かおまるっちの大阪食べ歩き日記

~大阪を中心に旨いもんを求め食べ歩くおっさんのブログ~

はがくれの味と食べ方を引き継ぐお店@大阪市西区 木田 

 

大阪市西区にありますうどん屋さん「江戸堀 木田」に行ってきました。

2日続けて滅多に来る事のない渡辺橋エリアで仕事をしています。

前回の記事同様、滅多に来ないエリアなので、行きたいと思ってチェックはしているが、なかなか食べに行く事が出来ないお店に行く事にしました。

そのお店は、私をうどん好きにさせてくれた大阪駅前第三ビルにあるうどん屋さん「はがくれ」で修行なさった方が営むうどん屋さんです。

江戸堀の路地を入ったところにお店があるので、現場がある渡辺橋から少し歩いてやってきました。

時間は12時15分、15席ある店内はは満席です。

待つ事5分でカウンター席が空いたので座らせていただきました。

注文は当然の事ながらお店の名物である「生じょうゆ」650円と「半熟玉子とちくわの天ぷら」250円をお願いしました。

注文後はカウンター越しに見える調理風景を見ながら注文を待ちます。

先客のお客さんの生じょうゆうどんが出来たら店主自ら生じょうゆうどんの食べ方を教えています。

その光景ははがくれとそっくりです。

唯一はがくれと違う点は、はがくれの大将より教え方が優しいというところですね。

それ以外はネギや大根おろしの乗せ方や生じょうゆの回し入れ方までそっくりです。

そんな事をお客さん全員にやっているので、注文が出てくるまでかなりの時間を要します。

事前に時間が掛かることは知っていたし、普段はお昼時間が限られていて待たされるお店は入る事が出来ないのですが、今回は現場なのである程度時間が掛かっても大丈夫です。
20160423 (254)


待つ事40分、うどんが出てきました。

店主さんが初めてですか?と聞いてきたので、すかさず「ここは初めてです」と返答、すると、「と、いう事は師匠のお店に行ってるんですね。」と笑顔で応えてくれながら、大根おろしとおろしとネギを横に乗せて生しょうゆを2周半入れてくれました。

出来上がった生じょうゆうどんはやっぱり「はがくれ」とよく似ています。

では、さっそく(^Q^)いただきまーす。

見た目ははがくれにそっくりですが、食べてみるとその違いは歴然。

こちらのうどんの方が圧倒的にコシが強いです。

はがくれは瑞々しく程よいコシに伸びのあるタイプのうどんに対して、しっかりとしたコシのある腰の据わったタイプのうどんになっています。

最近はコシの強いうどんも大分好きになってきたので、このうどんもかなり(〃)´艸`)うま~い♪です。

スダチの風味がかなり効いているので、清涼感がたまりませんね。
20160423 (256)


天ぷら

店主のおすすめだけあって、半熟玉子は衣がふわっと、中はとろーり玉子のコクのある美味しさが引き出されていて(≧ω≦*)おいしーです。

全てのお客さんに対して店主自ら料理を提供し、必ず声かけをしていました。

料理を作っている時も客席の状況に常に気を配っていたし、かなりお客さんを大切にしているのがうかがえました。
20160423 (257)
待たされるけど、一人一人にきめ細かいサービスをしてくれるので気持ち良く待つ事が出来ました。

ごちそうさまでした(*・^人^・*)


江戸堀 木田
06-6441-1139
大阪府大阪市西区江戸堀1丁目23-31

江戸堀 木田 讃岐うどんうどん / 肥後橋駅渡辺橋駅中之島駅

関連記事

category: 中之島・阿波座・四ツ橋

thread: 関西の美味しいお店 - janre: グルメ

tag: うどん・そば. 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://bootannikki.blog.fc2.com/tb.php/908-207fe8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top