FC2ブログ

かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

遠出がしたいんじゃ①@岐阜県各務原市 岐阜かがみがはら航空宇宙博物館 

 

岐阜県にあります「岐阜かがみがはら航空宇宙博物館」に行ってきました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、2020年4月に緊急事態宣言が発出され、2020年5月に解除になったものの、その後の8月上旬には、緊急事態宣言時より感染者数が増えた第二波が襲ってくるなど、まだまだ新型コロナウイルスに社会が影響を受けている8月下旬、県を跨ぐ移動に際して制限はないものの、不要不急な外出は控えましょうというのが定着しつつある現状なので、飲食店を始め、観光施設や旅行などの利用は低迷している、静かというか、社会全体が暗く、元気のない晩夏となっています。

そんな中において、事ある度に旅行や遠出をよくする私自身はというと、かつてないほど出控えているというか、大阪を出る事が少なくなっています。

そういった我慢を続けている状況が続くと、さすがにテレビ千鳥のフレーズをまねちゃう感じになりますが、「遠出がしたいんじゃ!!」ってなるんですよ。

なので、会社の仕事を調整し、奥さんに内緒で休みを取り、ポケットサイズのアルコール消毒液とマスクをしっかり完備して、かねてより行きたいと思っていた、岐阜県各務原市にある航空宇宙博物館と、愛知県犬山市にある犬山城に行く事にしました。

大阪から高速道路を使って岐阜へと向かいますが、ETCを使うと、足が付いてしまうので、ETCは使わず現金で移動します。

内緒の遠出って苦労しますが、いけない事をしている背徳感があって、ちょっとドキドキしますね。

そんなこんなで、3時間チョットで航空宇宙博物館に到着。
20201019 (223)


航空自衛隊岐阜基地に隣接している立地なので、広々としたゆとりのある作りになっています。

ソーシャルディスタンスを保たないとならないコロナ時代にマッチした施設ですね。

屋外展示は無料で見る事ができるので、地元の飛行機好きには嬉しいでしょうね。

あ、本題に入る前に言っておかなければなりません。

航空宇宙博物館に来ていてなんなんですが、飛行機や航空機、宇宙科学に関しては全くのズブの素人なので、詳しい解説は全くできません!

なので、コメントは特に無かったり、あっても素人特有のとんちんかんな感じになってますので、ご承知の上ご覧ください。
20201019 (226)



V-107Aヘリ

川崎重工が各務原で製造したヘリだそうです。
20201019 (229)


垂れ下がったローターに手が届きそうでしたので、手を伸ばしてみましたぁ。
20201019 (227)


新明和US-1A救難飛行艇

飛行艇と言うだけあって洋上に離着水出来ます。

腹の部分が船底みたいですね。
20201019 (234)


川崎重工業P-2J対潜哨戒機

これも各務原で作られたそうです。

この辺りで思ったのですが、航空機を両翼を含めてカッコ良く撮影するのがめっちゃ難しいなぁと感じました。

結局両翼を納めると遠目の写真になっちゃうので、両翼を納める事にこだわるのは止めました。
20201019 (235)


企業の倉庫のような建物が航空宇宙博物館になってます。
20201019 (237)


入館料は800円となっています。
20201019 (238)


航空機と航空機産業の始まりフロア

乙式一型偵察機

各務原で初めて作られた飛行機のレプリカ
20201019 (239)


戦前・戦中の航空機開発フロア

三式戦闘機二型「飛燕」

昭和20年の終戦までに3000機製造された、各務原で一番多く作られたモデルになります。
20201019 (243)


展示機は現存する唯一の機体だそうです。

本物はレプリカとは違う迫力や重みを感じますね。

75年以上前の機体ですが保存状態が良いです。
20201019 (244)


十二試艦上戦闘機「零戦」試作機

これはレプリカです。

ちなみに、零戦は昭和15年から昭和20年までの5年間で10430機生産されました。
20201019 (245)


戦後の航空機開発フロア

戦後は一気に技術力が上がり、ジェット機の時代になります。

20機もの実機展示は圧巻ですね。
20201019 (252)


一番奥にジェットエンジンを4つ付けているドでかい飛行機がありますね。

早く見たいところですが、順番に見ていきましょう。
20201019 (253)


UF-XS実験飛行艇

全体が黒色だから分かりづらいのですが、プロペラの羽の数が、左が2枚で右が3枚になっているのが何でだろう?って思いました。
20201019 (254)


川崎重工 T-33A練習機

航空自衛隊は初めて導入したジェット機です。

細っ!
20201019 (256)


富士重工 T-1B練習機

日本で開発製造された最初のジェット機

鼻でか!

