かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

とってもスパイシーなちゃんぽん専門店@堺市堺区 チャンポン一平 

 

堺市堺区にありますチャンポン専門店「チャンポン一平」に行ってきました。

一平は2014年にオープンした、まだ真新しいお店です。
ご主人は、堺の名店「六五六」で修行をされていたそうです。

六五六は同じくチャンポン専門のお店で、濃厚でスパイシーなチャンポンは一口食べるとその旨さにはまって病み付きになってしまう悪魔的な旨さのお店です。

その名店で修行をされた方のお店であれば行かないわけには行きません。
自転車をかっ飛ばしてやってきました堺市堺区御陵通。

六五六はテントがボロボロで開いてるか開いていないかよく分からない汚れた外観なので、お弟子さんのお店もボロボロとまではいかなくても綺麗ではないと思っていたら大間違い。

店内は白を基調とした超清潔なキレイなお店でした。
驚きなのが、スープが入っている寸胴の光り具合です。

いくら2014年にオープンしたお店とは言え、2014年2月のオープンなのでオープンから1年が経過しています。
1年以上たっても新品の寸胴ような輝きを保っているというのは、かなり清潔を保つ事に気を使っている証拠だと思います。

そんなピカピカなお店に感心しつつ、「チャンポン(野菜大)」930円のこしょう多めでお願いしました。

注文を受けるとご主人が大量の野菜を大きな鍋で炒め始めます。
その手つきは、豪快、かつ繊細なキレのある動きなので見惚れてしまいます。

しばらくして出てきたチャンポンはスゴイボリュームです。
キャベツ、太もやし、人参、ちくわ、イカ、豚肉など1日分の野菜が摂れるんじゃない?と思うくらいたっぷり入っています。

では、いただきます。
六五六の味を踏襲しているこしょうがドーンと効いている美味しいチャンポンです。

六五六の濃厚でとろみあるスープとは違いアッサリとしたサラッとしたマイルドなスープになっています。
こしょうのスパイシーさが刺激的でどんどん食べてしまいます。
20150221 (35)

店内の窓際にはご主人自慢?のBMWの大型バイクが置いてあります。
バイクも新品の様な輝きを放っていました。
20150221 (37)
六五六のチャンポンは病み付きになる悪魔的な味ですが、対して一平のチャンポンは毎日食べられる健康的な味といった感じを受けました。

ごちそうさまでした。


チャンポン一平
080-7021-1455
大阪府堺市堺区御陵通1-19


チャンポン一平ちゃんぽん / 御陵前駅寺地町駅東湊駅

関連記事

category: 堺市堺区

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: ラーメン. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/463-3efb41d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top