられないなどの安全の確保が難しいと考えられます。

とにかく300円を払っても結局引き返してこないとならないので、渡るという選択はしないで、すぐそばにの日光街道沿い掛かる日光橋を渡って東照宮を目指します。
20200203 (231)


日光橋を渡って無事、東照宮の入り口に到着、1999年に「日光の社寺」として世界遺産登録されたのを受けて設置された堂々たる石碑がお出迎えです。
20200203 (233)


世界遺産の石碑横に設置してある地図を見てルートを確認します。

この石碑を前に、事前に調べてきた豆知識を一つ・・・・。

日光東照宮は、江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を主祭神として祀る、全国に数ある東照宮の総本社です。

豪華絢爛な陽明門や、「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿や眠り猫の木彫り彫刻が有名ですが、実は日光東照宮は創建当初は豪華では無かったそうなんです。

始まりは家康公の発願によって2代目将軍・秀忠によって造営されましたが、秀忠によって創建された頃のものは、質素な神社だったとの事。

しかしその後の1634年(寛永11年)に東照宮の現存する建物のほとんどは、徳川家康を敬愛する3代将軍・「徳川家光公」が「寛永の大造替」で荘厳な社殿への大規模改築が行われたのだと言われています。。。。。

ふーーん、はじめは豪華じゃなかったんだぁ。

と、この時はこの後、目の当たりにする、実物の陽明門の超豪華さをめっちゃ軽く見ていた私の軽い感想でした。
20200203 (234)


途中の輪王寺宝物殿横にあるもみじが真っ赤でとても美しいです。
20200203 (238)


白壁とのコントラストでより燃えるような赤に!

ビューティホー。
20200203 (241)


参道の途中でこんな看板が・・・・。

東京スカイツリーと同じ高さですって言われても、、、、超地面やし(-_-;)
20200203 (248)


いよいよ石鳥居の手前までやってきました!

このへんから一気に厳かな雰囲気になってきましたね。
20200203 (249)


東照宮五重塔

小ぶりながらも細かい装飾が随所に伺える豪華な五重塔ですね。

さすが東照宮にそびえる五重塔だけありますね。

美しいです。
20200203 (252)


ここから先は拝観料を払わないと入れません。

拝観料は1300円也。
20200203 (254)


ちょっとお高い拝観料ですが、一生の内に一度は見ておかないといけないと思うところなので、チケットを購入して。。
20200203 (255)


仁王様が見つめる表門をくぐって、いざ東照宮!!
20200203 (256)
って今回はここまで!

次回の記事ではいよいよ東照宮の内部に迫ります。

ではまた。


日光東照宮HP
関連記事

category: 栃木県

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tag: 旅行. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/2008-2eb18333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top