豚鼻っすよね。
20201019 (257)


鼻を写さないとカッコイイんやけどね。
20201019 (258)


三菱 F-104J要撃戦闘機

戦闘機になるとやっぱりシュッとしていてカッコイイっすね。
20201019 (260)


ちなみに、自衛隊機は頭文字のアルファベットで、どの用途で使う機体なのかわかるようになってます。

F→戦闘機(Fighter)
P→哨戒機(Patrol)
R→偵察機(Reconnaissance)
C→輸送機(Cargo)
U→支援機(Utility)
T→練習機(Training)
A→攻撃機/爆撃機(Attacker)
AH→攻撃ヘリ(Attacker Helicopter) 
UH→多目的ヘリ(Utility Helicopter)
E→電子戦機(Electronic Combat)
20201019 (262)


三菱 T-2高等練習機
20201019 (264)


この青いカラーリングはひょっとして・・・・。

と思って解説を読んだらやっぱり「ブルーインパルス」で使用されていた機体でした。
20201019 (265)


三菱 T-2 CCV研究機

コンピュータ制御技術を確立したハイテク機です。
20201019 (267)


航技研 低騒音「STOL」実験機「飛鳥」

滑走路が短い小さな飛行場でも短距離離着陸出来る優れものです。

デカイけどすぐ飛べるすごい奴。
20201019 (268)


空から宇宙へフロア

LE-7エンジン

これ1つで22000馬力ものパワーがあります。

私の車で100馬力チョットですから、私の車2000台分以上のパワーがあります。

それくらいの馬力がないと、ロケットを打ち上げられないんですねぇ。

ゴイスー!
20201019 (271)


体験展示があったので、近寄ってみるも・・・・。
20201019 (274)


コロナ対策で中止でございます。。。。。

※2021年2月20日更新のHPの情報では、時間を制限して再開しています。
20201019 (275)


2階の宇宙エリアへ

2階から1階の航空エリアを見下ろした光景

やっぱりブルーインパルスのT-2練習機はカッコイイっすね。
20201019 (280)


全て1/〇スケールの小さなレプリカロケットですから、迫力という点では物足りなさは否めませんが、私たちの生活には欠かせない、天気予報やカーナビ、インターネット、衛星放送などは宇宙技術が不可欠ですからね。

そう思うと有り難い限りです。
20201019 (279)


スペースシャトル

1/25スケールです。

私のようなおっちゃんは宇宙ロケットと言えばこのスペースシャトルをイメージしますね。
20201019 (281)


宇宙服

本物に見えますが、レプリカです。

中に人がいて、今にも動き出しそうですね。
20201019 (283)


国際宇宙ステーション日本実験棟「希望」1/1レプリカ

中に入れるようになっています。
20201019 (287)


これはかなりテンションが上がりました。

360°色んなところに計器やスイッチやボタンが配置されていて、メカメカしたものが好きな私は大興奮!

10分くらい滞在してました。
20201019 (288)


ライト兄弟が人類で初めて空を飛んだのが1903年、そこからまだ100年チョットしか経っていないのに航空・宇宙技術の発展スピードの速さはスゴイですね。

私がおじいちゃんになるころには宇宙旅行が実現してる可能性は十分にありそうだとここに来て思いました。
20201019 (294)


岐阜かがみがはら航空宇宙博物館HP
関連記事

category: 岐阜県

thread: 岐阜県 - janre: 地域情報

tag: 遊び場. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/2088-567ceb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top